当解説は筆者の知見、認識に基づいてのものであり、特定の会社、公式機関の見解等を代弁するものではありません。法規制解釈のための参考情報です。

法規制の内容は各国の公式文書で確認し、弁護士等の法律専門家の判断によるなど、最終的な判断は読者の責任で行ってください。

  • tkk-lab

JASIS2020における個別相談について

先にお知らせしました今回のお客様からの個別相談のお申込みのためのURLを開設致しました。お手数ですが、下記URLのグーグルフォームに、御名前、御連絡先等の他、面談形式(リアル、Zoomによるバーチャルの別)、御希望日時、御相談内容をご記入の上、お申込み頂きますよう、宜しくお願い致します:

https://docs.google.com/forms/d/e/1FAIpQLSccS1t9Fx1JyB8yyuAG3Su3WHWv8aYuZayWUs3MdcejDmBXZA/viewform?usp=sf_link

124回の閲覧

最新記事

すべて表示

韓国 産業安全保健法等で改正されたGHS制度の最近の情報から

2021月05月07日更新 2019年に韓国の産業安全保健法1)(以下;「産安法」)は改正され、化学物質安全シート(以下、従来韓国では「MSDS」と略されているようですので、MSDSとします)にかかわる改正も行われました。 この概要については本コラムでもご紹介してきましたが、2021年1月16日の施行前に、関連する法規制が改正され、整備されました。 本コラムでは、これまでご紹介した内容と重複すると

Q595.化審法のPFOAに対する規制について

2021年04月23日更新 【質問】 日本の化審法のPFOA規制は何時からでしょうか。非意図的の残留濃度は25ppbでよいのでしょうか。 【回答】 ご質問のペルフルオロオクタン酸(PFOA)に対する規制は、残留性有機汚染物質に関するストックホルム条約(POPs条約)第9回締約国会議(COP9)にて決定されたペルフルオロオクタン酸(PFOA)とその塩及び PFOA 関連物質を同条約の附属書A(廃絶)

2021年~2023年のCoRAP評価物質の更新

2021年04月23日更新 1.共同体ローリングアクションプランとは 共同体ローリングアクションプラン (以降「CoRAP」と略称) は、REACH規則の前文 (20) に示されている主旨に則り欧州化学品庁(以降「ECHA」と略称) が加盟国権限当局との連携により登録物質を対象として物質評価を計画して実施する仕組みです。 REACH規則前文(20)の内容は以下です。 「評価に関する規定は、登録が本

© 2011-2019  一般社団法人東京環境経営研究所

  • Facebook - White Circle
  • YouTube - White Circle
  • アマゾン - ホワイト丸