当解説は筆者の知見、認識に基づいてのものであり、特定の会社、公式機関の見解等を代弁するものではありません。法規制解釈のための参考情報です。

法規制の内容は各国の公式文書で確認し、弁護士等の法律専門家の判断によるなど、最終的な判断は読者の責任で行ってください。

  • tkk-lab

Q544.プロポジション65(Proposition65)での使用言語数が異なる場合の警告表示の言語について

2019年8月30日更新


【質問】 プロポジション65(Proposition65:カリフォルニア州 1986年安全飲料水及び有害物質執行法)での警告表示について教えてください。 弊社製品のパッケージでは使用方法や仕様によって使用言語数が異なります。この場合、警告表示の言語はどのようにしたらいいのでしょうか。

【回答】

プロポジション65(Proposition65 Safe Drinking Water and Toxic Enforcement Act of 1986)は、1987年1月に施行されたカリフォルニア州法です1)。発がん性や生殖毒性があると認められている化学物質(“The Proposition 65 List”2) 2019年6月末現在846物質)について、飲料水の水源への混入や、消費者や作業者がばく露する可能性がある場合に、事前に警告することを義務付けています。

ばく露する可能性がある場合の事前の警告に関しては、2018年8月に施行規則Article 6. Clear and Reasonable Warnings(明確で妥当な警告)」等が改正・施行されています3)。 適用される警告表示は、消費者向け製品のばく露警告・環境的ばく露警告・職業的ばく露警告・特定の製品、化学的および地域ばく露の警告の4タイプになります。 警告に表示すべき内容は、タイプごとに施行規則で定められています。 消費者向け製品では、発がん性または生殖毒性のばく露の可能性に応じた警告表示から選択して表記することになります4)。


さて、英語以外の警告表示については、職業的ばく露以外のタイプにおいて、「説明書等で警告を含めた内容を英語以外の言語で表示する場合には、警告表示も英語およびその言語での表示が必要」5)としています。 警告表示と製品の情報を同じ言語で伝達することを求めています。 なお、OEHHA(カリフォルニア州環境健康ハザード評価局)のHPに英語も含め10言語の警告表示例が掲載されています6)。


従って、使用用途や仕様によってパッケージに記載する言語数が異なる場合には、それぞれの使用用途・仕様で使用している言語での警告表示が必要となります。 記載スペースが限られていることを理由に、英語と特定の言語1つなどと選別することは認められていません7)。

記載スペースが限られる場合等への対策として、消費者向け製品の場合には、簡略警告表示を選択することが認められています8)。 なお、2018年の施行規則改正により、記載スペースに余裕のある大型パッケージの場合でも簡略警告表示を選択することも可能となりました。9)

ただし、簡略警告表示を選択する場合には、警告表示は目立つように記載すること9)、警告表示のフォントサイズは他の説明書き等の最大フォントサイズ以上とし、かつ6ポイント以上のフォントを使用する等の制約があります10)。 さらに、OEHHAから、当局のHPに情報を掲載するために対象化学物質名等の追加情報を要求される場合がありますのでご留意ください9)。


1)https://leginfo.legislature.ca.gov/faces/codes_displayText.xhtml?lawCode=HSC&division=20.&title=&part=&chapter=6.6.&article

2)https://oehha.ca.gov/proposition-65/proposition-65-list

3)https://govt.westlaw.com/calregs/Browse/Home/California/CaliforniaCodeofRegulations?guid=I49EA2F10D45011DEA95CA4428EC25FA0&originationContext=documenttoc&transitionType=Default&contextData=(sc.Default)&bhcp=1

4)https://govt.westlaw.com/calregs/Document/I18AE85B9BCA148788DB150CC1DEEB7D3?originationContext=document&transitionType=StatuteNavigator&needToInjectTerms=False&viewType=FullText&contextData=%28sc.Default%29

5)https://www.p65warnings.ca.gov/sites/default/files/art_6_business_qa.pdf Q29

6)https://www.p65warnings.ca.gov/sample-warnings-and-translations-businesses

7)https://oehha.ca.gov/media/downloads/crnr/art6fsor090116.pdf Comment 151

8) https://www.p65warnings.ca.gov/sites/default/files/art_6_business_qa.pdf Q22

9) https://www.p65warnings.ca.gov/sites/default/files/art_6_business_qa.pdf Q25

10)https://www.p65warnings.ca.gov/sites/default/files/art_6_business_qa.pdfQ19

364回の閲覧

最新記事

すべて表示

Q595.化審法のPFOAに対する規制について

2021年04月23日更新 【質問】 日本の化審法のPFOA規制は何時からでしょうか。非意図的の残留濃度は25ppbでよいのでしょうか。 【回答】 ご質問のペルフルオロオクタン酸(PFOA)に対する規制は、残留性有機汚染物質に関するストックホルム条約(POPs条約)第9回締約国会議(COP9)にて決定されたペルフルオロオクタン酸(PFOA)とその塩及び PFOA 関連物質を同条約の附属書A(廃絶)

Q593.折敷を欧米に輸出した際の留意点について

2021年03月19日更新 【質問】 当社は食器メーカーです。 日本で売れている折敷を欧米に輸出したいと思っています。 折敷は、蒔絵を施した高級品から無垢材まで様々です。 留意すべき事項を教えてください。 【回答】 折敷は、木製の板に様々な表面加工した食器です。 EUおよび米国において、食器は食品に接触するすべての材料(Food Contact Materials 以下FCM)の一つとして関連する

Q592.ガーデニング用小型防寒ハウスの遵法対応

2021年03月17日更新 【質問】 PVC(塩化ビニル)製シートとアルミ製の枠で構成されているガーデニング用小型防寒ハウス (ヒーター等は不使用) を海外 (EUおよびアメリカ) に輸出・販売を検討中です。遵法上のポイントについてご教示ください。 【回答】 【EUの場合】 消費者向け製品は一般製品安全指令 (GPSD)2001/95/EC(1) の対象となります。その第2条では「安全な」製品を以

© 2011-2019  一般社団法人東京環境経営研究所

  • Facebook - White Circle
  • YouTube - White Circle
  • アマゾン - ホワイト丸