当解説は筆者の知見、認識に基づいてのものであり、特定の会社、公式機関の見解等を代弁するものではありません。法規制解釈のための参考情報です。

法規制の内容は各国の公式文書で確認し、弁護士等の法律専門家の判断によるなど、最終的な判断は読者の責任で行ってください。

  • tkk-lab

出版のお知らせ~製造・輸出国別でわかる!化学物質規制ガイド~

こんな本を待っていた…!各国の化学物質規制をカバー!化学物質管理担当者必携の書

2018年1月16日に第一法規株式会社より出版予定です。

現在、こちらで予約販売中です。

URL:http://www.daiichihoki.co.jp/store/products/detail/103086.html

<編著者名>

松浦徹也 加藤 聰 中山政明 編

一般社団法人 東京環境経営研究所 監修

<商品概要>

各国化学物質規制、電気電子製品の含有化学物質規制、廃棄・リサイクル法などについて国別・規制種別に整理し、理解しておくべきポイントを解説しております。

現場が抱えている疑問をQ&A形式で事例掲載するほか、化学物質管理の仕組み作りポイントも解説しております。

<目次>

法令チェックフローチャート 各章に収録されている規制一覧 序 章 第1章 化学物質規制について  ・EU:REACH規則  ・中国:新化学物質環境管理弁法(中国版REACH規則)  ・中国:危険化学品安全管理条例  ・米国:有害物質規制法(TSCA)  ・米国カリフォルニア州:プロポジション65  ・日本:化学物質の審査及び製造等の規制に関する法律(化審法)  ・日本:化学物質排出把握管理促進法(化管法)  ・日本:労働安全衛生法(労安法)  ・日本:毒物及び劇物取締法(毒劇法)  ・韓国:化学物質の登録および評価等に関する法律(化評法)(K-REACH)  ・韓国:化学物質管理法(化管法)  ・台湾:毒性化学物質管理法  ・台湾:職業安全衛生法  ・インドネシア:危険・有害物質に関する政令  ・ベトナム:化学品法  ・シンガポール:環境保護管理法  ・マレーシア:CLASS規則及びEHS届出・登録制度  ・タイ:有害物質法  ・フィリピン:有害物質及び有害・核廃棄物管理法 第2章 分類と表示について  ・国連:GHS  ・EU:CLP規則  ・日本:JIS Z 7252 JIS Z 7253  ・米国:危険有害性周知基準(HCS)  ・アジアの分類基準 第3章 電気電子製品の含有化学物質規制について  ・EU:RoHS指令  (column)フタル酸エステルの移行問題について  ・中国:RoHS管理規則  ・米国カリフォルニア州:RoHS法  ・韓国:RoHS法  ・タイ:RoHS法  ・インド:RoHS法  ・ベトナム:RoHS法  ・台湾:RoHS法  ・シンガポール:RoHS法   ・EEU(ユーラシア経済連合):RoHS法  (column)EEU RoHS法の用途除外、適用除外について  (column)UAE RoHS法の新たな動き 第4章 電気電子製品以外の含有化学物質規制について  ・EU:GPSD  ・EU:玩具指令  ・米国:消費者製品安全性改善法(CPSIA)  ・韓国:電気用品と生活用品安全法 第5章 廃棄・リサイクル法について  ・EU:ELV指令  ・EU:電池指令  ・EU:WEEE指令  ・EU・米国:包装材規制  ・シップリサイクル条約 第6章 新たな規制動向について  ・EU:殺生物性製品規則(バイオサイド規則)  ・米国:紛争鉱物開示規制   ・EU:エコデザイン指令(ErP指令)  ・水銀条約 第7章 自律的マネジメントシステム 資料編 参考URL集 あとがき

<商品の特徴>

○国別・製品規制種別に化学物質規制を分類

○フローチャートで自分が読むべき各規制の解説と事例の参照頁がすぐにわかる

○環境問題を専門とする中小企業診断士による執筆

○Q&A形式の事例解説によって理解が深まる

<価格>

3,024円 (本体:2,800円)

506回の閲覧

最新記事

すべて表示

2022年01月14日更新 【質問】 当社は物流関連のモジュール製品を製造しています。 今回、食料品の物流関連の顧客より引き合いがあり、HACCP対応を求められました。RoHS/REACHについては遵守しています。 RoHS/REACHに対応していることで、HACCPにも対応できているか教えて下さい。 【回答】 1.HACCPとは HACCP(ハサップ)とは、Hazard Analysis and

2022年01月14日更新 2021年5月28日付の本コラムで「統合規制戦略年次報告書2021年版」*1(以下「報告書」)の内容をご紹介しました。 その中で、「グループ評価」の目的が2027年までにすべての登録物質にリスク管理または新たなデータ生成の優先順位を付けることをめざしていることをお伝えしました。 また、「グループ評価」により以前の個別評価アプローチと比較して2020年度に評価が完了した物

2022年01月07日更新 はじめに 化学品のラベリングは、それらに関する基本的な情報を効率よく伝達することによって、人の健康や環境に対するそれらの有害な影響を低減することを目的としています。 その改善に向けて、現在欧州委員会ではラベリング要件の簡素化やデジタル化に向けての新たな取組み(Chemicals-simplification and digitalization of labelling