当解説は筆者の知見、認識に基づいてのものであり、特定の会社、公式機関の見解等を代弁するものではありません。法規制解釈のための参考情報です。

法規制の内容は各国の公式文書で確認し、弁護士等の法律専門家の判断によるなど、最終的な判断は読者の責任で行ってください。

  • tkk-lab

英国のEU離脱移行期間終了に向けての対応

2020年12月05日更新

2020年1月31日に英国はEUを離脱しましたが、その移行期間の終了である2020年12月31日に向けて、関係する企業は準備を進める必要があります。 REACH、CLP、BPR、PIC、POPsは移行期間後も北アイルランド(英国(NI))では適用されますが、それ以外の地域(英国(GB))では適用されなくなります。 なお、ここでいう「英国(GB)」とは、北アイルランドを除く英国、すなわち、グレートブリテン(イングランド、スコットランド、ウェールズ)を意味します。

今般、欧州化学物質庁(ECHA)が、企業のための最新のITツールとBrexit(英国のEU離脱)Q&Aを11月5日に更新1)しましたので、その内容について解説します。


1. 英国(GB)企業のみが登録している物質の対応

EU/EEAのサプライチェーンの川下に位置する関係企業は、ECHAのWebサイトで英国企業のみが登録している物質のリスト2)を確認し、移行期間の終了前に対策を講じる必要があるかどうかを確認する必要があります。 移行期間終了後に英国から供給を受ける予定の場合は、EU/EEAに登録が移されていない場合は、その物質を輸入業者としてECHA提出ポータル(REACH-IT)3)を通じて自ら登録しなければなりません。 英国を拠点とする製造業者、輸入業者、および唯一の代理人によるREACH登録は、移行期間の終了前にEU/EEAに移管されなければ無効となります。 したがって、関係企業は速やかに確認し、必要に応じて登録する必要があります。 その登録方法については、引用4)に詳しく解説されています。


[関連Q&A]5)

(1)Q: 英国を拠点とする会社ですが、移行期間の終了前にREACHに正式に登録された物質の在庫を市場に置いている場合、移行期間の終了後、EUの輸入業者で唯一の代理人による登録を受けずに、EUに輸出することができますか?

A:はい。離脱協定第41条(1)に従い(2020年3月30日付けの欧州委員会の関係者への通知にも反映されています)、移行期間終了前にEUまたは英国で合法的に上市された既存の個別に識別可能な物品は、EUまたは英国の市場で入手可能となり最終使用者に到達するまで、これら2つの市場間で流通することができます。

重要なことは、上記は、移行期間の終了までに製造され、まだ市場に出回っていない物質には適用されないということです。

なお、英国(NI)では移行期間終了後もREACHが適用されます。 詳細は下記の「IE/NI議定書について」を参照ください。

[アイルランド/北アイルランドに関する議定書(IE/NI議定書)について]

IE/NI議定書はREACH が英国(NI)に適用されることを規定しています(2021年1月1日から適用)。英国(GB)には適用されません。

具体的には以下となります。

1) 英国(NI)で製造された物質、または英国(NI)に輸入された物質は、英国(GB)から英国(NI)に輸入された物質を含め、ECHAに登録する必要があります。

2) 英国(NI)からEU/EEAに出荷される物質は、登録の観点からは「輸入」とはみなされません。

3) 英国(NI)に拠点を置く唯一の代理人は、EU/EEA の唯一の代理人と同等とみなされます。

4) 英国(NI)の製造者、調合者、成形品製造者は、EU/EEAの唯一の代理人を任命することはできません。

5) 英国(NI)の製造業者、調剤業者、成形品製造者は、英国(NI)の唯一の代理人を任命することはできません。


(2)Q: ECHAに問い合わせを行う登録者は、移行期間の終了後も、REACH登録の過程で英国企業が提出した連絡先の詳細やデータについて知らされますか?

A:はい、ただし、当該企業が連絡先情報の開示に同意している場合に限ります。 ECHAは登録者に、提出された連絡先の詳細とデータを通知し、不必要な動物実験を避けるためにデータへのアクセスを交渉するよう当事者に促します。 当該データが12年以上前に提出された場合は、REACH第25条(3)に基づき、登録目的なら自由に使用できます。


(3)Q: 英国を拠点とする会社ですが、英国(NI)にも製造拠点(工場)があり、そこに輸入品が到着する場合、REACH登録を維持することができますか?

A: 英国(NI)での事業には、別の法人が必要となります。 この法人は英国(NI)に拠点を置く必要があります。英国(GB)に拠点を置く企業は、移行期間の終了前にREACH-ITで法人変更を行い、法人変更タイプの「分割」を選択する必要があります。 英国(NI)の法人が行った活動に対応する登録は、新会社に移管する必要があります。

2. EU/EEAの企業が英国(GB)企業から混合物を輸入する場合の対応

EU/EEAの企業は、英国(GB)から混合物を輸入する前に、ECHA提出ポータル(REACH-IT)を通じて、書類を提出する必要があります。 英国(GB)のサプライヤーが以前に提出した届出に頼ることはできません。 英国(NI)企業が以前に提出した届出は、REACH-ITのデータベースに残り、引き続き利用できます。 また、英国(NI)企業は引き続きREACH-ITを通じて、EU/EEAに新たに届出を提出することができます。 ただし、上記1項の関連Q&A(3)の解説のように、英国(NI)内に新しい法人を設立する必要があります。


3.EU/EEA域外の製造業者または調合業者

英国に所在する唯一の代理人を任命している場合、EU/EEA内に所在する新たな唯一の代理人を任命することができます。 新しい代理人の選任は移行期間の終了前に行い、ECHAに(REACH-ITの「法人変更」機能を介して)遅滞なく通知しなければなりません。


英国の輸入業者によって登録されている場合、移行期間終了後はその登録は無効になります。 つまり、EU市場へのアクセスを継続するためには、輸入された物質をEU/EEAベースの法人で登録する必要があります。 そのためにはEU/EEA内の唯一の代理人を任命して、輸入物質の必要な登録を行うことができます。 あるいは、EU/EEA内の企業は、それぞれが輸入する物質を登録しなければなりません。


4.BPR規則

BPR規則に基づき英国(GB)に拠点を置く企業が保有する製品認可は、移行期間の終了までにEU/EEA内の新しい認可保有者に移管する必要があります。


5.PIC規則

2021年1月1日より、EU及び英国(NI)に拠点を置く企業は、英国(GB)を含む非EU諸国向けにePIC(引用8)でPICの輸出届出が可能となります。 なお、EUから英国(NI)へのPIC物質の輸出については、PIC規則による届出は不要です。


以上のように、英国のEU離脱の影響を受ける企業は、早急な対応が求められています。

関係する企業向けにチェックリスト7)が公表されていますので、それを活用し対応の有無を確認する必要があります。


(中山 政明)


引用

1)欧州化学物質庁(ECHA)が、企業のための最新のITツールとBrexit(英国のEU離脱)アドバイスを更新

https://www.echa.europa.eu/-/act-now-updated-it-tools-and-brexit-advice-for-companies


2)英国企業のみの登録リスト

https://www.echa.europa.eu/-/act-now-updated-it-tools-and-brexit-advice-for-companies

の下部の「FURTHER INFORMATION」の「List of substances registered only by UK companies [XLSX]」のエクセルリスト


3)REACH-IT

https://reach-it.echa.europa.eu/reach/


4)How to transfer your UK REACH registrations prior to the UK withdrawal from the EU

https://www.echa.europa.eu/documents/10162/13552/how_to_transfer_uk_reach_registrations_en.pdf/1fb443ce-79de-6596-aae5-3f1033f1a5fb


5) Advice to companies / Q&As

https://www.echa.europa.eu/advice-to-companies-q-as/reach


6) Q&As/The UKs withdrawal from the EU

https://www.echa.europa.eu/support/qas-support/browse/-/qa/70Qx/view/ids/1541-1542


7) Brexit preparedness checklist for businesses

https://www.echa.europa.eu/-/act-now-updated-it-tools-and-brexit-advice-for-companies


8)ePIC

https://echa.europa.eu/support/dossier-submission-tools/epic

530回の閲覧

最新記事

すべて表示

GHS第7版への対応状況

2021年01月22日更新 昨年の世界各国における化学物質管理関係の発表を俯瞰してみますと、GHS第7版への移行に係る発表が目立っています。 例えば、ニュージーランド環境保護庁(EPA)は2020年6月8日に「危険物質および新生物法(HSNO法)」への国連GHS第7版採用に向けた意見募集文書を公表し*1)、8月4日まで2回目となる意見募集を行い、11月5日正式に2021年4月30日からの施行を発表

中国の既存化学物質の環境リスク評価による管理

2021年01月21日更新 はじめに 中国の新化学物質環境管理登録弁法(それまでの新化学物質環境管理弁法を改正・改称し、本年1月1日より施行)は、対象とするのは既存化学物質のデータベースである中国現有化学物質名録(現在約46,000物質を収載)に収載されていない新規化学物質です。 他方、既存化学物質についてはこれまで危険化学品安全管理条例等により、指定の化学物質に対する取扱い時の登記や許可証の発行

GHS分類とラベル・SDS作成について

2020年12月25日更新 化学品の多くは、危険有害性があり、化学品の輸出入にはGHS対応のラベル・SDSの対応が必要になっています。 化学品を海外に輸出される企業の方や海外から輸入される化学品のGHSに対応したラベル・SDSの作成の依頼を頂くことも多くなっています ご承知のように、GHS(Globally Harmonized System of Classification and Label

© 2011-2019  一般社団法人東京環境経営研究所

  • Facebook - White Circle
  • YouTube - White Circle
  • アマゾン - ホワイト丸