当解説は筆者の知見、認識に基づいてのものであり、特定の会社、公式機関の見解等を代弁するものではありません。法規制解釈のための参考情報です。

法規制の内容は各国の公式文書で確認し、弁護士等の法律専門家の判断によるなど、最終的な判断は読者の責任で行ってください。

  • tkk-lab

【お知らせ】令和2年度「リサイクル技術開発本多賞」募集


産業環境管理協会 資源・リサイクル促進センターでは

リデュース・リユース・リ

サイクル(3R)に関する技術の開発に従事し

優れた研究報文又は実効のある技術報文等の発表を行った国内の大学、高専、公的研究機関、民間企業の研究者・技術者(個人又はグループ)を対象に表彰を行っています。

【募集期間】

2020年1月13日~2020年5月25日

【対 象 者】

研究者・技術者

【表 彰】

賞金50万円/賞状

【募集方法】

ホームページより申請書をダウンロードいただき、指定の宛先に送付ください

http://www.cjc.or.jp/commend/honda.html(応募種類ダウンロード先)

【お問合せ】

award3r@jemai.or.jp

に「令和2年度「リサイクル技術開発本多賞」募

集の件」として質問事項をご記入ください。

21回の閲覧

最新記事

すべて表示

米国およびカナダのホルムアルデヒド規制について

2021年09月17日更新 はじめに ホルムアルデヒド(CAS RN 50-00-0)は、その水溶液であるホルマリンは消毒用に使用されていますが、接着剤、塗料、防腐剤等にも用途があります。しかし呼吸器感作性、皮膚感作性、発がん性等の有害性を有するため、様々な法規制がなされています。 カナダでは7月7日付官報で、カナダ環境省(Environment Canada)により、同国の環境政策の基本法である

Q608.工業用途の混合物のEU毒物センターへの届出制度について

2021年09月17日更新 【質問】 工業用途の混合物のEU毒物センターへの届出制度について質問があります。 混合物の組成、含有率を非公開にしたく、混合物の組成に関する情報提供は、EU向けSDSに記載されている物質の情報のみでよいでしょうか。 【回答】 SDSの目的は化学物質を安全に取り扱い、事故や災害を未然に防止することです。 そのため、受領者が物質や混合物等の化学品の有害性を容易に特定できるも

Q602.Prop65の警告表示を行った場合のDeca-BDEの使用可否について

【質問】 カリフォルニアのRoHS規制はPBDEを制限していなので、Prop65の警告表示をすればDeca-BDEは使用できるのでしょうか。 【回答】 Deca-BDE(デカブロモジフェニルエーテル)は臭素系難燃剤の1種で、プラスチック、繊維製品、接着剤、シール材、コーティング剤およびインクなどに使用されています。自然環境で分解されにくく生物蓄積性も高い物質です。 Deca-BDEは200余の物質