当解説は筆者の知見、認識に基づいてのものであり、特定の会社、公式機関の見解等を代弁するものではありません。法規制解釈のための参考情報です。

法規制の内容は各国の公式文書で確認し、弁護士等の法律専門家の判断によるなど、最終的な判断は読者の責任で行ってください。

  • tkk-lab

Q547.「RAPEX」でのリコール命令の適用地域の範囲

2019年10月3日更新


【質問】

EUでは法規制不適合製品が発見された場合に「RAPEX」で公開されますが、リコール命令はEU域内だけで対応すればよいのでしょうか。

【回答】

EUでは、製造物安全一般指令(2001/95/EC The General Product Safety Directive:GPSD)で、加盟国は自国内でリスクのある製品を発見し、リコール・回収を含む措置を行った場合は、自国以外でも影響するかを含めてEU委員会に通知なくてはなりません。

この通知は、GPSD第12条により、生産者、輸入者や流通業者と合意を得て、欧州共同体緊急情報システム(RAPEX: Rapid Alert System for dangerous non-food product)を通じて欧州委員会に行います。


なお、深刻なリスクの場合は、加盟国は措置を決定する前にEU委員会に連絡することができます。


EU委員会は、通知を受けて、通知された情報の要件を確認し、他の加盟国に伝達します。伝達を受けた加盟国は、自国の措置を決定し、EU委員会に通知します。


RAPEXには、市場から撤回された製品、輸入で拒否された製品、および/または欧州の消費者から回収された安全でない製品に関する情報が掲載されています。


RAPEXの伝達は、EU加盟国だけでなく、EEA (European Economic Area 欧州経済領域) 1) であるリヒテンシュタイン、アイスランド、ノルウェーやEFTA(European Free Trade Association 欧州自由貿易連合)も含まれます。

EFTAはEU及びEEA加盟国に加えてスイスが加盟しています。


RAPEX参加国とEU法令の適用は別であり、EU法令の適用は欧州連合の機能に関する条約(TFEU:Treaty on the Functioning of European Union)第 355 条で、「グアドループ、フランス領ギアナ、マルティニーク、レユニオン、サンバルテルミー、サンマルタン、アゾレス諸島、マデイラ島、カナリア諸島、オーランド諸島にも適用される」2)としています。

EEA加盟国及び上記地域では、法令の違反などの基準は同じですが、その措置はそれぞれの国の法律で決めています。


このことから、RAPEXで通知されるリコール等の是正措置に関して、RoHS指令やREACH規則の罰則については、各国の国内法で定めることとなっています(REACH規則は第126条「不遵守に対する罰則」で規定されています)。


リコールなどは、RAPEXの伝達を受けて、EU以外の国において、自国内で対象製品が流通していれば、通知国の措置を考慮し、多くの場合に、同一の措置が取られるとおもわれます。


なお、2019年3月にRAPEXに関するガイドライン(COMMISSION IMPLEMENTING DECISION (EU) 2019/417)3)がEU官報に公示され、通知内容の外部公表用のウェブサイトの名称は「Safety Gate」4)に変更されました。


また、2019年6月には国境を越えたオンライン販売への対応として4つの主要なオンラインマーケットプレイス(Alibaba、Amazon、Ebay、楽天フランス)と製品安全誓約に締結しました5)。

EUの売上の20%をオンラインマーケットが占めており、危険な商品の削除に継続した努力が必要だ、としています。


今回の製品安全誓約では、

(i)EU加盟当局からの危険な製品の連絡に関しては2営業日以内の削除、

(ii)顧客が危険な製品リストを通知する明確な方法を提供して5営業日以内に適切に対応、

(iii)削除された危険な製品リストの再出現を防ぐことを目的とした対策を講じる

としています。


1)

https://europa.eu/rapid/press-release_MEMO-19-1998_en.htm

2)

https://ec.europa.eu/regional_policy/en/information/publications/brochures/2017/the-outermost-regions-european-lands-in-the-world

3)

https://eur-lex.europa.eu/legal-content/EN/TXT/PDF/?uri=CELEX:32019D0417&from=EN

4)

https://ec.europa.eu/consumers/consumers_safety/safety_products/rapex/alerts/?event=main.search&lng=en

5)

https://europa.eu/rapid/press-release_IP-18-4247_en.htm

796回の閲覧

最新記事

すべて表示

Q595.化審法のPFOAに対する規制について

2021年04月23日更新 【質問】 日本の化審法のPFOA規制は何時からでしょうか。非意図的の残留濃度は25ppbでよいのでしょうか。 【回答】 ご質問のペルフルオロオクタン酸(PFOA)に対する規制は、残留性有機汚染物質に関するストックホルム条約(POPs条約)第9回締約国会議(COP9)にて決定されたペルフルオロオクタン酸(PFOA)とその塩及び PFOA 関連物質を同条約の附属書A(廃絶)

Q593.折敷を欧米に輸出した際の留意点について

2021年03月19日更新 【質問】 当社は食器メーカーです。 日本で売れている折敷を欧米に輸出したいと思っています。 折敷は、蒔絵を施した高級品から無垢材まで様々です。 留意すべき事項を教えてください。 【回答】 折敷は、木製の板に様々な表面加工した食器です。 EUおよび米国において、食器は食品に接触するすべての材料(Food Contact Materials 以下FCM)の一つとして関連する

Q592.ガーデニング用小型防寒ハウスの遵法対応

2021年03月17日更新 【質問】 PVC(塩化ビニル)製シートとアルミ製の枠で構成されているガーデニング用小型防寒ハウス (ヒーター等は不使用) を海外 (EUおよびアメリカ) に輸出・販売を検討中です。遵法上のポイントについてご教示ください。 【回答】 【EUの場合】 消費者向け製品は一般製品安全指令 (GPSD)2001/95/EC(1) の対象となります。その第2条では「安全な」製品を以

© 2011-2019  一般社団法人東京環境経営研究所

  • Facebook - White Circle
  • YouTube - White Circle
  • アマゾン - ホワイト丸