top of page

当解説は筆者の知見、認識に基づいてのものであり、特定の会社、公式機関の見解等を代弁するものではありません。法規制解釈のための参考情報です。

法規制の内容は各国の公式文書で確認し、弁護士等の法律専門家の判断によるなど、最終的な判断は読者の責任で行ってください。

  • 執筆者の写真tkk-lab

用語・URL集のページを更新しました。

用語・URL集のページを更新しました。

1)参考URL集(2023.12更新)


以上の1ファイルを更新いたしました。(今回はSVHCの更新はありません)


ご閲覧をご希望の方は、

用語・URL集のページよりダウンロードをお願い致します。


URL集の仕様をリニューアルしました。


スプレッドシートを開いた後

ファイル⇒ダウンロード⇒Microsoft Excel

によりエクセルファイルがダウンロードできます。


「編集を有効にする」ボタンを押すと項目ごとにフィルタリングが可能です。


ぜひご活用下さい。

閲覧数:302回

最新記事

すべて表示

EUにおける有害化学物質の必須用途について

2024年05月17日更新 2024年4 月22日、欧州委員会は、極めて有害な化学物質におけるエッセンシャルユース(以下必須用途)概念に関する指針や原則を説明するコミュニケーション文書(以下文書) 1) を採択しました 2)。 必須用途という概念は、社会的な観点から、極めて有害な物質を使用することが正当化される場合の評価の根拠となるものです。今回のコラムでは、本文書の内容について説明します。 1.

水銀の光と影

2024年05月17日更新 1.水銀とは 水銀は、原子番号80の元素で、元素記号は Hgであり、地球の地殻によく見られる天然の金属元素です。水銀は、常温(20℃ )で液体であるただ一つの金属元素です。揮発しやすく、一度環境中に出されると、分解 されずに自然界を巡り、時には海の生き物の体内に取り込まれたりします。1) 2.社会経済的便益 金属は合金をつくりますが、水銀の場合も同様です。水銀の合金は特

Safety Gateの2023年通知概要

2024年05月10日更新 EUでは市場から危険な製品を排除することを目的に、欧州委員会を通じて加盟国27か国およびアイスランド、リヒテンシュタイン、ノルウェーの30か国間(以下、EU/EEA)での迅速な情報交換を行うために「Safety Gate」1)が運用されており、加盟国の市場調査などの結果から適宜危険な製品の情報が通知され、共有・公表されています。 「Safety Gate」の通知状況は適

Comments


bottom of page