当解説は筆者の知見、認識に基づいてのものであり、特定の会社、公式機関の見解等を代弁するものではありません。法規制解釈のための参考情報です。

法規制の内容は各国の公式文書で確認し、弁護士等の法律専門家の判断によるなど、最終的な判断は読者の責任で行ってください。

  • tkk-lab

「含有化学物質管理に関する業務支援サービスニーズアンケート」 へのご協力のお願い


現在、日本ユニシス・エクセリューションズでは、含有化学物質管理業務におけるシステム運用への実態調査を行っております。管理システムの運用にはまだまだ高いハードルがあるというお客様の声を聴くことも多く、そういったお客様に対し、管理システムを持たなくても利用できる『含有化学物質管理に関する業務支援サービス』の提供を検討しております。つきましては、関連業務におけるニーズを把握すべく「含有化学物質管理に関する業務支援サービスニーズアンケート」へのご協力をお願いしております。ご回答頂きました内容につきましては、今後のサービス提供に役立てて参りますので、ご理解とご協力を頂きますようお願い申し上げます。

■ 以下のアンケートフォームより、ご回答をお願いいたします。

https://form.k3r.jp/excel/questiongaibu20200804

 所要時間: 約5分~10分 程度

 回答期間: 2020 年 9 月 4 日(金) まで

ご不明な点がございましたら、下記までお問い合わせ下さい。

------------------------------------------------------

発信元・お問い合わせ先

〒135-8560 東京都江東区豊洲1-1-1

 日本ユニシス・エクセリューションズ株式会社

 お客様アンケート事務局

 E-Mail:green-box@excel.co.jp

------------------------------------------------------

117回の閲覧

最新記事

すべて表示

韓国 産業安全保健法等で改正されたGHS制度の最近の情報から

2021月05月07日更新 2019年に韓国の産業安全保健法1)(以下;「産安法」)は改正され、化学物質安全シート(以下、従来韓国では「MSDS」と略されているようですので、MSDSとします)にかかわる改正も行われました。 この概要については本コラムでもご紹介してきましたが、2021年1月16日の施行前に、関連する法規制が改正され、整備されました。 本コラムでは、これまでご紹介した内容と重複すると

Q595.化審法のPFOAに対する規制について

2021年04月23日更新 【質問】 日本の化審法のPFOA規制は何時からでしょうか。非意図的の残留濃度は25ppbでよいのでしょうか。 【回答】 ご質問のペルフルオロオクタン酸(PFOA)に対する規制は、残留性有機汚染物質に関するストックホルム条約(POPs条約)第9回締約国会議(COP9)にて決定されたペルフルオロオクタン酸(PFOA)とその塩及び PFOA 関連物質を同条約の附属書A(廃絶)

2021年~2023年のCoRAP評価物質の更新

2021年04月23日更新 1.共同体ローリングアクションプランとは 共同体ローリングアクションプラン (以降「CoRAP」と略称) は、REACH規則の前文 (20) に示されている主旨に則り欧州化学品庁(以降「ECHA」と略称) が加盟国権限当局との連携により登録物質を対象として物質評価を計画して実施する仕組みです。 REACH規則前文(20)の内容は以下です。 「評価に関する規定は、登録が本

© 2011-2019  一般社団法人東京環境経営研究所

  • Facebook - White Circle
  • YouTube - White Circle
  • アマゾン - ホワイト丸