当解説は筆者の知見、認識に基づいてのものであり、特定の会社、公式機関の見解等を代弁するものではありません。法規制解釈のための参考情報です。

法規制の内容は各国の公式文書で確認し、弁護士等の法律専門家の判断によるなど、最終的な判断は読者の責任で行ってください。

  • tkk-lab

Q537.PFOA(パーフルオロオクタン酸)及び関連物質のリスク

2019年4月19日更新

【質問】Q537

PFOA(パーフルオロオクタン酸)及び関連物質の製造・使用、およびそれらを原料とした製品の製造を2015年12月末で完全に終了していると思いますが、現在も多くの製品に含有されているリスクがあるのでしょうか。

【回答】

 パーフルオロオクタン酸(PFOA)ならびにその塩およびPFOA関連物質はフッ素ポリマー加工助剤 としての使用やその撥水、溌油機能からカーペット等の防汚処理など、身近な日用品の成分として広く使用されています。

 

 PFOAならびにその塩および関連物質のリスク評価については、米国環境保護庁(EPA)の2010/2015 PFOAスチュワードシッププログラムに次いでPOPs条約においても検討が行われています。

 

1. POPs条約での検討結果

ストックホルム条約(以降「POPs条約」)1)」は、人の健康と保護および環境の保護を図ることを目的として2004年5月に発効した国際条約です。条約対象物質への追加について検討する検討委員会(POPRC)2)は、加盟国から提案された物質について、1)スクリーニング、2)危険性に関する詳細検討(リスクプロファイル)、3)リスク管理に関する評価の検討の3段階のプロセスを経て、締約国会議(COP:Conference of Parties)に勧告します。ご質問にありますPFOAおよび関連物質についての検討が以下のとおり行われています。


 PFOAはPOPs条約の「第14回残留性有機汚染物質検討委員会3)(以降「POPRC14」と略称)」(2018年9月17日~21日) においてPFOAとその塩およびPFOA関連物質について、リスク管理に関する評価およびPOPs条約において、製造・使用等の禁止(廃絶)の必要性について検討が行われました。その結果附属書A(廃絶対象物質)に指定され、以下のように締約国会議に勧告することが決定されました。すなわち、

 「医療品製造を目的とするペルフルオロオクタンブロミド(PFOB)の製造のためのペルフルオロオクタンヨージド(PFOI)の使用、およびすでに搭載されている泡消火薬剤の使用を適用除外として、廃絶対象物質(附属書A)に追加することをCOPに勧告すること」を決定しています。

 これを受けて日本では、化審法(化学物質の審査及び製造等の規制に関する法律)4)に 基づき、早ければ2020 年に国内での製造・輸入・使用等を禁止する可能性があります。EUにおいてもREACH規則の改正が官報公示されており、5)2020 年 7 月 4 日以降、PFOA 類の製造・上市を禁止するとともに、PFOA を 25ppb 超 含有する、または PFOA 関連物質を合計 1000ppb 超含有する混合物や成形品の製造時使用および 上市が原則禁止されます。


 上記の通り、PFOAは廃絶対象物質に追加することをCOPに勧告される段階であり、現時点では製品への含有リスクを完全には否定できません。


2. 米国環境保護庁(EPA)の2010/2015 PFOAスチュワードシッププログラムでの検討内容

 PFOAの主要メーカ8社は米国環境保護庁(EPA)の2010/2015 PFOAスチュワードシッププログラム6)に則り、2015年12月末の全廃に取り組みました。しかしスチュワードシッププログラムでは、「PFOAを2015年までに全廃することに対する努力をすること」を求めていますが、実際に一部のメーカでは僅かに使用が継続されています。また一部の医療品等には今後とも使用されることとなります。

 一方でスチュワードシッププログラムの取り組みにより、各社でPFOAの製品含有量は大きく減少していることが報告7)されています。PFOAの含有リスクを完全に否定はできませんが、小さくなってきていると言えます。


参考文献

1)http://chm.pops.int/

2)http://www.pops.int/TheConvention/POPsReviewCommittee/Meetings/POPRC14/Overview/tabid/7398/Default.aspx

3)https://www.meti.go.jp/press/2018/09/20180926002/20180926002.html

4) https://www.meti.go.jp/policy/chemical_management/int/1_chousairai_besshi1.pdf

5)https://eur-lex.europa.eu/legal-content/EN/TXT/PDF/?uri=CELEX:32017R1000&qid=1497592999609&from=EN

6)https://www.epa.gov/assessing-and-managing-chemicals-under-tsca/fact-sheet-20102015-pfoa-stewardship-program

7)https://www.epa.gov/assessing-and-managing-chemicals-under-tsca/20102015-pfoa-stewardship-program-2014-annual-progress



2,540回の閲覧

最新記事

すべて表示

Q608.工業用途の混合物のEU毒物センターへの届出制度について

2021年09月17日更新 【質問】 工業用途の混合物のEU毒物センターへの届出制度について質問があります。 混合物の組成、含有率を非公開にしたく、混合物の組成に関する情報提供は、EU向けSDSに記載されている物質の情報のみでよいでしょうか。 【回答】 SDSの目的は化学物質を安全に取り扱い、事故や災害を未然に防止することです。 そのため、受領者が物質や混合物等の化学品の有害性を容易に特定できるも

Q607.塗料や接着剤を使用している製品の化審法適用対象について

2021年09月03日更新 【質問】 当社は産業用機器のメーカーで、製品には塗料や接着剤が使用されていますが、当社は化審法の対象となるのでしょうか。 それとも材料メーカーが対象となるのでしょうか。 【回答】 ◆化審法の義務 化学物質の審査及び製造等の規制に関する法律(以下、化審法)(1)の適用範囲は次のようになっており、貴社のように製品に塗料や接着剤を使用する場合、適用対象外になると考えられます。

Q606.EUのPBT規制の動向について

2021年08月27日更新 【質問】 EUのPBT規制の動向を教えてください。 【回答】 1.PBT規制とは 「PBT」は、難分解性(persistent)、高蓄積性(bioaccumulative)、毒性(toxic)の略語です。PBTがある化学物質を規制する仕組みが、「PBT規制」です。また、「vPvB」とは、「とても難分解性(vP)で、とても高蓄積性(vB)」です。 PBTの概念は、2001