当解説は筆者の知見、認識に基づいてのものであり、特定の会社、公式機関の見解等を代弁するものではありません。法規制解釈のための参考情報です。

法規制の内容は各国の公式文書で確認し、弁護士等の法律専門家の判断によるなど、最終的な判断は読者の責任で行ってください。

  • tkk-lab

会員専用ページ更新のお知らせ


会員専用ページを更新しました。

URL集を更新しました(2019年1月)。

ご閲覧をご希望の方は、

会員専用ページよりダウンロードをお願い致します。

会員ご登録をお済でない方はこちらより会員のご登録をお願い致します。

66回の閲覧

最新記事

すべて表示

Q592.UKCAマーキングにおける宣言方式について

2021年01月22日更新 【質問】 当社は英国に電気電子機器を輸出しています。 RoHS(II)指令の適合についてはモジュールA(自己宣言)を採用しています。英国ではUKCAマーキングが適用になりますが、同様に自己宣言方式で対応できるのでしょうか。 【回答】 UKCA(英国適合査定)マークは英国(イングランド、スコットランド、ウェールズ:UK)域内で上市する特定の製品に対して必要となるマークです

GHS第7版への対応状況

2021年01月22日更新 昨年の世界各国における化学物質管理関係の発表を俯瞰してみますと、GHS第7版への移行に係る発表が目立っています。 例えば、ニュージーランド環境保護庁(EPA)は2020年6月8日に「危険物質および新生物法(HSNO法)」への国連GHS第7版採用に向けた意見募集文書を公表し*1)、8月4日まで2回目となる意見募集を行い、11月5日正式に2021年4月30日からの施行を発表

Q586.EU域内を経由した場合のSCIP登録義務について

2021年01月21日更新 【質問】 当社はEU域内を経由してEU域外に製品(成形品)を輸出しています。 その際でもSCIP情報登録義務は発生するのでしょうか。 【回答】 2021年1月5日からEU市場で0.1重量(wt)%を超える濃度でREACH規則のCLS(substances of very high concern (SVHCs) on the Candidate List.)を含有する成

© 2011-2019  一般社団法人東京環境経営研究所

  • Facebook - White Circle
  • YouTube - White Circle
  • アマゾン - ホワイト丸