top of page

当解説は筆者の知見、認識に基づいてのものであり、特定の会社、公式機関の見解等を代弁するものではありません。法規制解釈のための参考情報です。

法規制の内容は各国の公式文書で確認し、弁護士等の法律専門家の判断によるなど、最終的な判断は読者の責任で行ってください。

  • 執筆者の写真tkk-lab

用語・URL集のページを更新しました。

用語・URL集のページを更新しました。

1)参考URL集(2023.8更新)


以上の1ファイルを更新いたしました。(今回はSVHCの更新はありません)


ご閲覧をご希望の方は、

用語・URL集のページよりダウンロードをお願い致します。


URL集の仕様をリニューアルしました。


スプレッドシートを開いた後

ファイル⇒ダウンロード⇒Microsoft Excel

によりエクセルファイルがダウンロードできます。


「編集を有効にする」ボタンを押すと項目ごとにフィルタリングが可能です。


ぜひご活用下さい。

閲覧数:234回

最新記事

すべて表示

TSCA PFASの報告に関する新FAQについて

2024年07月19日更新 PFASに関する環境汚染に関する報道は多く、法規制も強化されています。最近は、リチウムイオン電池(*1)や液晶(*2)にPFASが使用されているなど用途に関する報道が多くなってきています。 PFASの全面禁止はできるか、エッセンシャルユースを認めるかなど用途に関連することに関心が集まってきています。 ことにアメリカのPFAS規制が厳しく思え、お問い合わせも増えています。

ハロゲン系難燃剤の光と陰

2024年07月19日更新 1. ハロゲン系難燃剤とは 難燃剤は、燃えやすい素材を燃えにくくする添加剤です。その有効成分は、主に3種類に分類され、①ハロゲン系、②リン系、③無機系です。効果の強さは、補助剤として酸化アンチモンを加えた①ハロゲン系が最も性能が高く、次に①ハロゲン系単独と②リン系が同程度の性能であり、③無機系は性能が落ちます*1)。 分子化学的には、炭素とハロゲン元素の結合力が炭素と酸

Q691.TSCAインベントリに収載されていない化学品を輸出する際の対応について

2024年07月12日更新 【質問】 アメリカに顧客の市場評価のための試験販売で、数100kgのTSCAインベントリに収載されていない化学品を輸出する計画があります。TSCAの対応を教えてください。 _________________________________________________________________ 【回答】 米国でTSCAインベントリに収載されていない新規化学物質を

Commentaires


bottom of page