当解説は筆者の知見、認識に基づいてのものであり、特定の会社、公式機関の見解等を代弁するものではありません。法規制解釈のための参考情報です。

法規制の内容は各国の公式文書で確認し、弁護士等の法律専門家の判断によるなど、最終的な判断は読者の責任で行ってください。

  • tkk-lab

【セミナー開催のお知らせ】  令和2年度RoHS/REACHに対応する自律的マネジメントシステムの構築コース  導入・応用編


令和2年度RoHS/REACHに対応する自律的マネジメントシステムの構築コース  導入・応用編

 主催 地方独立行政法人 神奈川県立産業技術総合研究所(KISTEC)

地方独立行政法人 東京都立産業技術研究センター(都産技研)

 協力 一般社団法人 東京環境経営研究所(TKK)

 今年、有害化学物質管理のWSSDの目標年を迎え、世界は次の目標である「持続可能な開発目標」(Sustainable Development Goals:SDGs)に向かって動き出しています。

 化学物質法規制も変化を続け、それに伴い、ビジネススタイルの変化が求められることがあります。

 こうした変化を日常的に取り込む仕組みが「自律的マネジメントシステム」です。それはリスクベースで自社が何をどこまで取り込んでいくか、独自の仕組みを創っていくことであり、本セミナーはそうした仕組み創りを考えて頂くことを狙いとしています。

 TKKは15年余にわたり、このセミナーのカリキュラム編成にご協力しております。

【日時】 2020年 10月 20日(火) 10:30~16:50

【募集人員】 50名(先着順にて承ります。) 

【対象者】 企業における化学物質規制対応の実務担当者、社内教育、情報伝達のご担当者

      特に、本質を理解しないまま実務対応に追われている担当者

         法規制の仕組みを整理したい新任担当者

         これから自社で取り組みを始めたい方…など

【受講料】 5,000円(消費税込)

【場所】 地方独立行政法人東京都立産業技術研究センター 5階講堂(江東区青海2-4-10)

【内容】 RoHS、REACHの本質解説に加えて、PFOAやナノ物質の新たな規制物質の規制概要と

     その測定技術を解説します。[Matsuura2]

  • リアルセミナーですが、3密を回避するため例年より少人数で実施致します。お早めにお申し込み下さい。

  • セミナー終了後にも個別相談を実施致しますのでご利用ください。

 お申込み、詳細の確認はこちらをご覧ください。

https://www.kistec.jp/learn/researcher/r2_7_rohsreach1/

203回の閲覧

最新記事

すべて表示

「ゆく河の流れは絶えずして、しかも、もとの水にあらず」(方丈記 鴨長明)と時の流れが緩やかであった鎌倉時代でも、変化は関心事でした。現代は、WSSD目標(2020年)、SDGs(2030年)そしてUN75目標(2045年)と変化は速く、その変化幅は大きくなっています。日々の変化を、放置していると短期間で大きな壁となり、乗り越えらない変化になるともいえます。そして、今日のビジネスモデルも将来は否定さ

2022年01月14日更新 【質問】 当社は物流関連のモジュール製品を製造しています。 今回、食料品の物流関連の顧客より引き合いがあり、HACCP対応を求められました。RoHS/REACHについては遵守しています。 RoHS/REACHに対応していることで、HACCPにも対応できているか教えて下さい。 【回答】 1.HACCPとは HACCP(ハサップ)とは、Hazard Analysis and

2022年01月14日更新 2021年5月28日付の本コラムで「統合規制戦略年次報告書2021年版」*1(以下「報告書」)の内容をご紹介しました。 その中で、「グループ評価」の目的が2027年までにすべての登録物質にリスク管理または新たなデータ生成の優先順位を付けることをめざしていることをお伝えしました。 また、「グループ評価」により以前の個別評価アプローチと比較して2020年度に評価が完了した物