活動実績

2020/01/27

nano tech 2020 が開催されます。

会場:東京ビッグサイト 西ホール1、2
会期:2020年1月29日から31日 10:00-17:00

詳細URL:https://www.nanotechexpo.jp/main/

当所理事長の松浦がnano tech 2020にて

オープンセミナーを開催いたします。

会場:東京ビッグサイト メインシアター(西1ホール会場内)

日時:1月29日(水)10:30-...

2019/12/12

企業にとって順法は最大の経営課題です。
ただ、環境関連規制への順法は「リスクベース」で、かつ自社工程だけでなく商品の使用、廃棄後まで「ライフサイクル全般」について考慮することが求められます。
基準は企業が自ら設定しなくてはなりません。
一方、EU RoHS指令やREACH規則の要求事項は変化しています。
EUを先行モデルとしているアジア諸国も規制強化をしてきており、EU同様に要求事項は改定されてい...

2019/10/27

JASIS2019が、9月4~6日の3日間にかけて、幕張メッセ国際展示場および国際会議場で開催されました。

一般社団法人 東京環境経営研究所では、展示ブースにおいて昨年に引き続き「WESリアル相談会」を実施しました。
WES FAQの回答者と顔を合わせて相談できるコンセプトで行いました。

第一法規様のご協力もあり、ブースには3日間で大阪や福島など遠方から来られた方々を含め計55名の方々にお立ちより頂き...

2019/07/25

7月11日、神奈川県立産業技術総合研究所(KISTEC)、東京都立産業技術研究センター(都産技研)の主催による「RoHS/REACHに対応する自律的マネジメントシステムの構築コース」の導入編が、東京都立産業技術研究センター本部において開催されました。


対象者を特に、
・本質を理解しないまま実務対応に追われている担当者 
・法規制の仕組みを整理したい新任担当者
・これから自社で取り組みを始めたい方な...

2019/07/23

 2019年7月にフタル酸エステル類4種がRoHS((II)指令の製品含有禁止物質となりました。
それほかにもREACH規則やRoHS(II)指令の規制の対象となる可能性のある物質があります。

その内、ビスフェノールA、ホルムアルデヒド、シロキサン、ナノ物質は主に樹脂の原料として使用され、内分泌攪乱などの毒性を持っていて、REACH規則の規制対象になる可能性が高いと思われます。

今回の講演では、上記4...

2019/06/05

神奈川県立産業技術総合研究所(KISTEC)、 東京都立産業技術研究センター(都産技研)の主催で「RoHS/REACHに対応する自律的マネジメントシステムの構築コース」が開催されます。詳細はリンク先で確認下さい。


※リンク先
https://www.kanagawa-iri.jp/human_res_devl/res_human_devl/edu_h31/ed31_seminar_07/



<開催...

2019/05/30

RoHS(II)指令は、順法確認をCEマーキングで要求しています。この順法確認は、仕組みで保証することも求めています。順法保証の仕組みは、ISO 9001などのマネジメントシステムにRoHS(II)指令の要求を統合した仕組みで、これがCAS(Compliance Assurance System)といわれるものです。

本セミナーでは、CASのひな型と技術文書(TD)のひな型を見本として、簡単な製品情...

2019/04/09

JASIS2019 の出展とコンファレンス開催のお知らせです。 コンファレンスではビスフェノールA、ホルムアルデヒド、シロキサン、ナノ物質など今後REACH規則の規制対象となり得る物質への対応とその測定方法についてご紹介します。

2018/08/04

アジア最大級の分析・科学機器展示会「JASIS2018」が今年も幕張メッセ国際展示場で開催されます。

会期は2018年9月5日から7日の午前10時から午後5時までです。

弊所は「JASIS2018」の学協会コーナーに出展し、

第一法規株式会社様と共同で、

WES(World Eco Scope)世界の製品環境規制に関する無料の相談窓口を開設します。

製品環境規制でお困りの方は、当所ブース「A-3」までお越し...

2018/06/01

RoHS/REACHに対応する自律的マネジメントシステムの構築コースが2018年7月4日のお申し込みが多数あり、7月3日に追加開催されることになりました。

〇対象
<導入編>
企業における化学物質規制対応の実務担当者、社内教育、サプライヤ教育の担当者向け
特に、
本質を理解しないまま実務対応に追われている担当者
法規制の仕組みを整理したい新任担当者
これから自社で取り組みを始めたい方など

<応用編>
...

Please reload

ピックアップ!