当解説は筆者の知見、認識に基づいてのものであり、特定の会社、公式機関の見解等を代弁するものではありません。法規制解釈のための参考情報です。

法規制の内容は各国の公式文書で確認し、弁護士等の法律専門家の判断によるなど、最終的な判断は読者の責任で行ってください。

  • tkk-lab

JASIS 2021での無料相談会開催のお知らせ

一般社団法人 東京環境経営研究所(TKK)と第一法規株式会社で連携して、JASIS 2021で個別相談会を実施いたします。TKKのWebサイトの「聞きたい知りたい世界のRoHS&REACH」のFAQとコラム執筆者、第一法規株式会社のWebサイトの「WES (World Eco Scope)」のFAQ及び「製品環境規制入門」の月次更新執筆者が、化学物質規制法に関するお困りごとに対してご相談をお受けします。

REACH規則、RoHS指令、中国RoHSなどの基礎的な社内対応のご相談が継続して多くお受けしております。

これに加えて、最近では、RoHS指令のPack22、Pack15、TSCA PBTのPIP(3:1)、カナダのDBDPE、カルフォルニア州法Prop65の“Short Form”の改定、フランスのミネラルオイル規制、ドイツの電池規制、UK CEマーキングの1年延長などの新たな改定動向のお問い合わせが増えています。

TKKの回答者がご相談者と一緒に、解決策を考えさせていただきます。

コロナ禍もあり、通常の幕張メッセでのリアル相談会に加えて、昨年度に引き続きZOOMを用いたWebでのバーチャル相談会も実施しています。化学物質に関する困りごとがありましたら、気軽に相談いただければと思います。


【開催日】 11/8(月)~11/10(水)

【場 所】 幕張メッセ

【ブース】 A-1

【相談方式】

(a) ブースでのリアル相談会

(b) ZOOMを介したWEBバーチャル相談会

【開催時間】

◆11/8

第01回:13:30~14:30

第02回:14:30~15:30

第03回:15:30~16:30

◆11/9

第04回:10:30~11:30

第05回:13:30~14:30

第06回:14:30~15:30

第07回:15:30~16:30

◆11/10

第08回:10:30~11:30

第09回:13:30~14:30

第10回:14:30~15:30


【申込方法】

例年、ご相談が集中しておりますので、確実にご相談時間を確保するために事前に予約をお願いしております。お手数ですが、お申し込みは、下記URLのグーグルフォームにご記入頂けますよう、よろしくお願いします


https://docs.google.com/forms/d/e/1FAIpQLSdo55nQ8o9pkYpuvXypjXAJ-A1IdYWp2xqwVXDx59uqBMMAxg/viewform?usp=sf_link

380回の閲覧

最新記事

すべて表示

「ゆく河の流れは絶えずして、しかも、もとの水にあらず」(方丈記 鴨長明)と時の流れが緩やかであった鎌倉時代でも、変化は関心事でした。現代は、WSSD目標(2020年)、SDGs(2030年)そしてUN75目標(2045年)と変化は速く、その変化幅は大きくなっています。日々の変化を、放置していると短期間で大きな壁となり、乗り越えらない変化になるともいえます。そして、今日のビジネスモデルも将来は否定さ

2022年01月14日更新 【質問】 当社は物流関連のモジュール製品を製造しています。 今回、食料品の物流関連の顧客より引き合いがあり、HACCP対応を求められました。RoHS/REACHについては遵守しています。 RoHS/REACHに対応していることで、HACCPにも対応できているか教えて下さい。 【回答】 1.HACCPとは HACCP(ハサップ)とは、Hazard Analysis and

2022年01月14日更新 2021年5月28日付の本コラムで「統合規制戦略年次報告書2021年版」*1(以下「報告書」)の内容をご紹介しました。 その中で、「グループ評価」の目的が2027年までにすべての登録物質にリスク管理または新たなデータ生成の優先順位を付けることをめざしていることをお伝えしました。 また、「グループ評価」により以前の個別評価アプローチと比較して2020年度に評価が完了した物