当解説は筆者の知見、認識に基づいてのものであり、特定の会社、公式機関の見解等を代弁するものではありません。法規制解釈のための参考情報です。

法規制の内容は各国の公式文書で確認し、弁護士等の法律専門家の判断によるなど、最終的な判断は読者の責任で行ってください。

  • 佐藤 和彦

【お知らせ】平成30年度 相模原市「中小規模事業者省エネルギー設備等導入支援補助」について


相模原市は「中小規模事業者省エネルギー設備等導入支援補助」を発表いたしました。

http://www.city.sagamihara.kanagawa.jp/kurashi/kankyo/hojyo/1008084.html

これは、相模原市独自の補助金制度で、市内に所在の中小企業事業者や、「病院」「学校」「社会福祉施設」などを対象として、省エネルギー設備を導入する費用の1/3を補助する制度です。

この補助金の主な特徴は次の通りです。

  • 国のエネルギー補助金等でよくある、申請書内容を審査しての採択ではなく、申請書の先着順のため、相模原市所在の中小企業事業者であれば、誰にでも補助金交付のチャンスがあります。個人商店でも応募可能です。

  • 省エネアドバイザーの派遣を受け、省エネ診断を受診すること(訪問2回)が必須となっています。(問い合わせ先:相模原商工会議所 経営支援課 Tel:042-753-8135)

  • 生産や試験・研究等に直接使用する設備は適用不可となっています。

(例 工場内のコンプレッサー⇒適用不可、空調機や照明等⇒適用可能)

 省エネアドバイザー派遣の受付は4/25(水)より相模原商工会議所にて、補助金申請の受付は6/1(金)より、相模原市役所本館5階 環境政策課にて開始します。受付期間は9/28(金)までで設定されておりますが、予算がなくなり次第終了となるため、ご検討の方は早めの行動をお勧めします。ちなみにここ数年は7月~8月に受付終了となっております。

45回の閲覧

最新記事

すべて表示

米国およびカナダのホルムアルデヒド規制について

2021年09月17日更新 はじめに ホルムアルデヒド(CAS RN 50-00-0)は、その水溶液であるホルマリンは消毒用に使用されていますが、接着剤、塗料、防腐剤等にも用途があります。しかし呼吸器感作性、皮膚感作性、発がん性等の有害性を有するため、様々な法規制がなされています。 カナダでは7月7日付官報で、カナダ環境省(Environment Canada)により、同国の環境政策の基本法である

Q608.工業用途の混合物のEU毒物センターへの届出制度について

2021年09月17日更新 【質問】 工業用途の混合物のEU毒物センターへの届出制度について質問があります。 混合物の組成、含有率を非公開にしたく、混合物の組成に関する情報提供は、EU向けSDSに記載されている物質の情報のみでよいでしょうか。 【回答】 SDSの目的は化学物質を安全に取り扱い、事故や災害を未然に防止することです。 そのため、受領者が物質や混合物等の化学品の有害性を容易に特定できるも

Q602.Prop65の警告表示を行った場合のDeca-BDEの使用可否について

【質問】 カリフォルニアのRoHS規制はPBDEを制限していなので、Prop65の警告表示をすればDeca-BDEは使用できるのでしょうか。 【回答】 Deca-BDE(デカブロモジフェニルエーテル)は臭素系難燃剤の1種で、プラスチック、繊維製品、接着剤、シール材、コーティング剤およびインクなどに使用されています。自然環境で分解されにくく生物蓄積性も高い物質です。 Deca-BDEは200余の物質