当解説は筆者の知見、認識に基づいてのものであり、特定の会社、公式機関の見解等を代弁するものではありません。法規制解釈のための参考情報です。

法規制の内容は各国の公式文書で確認し、弁護士等の法律専門家の判断によるなど、最終的な判断は読者の責任で行ってください。

  • tkk-lab

Q564.CLSが追加された際の製品含有化学物質調査対応

【質問】 CLSが半年ごとに追加されますが、追加されるたびに販売先から製品含有化学物質調査を要求されます。 毎回調査を実施する必要はあるのでしょうか。

【回答】 CLSに追加されますと、収載日から、その物質を含有する製品(成形品)を扱うEU域内の事業者(輸入者、製造者もしくは販売者)には、以下の義務が発生します1) 。


・その物質を0.1%以上含有する成形品の場合、供給先の事業者に、および、一般消費者から要求があった場合には45日以内に、少なくとも物質名を含む成形品を安全に使用するための十分な情報を提供。

・その物質がその成形品の用途で登録されている場合を除き、成形品中に0.1%以上含有しかつ、届出者あたりその物質の総量が年間1t以上の場合、収載日から6か月以内の届出。

EU域内の事業者は上記の義務を順守するために、成形品中のCLS含有情報の提供を要求します。

なお、CLSを0.1%以上含有する成形品の対象は、複数の部品から構成される複合成形品については、個別の部品毎が対象になります。 すなわち、REACH規則第3条の定義に従って定めた成形品の構成範囲でCLSの含有の情報を提供することが必要になります。 「安全に使用するための十分な情報」については個々の部品毎に必要になります。複数の部品からなる成形品の考え方については、ECHA発行の「成形品に含まれる物質に関する要求事項についてのガイダンス」をご参照ください2) 3)。

貴社にはREACH規則上の直接的な義務ではありませんが、EU域内の事業者が上記義務を果たすためには貴社の協力が不可欠であり、また、納入契約など商取引上の取り決めにも配慮することが必要です。

貴社にて日頃から製品に関わる含有化学物質情報(物質・含有量・用途など)を把握・管理されることで、新規CLSとの照合により含有の判断は随時可となり回答できます。

含有化学物質情報としては、使用する原材料および製造工程で使用する材料について含有化学物質情報を入手し、貴社製品での化学物質の含有状況について整理されていることにより可能です。

具体的な対応策として下記のような方法が考えられます。


社内の管理方法については、JIS Z7201:2017 製品含有化学物質管理-原則及び指針-に製品含有化学物質情報の入手・確認等の具体的な項目が示されています。 包括的な管理体制の構築であり、ガイダンスも公開されています4) 5)。


まずは、貴社の製品および原材料のリスト化し、次に、CLS指定の数か月前には実施されるCLS追加候補物質の情報を収集します6)。 そして、貴社製品および原材料での含有の可能性を評価し、対応の必要性に応じて三段階程度(必要/不明/不要など)に分類します。必要性の高い順から詳細な確認やサプライチェーンに問い合わせを行い、CLS収載前までに対応を整理してリストに記録しておきます。 これらの積み重ねにより、製品含有調査依頼には随時対応できると考えます。

CLSへの追加については、ECHAのサイトに収載までのプロセスが説明されています7)。直近では、2020年1月16日に第22次の追加収載が実施され8)、第23次の追加候補に対するパブコメが4月17日までありました。 さらに、CLSとして提案する意図のある物質がRegistry of SVHC intentions until outcomeとして掲載されています9)。また、EUのローリング計画(CoRAP)として加盟国が指定された物質を評価しており10)、その評価状況によりCLSへの追加の可能性を予測できます。

サプライチェーン内での含有化学物質に関する円滑な情報交換も有用です。 情報ツールなどを活用して効率的かつ確実な情報交換を行うことで新たな規制に対して適正な対応が可能となります。 一例として、アーティクルマネジメント推進協議会(JAMP)のchemSHRPAがあります11)。 業種や製品分野を限定しないツールであり、原材料メーカーから完成品メーカーまで情報伝達可能なプラットフォームになっています。 このようなツールを活用しながら、日頃からサプライチェーン内での信頼関係を醸成して行くことは重要です。

1) https://echa.europa.eu/regulations/reach/candidate-list-substances-in-articles

2) https://www.echa.europa.eu/documents/10162/23036412/articles_en.pdf/cc2e3f93-8391-4944-88e4-efed5fb5112c

3) https://www.tkk-lab.jp/post/reach-552

4) https://chemsherpa.net/docs/guidelines#guideline1

5) https://www.chuokai.or.jp/hotinfo/chemical-manual-v2.pdf

6) https://echa.europa.eu/proposals-to-identify-substances-of-very-high-concern-previous-consultations

7) https://echa.europa.eu/authorisation-process

8) https://echa.europa.eu/-/four-new-substances-added-to-candidate-list

9) https://echa.europa.eu/registry-of-svhc-intentions

10) https://echa.europa.eu/information-on-chemicals/evaluation/community-rolling-action-plan/corap-table

11) https://chemsherpa.net/

0回の閲覧

© 2011-2019  一般社団法人東京環境経営研究所

  • Facebook - White Circle
  • YouTube - White Circle
  • アマゾン - ホワイト丸