当解説は筆者の知見、認識に基づいてのものであり、特定の会社、公式機関の見解等を代弁するものではありません。法規制解釈のための参考情報です。

法規制の内容は各国の公式文書で確認し、弁護士等の法律専門家の判断によるなど、最終的な判断は読者の責任で行ってください。

  • tkk-lab

お知らせ「世界に通用するものづくりセミナー フタル酸エステル類規制への対応」


満員御礼

次回の開催をお待ちください。

広域首都圏輸出製品技術支援センター(MTEP)は、海外に製品の輸出を検討されている皆さまが抱える課題の解決を支援しています。 ポリ塩化ビニルなどの可塑剤として使用されるDEHPを代表とするフタル酸エステル類は、欧州の化学物質規制であるREACH規則をはじめ、世界各国で規制されています。また、2019年7月にはRoHS指令の対象物質に4種類のフタル酸エステルが追加され、ものづくり企業は代替物質や移行問題、品質管理への対応が求められてきます。 本セミナーでは、前半にフタル酸エステル類の毒性や規制動向、分析方法などの基礎知識を解説し、後半は会場からのご質問に講師陣が回答、議論するパネルディスカッションを行います。

日付 平成30年3月28日 水曜日

時間 13時00分から17時20分

会場 秋葉原コンベンションホール 5階カンファレンスフロア 5B

住所 東京都千代田区外神田1-18-13 秋葉原ダイビル 5F

申込方法 Web申込みフォームをご利用いただくか、申込書に所定事項をご記入の上、ファックスまたは直接持参でお申し込みください。

お申込・お問い合わせ

地方独立行政法人東京都立産業技術研究センター 技術経営支援部 国際化推進室 輸出製品技術支援センター 〒135-0064 東京都江東区青海2-4-10 TEL:03-5530-2126 FAX:03-5530-2516

申込書 Web申込フォーム

PDFファイル

開催案内 PDFファイル

310回の閲覧

最新記事

すべて表示

中国の既存化学物質の環境リスク評価による管理

2021年01月21日更新 はじめに 中国の新化学物質環境管理登録弁法(それまでの新化学物質環境管理弁法を改正・改称し、本年1月1日より施行)は、対象とするのは既存化学物質のデータベースである中国現有化学物質名録(現在約46,000物質を収載)に収載されていない新規化学物質です。 他方、既存化学物質についてはこれまで危険化学品安全管理条例等により、指定の化学物質に対する取扱い時の登記や許可証の発行

RoHS指令附属書IIIの一部の適用除外用途の見直しに関する調査プロジェクト(パック22)がスタート

新年あけましておめでとうございます。 2021年も化学物質管理規制における大きなマイルストーンがいくつかありますが、その中でも関心の高い事項として、RoHS指令附属書IIIの適用除外用途の見直しが挙げられます。 今回は附属書IIIのうち、多くの電気電子製品で活用されている合金中の鉛や電気接点中の鉛に関する6(a)および6(a)-I、6(b)および6(b)-I、6(b)-II、6(c)、7(a)、7

Q591.RoHSで追加される特定有害物質の動向について

2021年01月08日更新 【質問】 EU環境総局がRoHS指令の特定有害物質の追加を検討していると聞きました。 追加になる化学物質の状況を教えてください。 また2021年7月21日に期限となる附属書IIIの延長の動向について教えて下さい。 【回答】 RoHS指令で追加される特定有害物質の動向と適用除外に関する検討はパック15からパック22で進められており、その経過はOeko-Institut e

© 2011-2019  一般社団法人東京環境経営研究所

  • Facebook - White Circle
  • YouTube - White Circle
  • アマゾン - ホワイト丸