top of page

当解説は筆者の知見、認識に基づいてのものであり、特定の会社、公式機関の見解等を代弁するものではありません。法規制解釈のための参考情報です。

法規制の内容は各国の公式文書で確認し、弁護士等の法律専門家の判断によるなど、最終的な判断は読者の責任で行ってください。

  • 執筆者の写真tkk-lab

一般社団法人 東京環境経営研究所(TKK)は、JASIS2023において、環境法令リアル相談会とミニセミナーを開催します。

●JASIS2023

最先端科学・分析システム&ソリューション展 JASIS2023 https://www.jasis.jp/

■開催日:2023年9月6日(水)~9月8日(金)

■開催時間:10:00~17:00

■開催場所:幕張メッセ国際展示場

■主催:一般社団法人 日本分析機器工業会

一般社団法人 日本科学機器協会


●JASIS2023 東京環境経営研究所(TKK)展示

 

■出展場所: JASISスクエア内、研究機関・学協会コーナー、小間番号:SA-4

JASISスクエア https://www.jasis.jp/square/

■主催: 一般社団法人 東京環境経営研究所(TKK)

■共催: 第一法規株式会社

【展示内容】

① パネル展示、書籍・雑誌等の展示 (一般社団法人 東京環境経営研究所、第一法規株式会社、株式会社情報機構)

② 環境法令リアル相談会

③ ミニセミナー(同時Web配信)


●JASIS2023 東京環境経営研究所(TKK) 環境法令リアル相談会

一般社団法人 東京環境経営研究所は、2021年まで独立行政法人中小企業基盤整備機構のJ-Net21「ここが知りたいRoHS指令、ここが知りたいREACH規則」のFAQとコラムを14年余担当してきました。

また、第一法規株式会社のWorld Eco Scope(WES)のFAQも14年余担当し、今年からは株式会社情報機構ホームページ上で世界のRoHS/REACHコラムとQ&Aを毎週連載しています。

今年も、これらの執筆回答者によるリアルな相談会をJASIS展のブース内で開催します。

相談内容は、EU、アメリカ、中国やアセアン諸国の化学物質規制法に関することだけでなく、chemSHERPA関連やCEマーキングの技術文書の書き方もお受けします。

※相談担当者の待機時間等詳細は、決まり次第掲載します。


●JASIS2023 東京環境経営研究所(TKK)・第一法規株式会社 ミニセミナー(同時Web配信あり)

一般社団法人 東京環境経営研究所の展示ブース内に客席と講演者席を用意して、海外や日本の有害化学物質管理や輸出入に関する最新の動向などについて、上記連載記事の執筆回答者によるミニセミナーを開催します。

※日時、タイトル、担当者、申し込み方法等の詳細は、決まり次第掲載します。


閲覧数:615回

最新記事

すべて表示

REACH規則 附属書XIVの改正動向

2024年02月16日更新 REACH規則 附属書XIV(認可の対象となる物質)に関して、2種類の物質についての認可決定の概要がEU官報で告示されました。以下にその内容を解説します。 1.Chromium trioxide(三酸化クロム) 2023年10月31日に、欧州委員会はREACH規則第64条(9)に従い、「Chromium trioxide」をハンガリー国内にある企業に対し認可決定しました

米国TSCAのPIP(3:1)規制改正案

2024年02月16日更新 2024年1月19日付本コラム「米国TSCAのDecaBDE規制改正案」1) に引き続き、今回は同時に提案されたPIP(3:1)規制改正案について説明をします。 本改正案(改正案)2)も2024年1月8日までパブリックコメント(パブコメ)を受け付けていました。3) PIP(3:1)は、PBT規制法公布後の事業者からのクレームにより度々修正が行われ、その都度本コラムで経緯

Q680.POPs条約で規制される物質を含有する部品の在庫対応について

2024年02月09日更新 【質問】 自社製品に使用している部品にPOPs条約で規制されるデクロランプラスが含まれています。 日本ではデクロランプラスを規制する化審法は対象化学物質の製造とその使用を制限する法律のため、第一種特定化学物質が使用されている「部品の使用」は規制されていないと聞きました。 デクロランプラスを含有している部品が在庫として残った場合、化審法での規制開始後は、日本向け製品に限り

bottom of page