当解説は筆者の知見、認識に基づいてのものであり、特定の会社、公式機関の見解等を代弁するものではありません。法規制解釈のための参考情報です。

法規制の内容は各国の公式文書で確認し、弁護士等の法律専門家の判断によるなど、最終的な判断は読者の責任で行ってください。

  • tkk-lab

【セミナー開催のお知らせ】  令和2年度RoHS/REACHに対応する自律的マネジメントシステムの構築コース  導入・応用編


令和2年度RoHS/REACHに対応する自律的マネジメントシステムの構築コース  導入・応用編

 主催 地方独立行政法人 神奈川県立産業技術総合研究所(KISTEC)

地方独立行政法人 東京都立産業技術研究センター(都産技研)

 協力 一般社団法人 東京環境経営研究所(TKK)

 今年、有害化学物質管理のWSSDの目標年を迎え、世界は次の目標である「持続可能な開発目標」(Sustainable Development Goals:SDGs)に向かって動き出しています。

 化学物質法規制も変化を続け、それに伴い、ビジネススタイルの変化が求められることがあります。

 こうした変化を日常的に取り込む仕組みが「自律的マネジメントシステム」です。それはリスクベースで自社が何をどこまで取り込んでいくか、独自の仕組みを創っていくことであり、本セミナーはそうした仕組み創りを考えて頂くことを狙いとしています。

 TKKは15年余にわたり、このセミナーのカリキュラム編成にご協力しております。

【日時】 2020年 10月 20日(火) 10:30~16:50

【募集人員】 50名(先着順にて承ります。) 

【対象者】 企業における化学物質規制対応の実務担当者、社内教育、情報伝達のご担当者

      特に、本質を理解しないまま実務対応に追われている担当者

         法規制の仕組みを整理したい新任担当者

         これから自社で取り組みを始めたい方…など

【受講料】 5,000円(消費税込)

【場所】 地方独立行政法人東京都立産業技術研究センター 5階講堂(江東区青海2-4-10)

【内容】 RoHS、REACHの本質解説に加えて、PFOAやナノ物質の新たな規制物質の規制概要と

     その測定技術を解説します。[Matsuura2]

  • リアルセミナーですが、3密を回避するため例年より少人数で実施致します。お早めにお申し込み下さい。

  • セミナー終了後にも個別相談を実施致しますのでご利用ください。

 お申込み、詳細の確認はこちらをご覧ください。

https://www.kistec.jp/learn/researcher/r2_7_rohsreach1/

191回の閲覧

最新記事

すべて表示

Q592.UKCAマーキングにおける宣言方式について

2021年01月22日更新 【質問】 当社は英国に電気電子機器を輸出しています。 RoHS(II)指令の適合についてはモジュールA(自己宣言)を採用しています。英国ではUKCAマーキングが適用になりますが、同様に自己宣言方式で対応できるのでしょうか。 【回答】 UKCA(英国適合査定)マークは英国(イングランド、スコットランド、ウェールズ:UK)域内で上市する特定の製品に対して必要となるマークです

GHS第7版への対応状況

2021年01月22日更新 昨年の世界各国における化学物質管理関係の発表を俯瞰してみますと、GHS第7版への移行に係る発表が目立っています。 例えば、ニュージーランド環境保護庁(EPA)は2020年6月8日に「危険物質および新生物法(HSNO法)」への国連GHS第7版採用に向けた意見募集文書を公表し*1)、8月4日まで2回目となる意見募集を行い、11月5日正式に2021年4月30日からの施行を発表

Q586.EU域内を経由した場合のSCIP登録義務について

2021年01月21日更新 【質問】 当社はEU域内を経由してEU域外に製品(成形品)を輸出しています。 その際でもSCIP情報登録義務は発生するのでしょうか。 【回答】 2021年1月5日からEU市場で0.1重量(wt)%を超える濃度でREACH規則のCLS(substances of very high concern (SVHCs) on the Candidate List.)を含有する成

© 2011-2019  一般社団法人東京環境経営研究所

  • Facebook - White Circle
  • YouTube - White Circle
  • アマゾン - ホワイト丸