当解説は筆者の知見、認識に基づいてのものであり、特定の会社、公式機関の見解等を代弁するものではありません。法規制解釈のための参考情報です。

法規制の内容は各国の公式文書で確認し、弁護士等の法律専門家の判断によるなど、最終的な判断は読者の責任で行ってください。

  • tkk-lab

包装材および包装廃棄物指令(94/62/EC)における見直しの動き

2020年11月27日更新

包装材および包装廃棄物指令(94/62/EC)は、包装材および包装廃棄物の管理に関する国内措置を調和させ、環境への影響を防止または軽減するために、1994年に採択されました。 本指令は、貿易障害や競争の制限を回避することにより、国内市場の機能を確保しながら、高レベルの環境保護を提供することを目的としています。


包装材および包装廃棄物指令(94/62/EC)では、包装材において遵守されるべき必須要件や鉛、カドミウム、水銀、六価クロムといった物質の含有制限、ならびに包装材の材質ごとに達成すべきリサイクル目標値等が規定されています。


現行の規定においては、事業者に直接義務を課しておらず、EU加盟国が国内法を通じて流通する包装材に対して、本指令の定める要件を満たすことを求めています。 したがって、日本国内の包装を伴う物品製造者がEU加盟国に製品を輸出する場合、使用される包装材に関して規制物質の非含有やリサイクル性を考慮した仕様にする等、加盟国の国内法を介して本指令の影響を受けています。


今回のコラムでは包装材および包装廃棄物指令(94/62/EC)における見直しの動きについて説明します。


1.新たな循環型経済活動計画

2019年12月に採択された欧州の新しい環境戦略である「欧州グリーンディール」を推進するための施策が示されている「新たな循環型経済活動計画」(2020年3月に採択)(1)において、包装材に関わる行動計画について以下のように説明されています。(全体像については2020年4月の本コラム(2)を参照願います)


包装材に使用される材料の量は継続的に増加しています。 さらに欧州の包装廃棄物は2017年に過去最高の住民1人あたり173kgに達しました。欧州委員会はEU市場の全ての包装材を2030年までに再利用またはリサイクル可能にするために包装材および包装廃棄物指令(94/62/EC)を見直すとともに、EU市場において包装材に必要とされる要件を強化し、下記に焦点を当て、その方策を検討するとしています。


・目標の設定やその他の廃棄物発生防止策により、(過剰)包装および包装廃棄物を削減する。

・包装材の再利用およびリサイクル可能な設計を推進する。特に再利用可能な代替物やシステムがある場合や、消費財が包装なしで安全に取り扱いできる場合には、特定の包装材の使用を制限する。

・使用される原材料やポリマーの数など、包装における複雑性の軽減を検討する。


2.開始影響評価(INCEPTION IMPACT ASSESSMENT)

欧州委員会は、包装材および包装廃棄物指令(94/62/EC)や包装材および包装廃棄物を対象とした規制要件の見直しに関する開始影響評価(3)を公表し、2020年8月6日までの意見募集を行いました。 通常、欧州委員会はロードマップを使用して、法律の方針や評価を説明しますが、法律が経済、環境、社会に与える潜在的な影響が非常に大きい場合、開始影響評価に置き換えられます。


この評価報告において、今回の規制見直しの背景について以下のように説明しています。


過去30年間で、多くの包装材のタイプで軽量化が進む傾向にありますが、発生する包装廃棄物は全体的に増加しています。 包装材の投入量は過去10年間で8.5%増加しており、2017年には8,840万トンの包装材がEU市場に投入されました。 その結果、2017年の包装廃棄物の発生量は過去最高の1人あたり173kgに達しています。 また、包装材はプラスチック廃棄物における最大のシェアを占めており、2018年に欧州で約1,780万トンが発生し、プラスチック廃棄物の約60%に該当します。


このような包装廃棄物量の増加の要因は、一人当たりの商品消費量の増加、リサイクル可能な包装材から使い捨て包装材への変更、オンライン販売の増加、過剰包装商品の増加等が考えられます。


包装材および包装廃棄物指令(94/62/EC)では包装材全体のリサイクル目標値を2025年12月31日までに65%(プラスチック包装材は50%)、2030年12月31日までに70%(プラスチック包装材は55%)まで引き上げることを規定しています。 しかし、現状ではリサイクルされた包装材からの二次原料の需要は依然として低く、2017年にEUで発生したプラスチック包装廃棄物のうちリサイクルされた割合は約42%に留まります。 二次原料を使用せず、包装材を新たに製造する場合、バージン原料(プラスチックの場合は化石原料など)が広く使用されており、温室効果ガス(GHG)排出量の増加といった環境への影響につながります。


二次原料の需要が高まらない要因として、バージン原料と比較してコストが高いこと、高品質かつ安定した量の二次原料の入手可能性が限られていることが考えられます。 これは、包装材をコスト効率の高い方法で高品質にリサイクルすることを要求する明確な法的規則が存在しないためであると説明されています。


包装材の設計が包装廃棄物の処理(収集と選別を含む)の難しさとコストを十分に考慮されていないため、最近では、柔らかい多層複合包装などのリサイクルが困難な包装材も増加する傾向にあります。 包装材の設計を改善した場合、プラスチック包装廃棄物のリサイクルコストを半減できると試算されています。


また、包装材に義務付けられる要件は、廃棄物ヒエラルキー(廃棄物処理の優先順位)と完全に整合していないため、現行の規制上では再利用とリサイクル可能性を目的とした包装材の設計変更を促進することができません。


今回の要件見直しの目的は、包装材および包装廃棄物による環境と健康への悪影響に対処しながら、包装材に関して完全に調和した規則を通じて、国内市場を十分に機能させることであり、具体的には以下のように明示しています。


・包装材および包装された製品の自由な移動を確保する。

・二次原料の市場が十分に機能することを確保し、包装材のリサイクル目標の遵守を支援する。

・(過剰)包装を削減し、包装廃棄物の発生を確実に減らす。


このような目的を達成するための方策としては、包装材の設計を再利用可能に改善し、高品質のリサイクルを促進するための要件を修正する措置が考えられます。 また過剰包装を含む包装廃棄物の発生を削減するための措置や目標の設定等も考慮されています。


これらの目標と対策は、一般的なもの(全体的な包装廃棄物削減目標または廃棄物発生制限)、または特定の材料または包装タイプにより設定され、特に輸送用包装材の分野では、一部の包装タイプで再利用を義務付けることも検討されています。


3.包装および包装廃棄物指令の見直し要件に関する意見募集

上記の開始影響評価では、2020年内に得られた意見を踏まえたうえで、さらに焦点を絞った協議活動を行うと明記されています。 これに伴い、2020年9月30日、欧州委員会は、包装材および包装廃棄物指令(94/62/EC)の見直し要件に関する意見募集(4)を開始しました。(2021年1月6日まで)


今回の意見募集の目的は、利害関係者の意見、実務経験、確証、およびデータ(コスト、社会的影響、潜在的な利益、技術的解決策、問題など)を収集して、影響評価プロセスに情報を提供することです。


具体的には、包装廃棄物の削減策、再利用可能な包装、および包装設計の改善に関わる情報だけでなく、医薬品や農業といった危険物に対して、どのような包装材を選択すべきかといった通常のビジネスを支援する情報等を利害関係者の間で共有することが期待されています。 また、関連データを集約し、将来の予測モデルを補正することも期待されています。


今回の意見募集では、利害関係者として一般消費者の参加も歓迎されています。 包装材における基本的な要件と廃棄物対策の影響を直接体験し、購買活動により製品供給に影響を与えるエンドユーザーと消費者の見解は、規制の見直しにおける選択肢の評価をするために不可欠であると説明されています。


4.まとめ

包装材および包装廃棄物指令(94/62/EC)の見直しにおいては、循環型経済活動モデルが強く影響しており、包装設計から廃棄プロセスに至るまで、製品ライフサイクルを重視された内容が検討されています。


特に過剰包装の削減や包装なしで使用できる場合の要件等、包装自体の制限が言及されていることから、今後は物品の種類により包装材に求められる要件が細分化する可能性があると考えられます。


包装材は物品の販売や輸送に伴う保護だけではなく、保管機能や表示機能等、様々な機能を有するため、即座に仕様変更をすることが難しい製品であるといえます。 したがって、EU加盟国に輸出をしている日本国内の包装を伴う物品製造者は、本指令における今後の見直しの動向を確認しておくことが重要であると考えます。


(柳田 覚)


引用

1)

https://ec.europa.eu/environment/circular-economy/pdf/new_circular_economy_action_plan.pdf


2)

https://www.tkk-lab.jp/post/eu%E3%81%AE%E6%96%B0%E3%81%9F%E3%81%AA%E5%BE%AA%E7%92%B0%E5%9E%8B%E7%B5%8C%E6%B8%88%EF%BC%88circular-economy%EF%BC%89%E6%B4%BB%E5%8B%95%E8%A8%88%E7%94%BB


3)

https://ec.europa.eu/info/law/better-regulation/have-your-say/initiatives/12263-Review-of-the-requirements-for-packaging-and-feasibility-of-measures-to-prevent-packaging-waste


4)

https://ec.europa.eu/info/law/better-regulation/have-your-say/initiatives/12263-Review-of-the-requirements-for-packaging-and-feasibility-of-measures-to-prevent-packaging-waste/public-consultation


1,272回の閲覧

最新記事

すべて表示

GHS第7版への対応状況

2021年01月22日更新 昨年の世界各国における化学物質管理関係の発表を俯瞰してみますと、GHS第7版への移行に係る発表が目立っています。 例えば、ニュージーランド環境保護庁(EPA)は2020年6月8日に「危険物質および新生物法(HSNO法)」への国連GHS第7版採用に向けた意見募集文書を公表し*1)、8月4日まで2回目となる意見募集を行い、11月5日正式に2021年4月30日からの施行を発表

中国の既存化学物質の環境リスク評価による管理

2021年01月21日更新 はじめに 中国の新化学物質環境管理登録弁法(それまでの新化学物質環境管理弁法を改正・改称し、本年1月1日より施行)は、対象とするのは既存化学物質のデータベースである中国現有化学物質名録(現在約46,000物質を収載)に収載されていない新規化学物質です。 他方、既存化学物質についてはこれまで危険化学品安全管理条例等により、指定の化学物質に対する取扱い時の登記や許可証の発行

GHS分類とラベル・SDS作成について

2020年12月25日更新 化学品の多くは、危険有害性があり、化学品の輸出入にはGHS対応のラベル・SDSの対応が必要になっています。 化学品を海外に輸出される企業の方や海外から輸入される化学品のGHSに対応したラベル・SDSの作成の依頼を頂くことも多くなっています ご承知のように、GHS(Globally Harmonized System of Classification and Label

© 2011-2019  一般社団法人東京環境経営研究所

  • Facebook - White Circle
  • YouTube - White Circle
  • アマゾン - ホワイト丸