当解説は筆者の知見、認識に基づいてのものであり、特定の会社、公式機関の見解等を代弁するものではありません。法規制解釈のための参考情報です。

法規制の内容は各国の公式文書で確認し、弁護士等の法律専門家の判断によるなど、最終的な判断は読者の責任で行ってください。

  • tkk-lab

【お知らせ】化学物質法規制対応のURL集の更新


化学物質法規制対応のURL集を更新いたしました。

https://www.tkk-lab.jp/link

よりダウンロードが可能です。

198回の閲覧

最新記事

すべて表示

EU 高懸念物質候補リスト(CLS)へ8物質追加

2021年07月24日更新 欧州化学物質庁(ECHA)は2021年7月8日付で、新たに8つの物質を高懸念物質候補リスト(Candidate List of Substances of very high concern:CLS)に追加することを公表しました*1。 これによりCLS掲載物質数は全部で219物質となりました。 追加された物質は以下の8物質です。 1)2-(4-tert-ブチルベンジル)

Q599.中国のCCCマークとCGPマークの相違点について

【質問】 中国のCCCマークとCGPマークの違いを教えてください。 【回答】 CCCマークは、中国の強制製品認証(China Compulsory Certification 以下CCC認証)制度に適合を示す認証マークです1)。 CCC認証制度の各種資料や適合製品の登録情報に関するポータルサイトがあります2)。 CCC認証制度は、强制性产品认证管理规定(強制製品認証管理規定)で規定された強制認証制

米国・HCSの改正案について

はじめに 米国では危険有害性周知基準(United States Code Title29 ChapterXVII Part1910, Hazard Communication Standard, 以下HCS)が制定され、労働省労働安全衛生局(Department of Labor, Occupational Safety and Health Administratin, 以下OSHA)の管轄の