top of page

当解説は筆者の知見、認識に基づいてのものであり、特定の会社、公式機関の見解等を代弁するものではありません。法規制解釈のための参考情報です。

法規制の内容は各国の公式文書で確認し、弁護士等の法律専門家の判断によるなど、最終的な判断は読者の責任で行ってください。

  • 執筆者の写真tkk-lab

JASIS2022のセミナー受講者各位




JASIS2022の弊所セミナーをご聴講いただきありがとうございました。

弊所セミナーは、JASIS展の展示ブースでのハイブリッド方式で行いました。

弊所は学術団体として主催者ゾーンに隣接したブースで展示、セミナーを行いました。

主催者ゾーンのセミナー会場からの音声が届き、お聞き苦しい状態となりましたことをお詫びします。


ハイブリッド形式のWebinarは3年開催しておりますが、本年は昨年の2倍以上のご聴講をしていただきました。

大変ありがたくお礼を申し上げます。

7,000名ほどのご聴講者から多数の質問を頂戴しました。セミナー中にできるだけ回答をしましたが、現在多数の未回答の質問があります。

鋭意回答を作成し回答しますので、今しばらくご猶予をお願いします。


急ぎのご質問の場合は、お手数ですが

info@tkk-lab.jp

から、再度ご質問をお願いします。


よろしくお願いします。


閲覧数:439回

最新記事

すべて表示

ハイドロフルオロカーボン(HFC)を削減する規制の動向について

2024年02月23日更新 ハイドロフルオロカーボン(HFC)は炭素原子、水素原子、フッ素原子からなる有機フッ素化合物の一種です。 オゾン層破壊物質として有名なフロン化合物(フロン化合物は炭素原子、水素原子、フッ素原子に加え塩素原子で構成)の代替物質(代替フロン)として冷媒などに使用されてきました。 しかしながら、HFCはオゾン層を破壊しないものの、温室効果ガスとしてのふるまいが二酸化炭素の100

REACH規則 附属書XIVの改正動向

2024年02月16日更新 REACH規則 附属書XIV(認可の対象となる物質)に関して、2種類の物質についての認可決定の概要がEU官報で告示されました。以下にその内容を解説します。 1.Chromium trioxide(三酸化クロム) 2023年10月31日に、欧州委員会はREACH規則第64条(9)に従い、「Chromium trioxide」をハンガリー国内にある企業に対し認可決定しました

米国TSCAのPIP(3:1)規制改正案

2024年02月16日更新 2024年1月19日付本コラム「米国TSCAのDecaBDE規制改正案」1) に引き続き、今回は同時に提案されたPIP(3:1)規制改正案について説明をします。 本改正案(改正案)2)も2024年1月8日までパブリックコメント(パブコメ)を受け付けていました。3) PIP(3:1)は、PBT規制法公布後の事業者からのクレームにより度々修正が行われ、その都度本コラムで経緯

bottom of page