当解説は筆者の知見、認識に基づいてのものであり、特定の会社、公式機関の見解等を代弁するものではありません。法規制解釈のための参考情報です。

法規制の内容は各国の公式文書で確認し、弁護士等の法律専門家の判断によるなど、最終的な判断は読者の責任で行ってください。

  • tkk-lab

Q568.複数のルートを経由してEUに輸出している場合の登録義務について

2020年06月23日更新

【質問】 当社は化学物質を日本国内の調合メーカー2社に販売しています。調合メーカー2社はそれぞれEU域内の別の事業者に輸出しています。 調合メーカー2社を通じた当社の材料の輸出量の合計は1トン以上になりますが、当社に登録義務は発生するでしょうか。

【回答】 EU REACH規則の登録義務は、EU域内で化学物質を年間1t以上の製造もしくは輸入を行う者にあります。 ご質問のケースでは、EU域内の輸入者2社は共に輸入量が1t未満のため登録義務はありません。 ただし、輸入2社に資本関係などがある場合、2社は同一事業者と見なされ、2社の内どちらかの輸入者が登録する必要があります。 このため、登録に必要な情報を提供することが必要になります。


一方、EU域外の製造者には登録義務はありませんが、EU域外の製造者の企業秘密(CBI)の保護のため、EU域内に拠点のある唯一の代理人(OR)を任命して登録を行うことを認めています。 EUの輸入者に登録の必要が生じた場合、貴社または貴社顧客の調合メーカーがORを任命して登録することが出来ます。

調合メーカーの輸出する製品が、CLP規則の分類基準で危険有害性である場合、調合メーカーはSDSの提供が必要です。 調合メーカーがSDSを作成するため、貴社は化学物質の危険有害性情報を提供する必要があります。 化学物質がCLP規則で調和分類されていれば、この分類の情報を提供します。 調和された分類がなければ、取得した危険有害性情報に基づいて、CLPの分類基準やJISZ7252に従って分類します。 また、調合メーカーの輸出する製品が、CLP規則の分類基準で危険有害性であり、化学物質が未登録であれば、EUの輸入者は、製品に濃度限界値以上含有する(製品が危険有害性に分類される)成分物質の分類と表示のC&Lインベントリへの届出が必要です。 この届出は輸入量にかかわらず課され、EU上市後1か月以内に行わなければなりません。

ご参考として、REACH規則の登録における注意点を下記に示します。

登録に先立ち、ORが登録を行うことを輸入者へ知らせるとともに、化学物質がECHAへ登録済であるかを照会します。登録済の場合は、先行登録者と登録データを共有する必要があります。

EUの輸入者はORの川下ユーザーの位置づけになります。 ORにはEUの輸入者情報を連絡する必要があります。

年間取扱量が10tを超える場合は、化学物質安全性報告書(CSR)の提出も必要です。 CSRを作成した場合には、用途ごとの使用方法の化学物質安全性評価(CSA)を行ったばく露シナリオをSDSに添付して、e-SDSとして提供する必要があります。

664回の閲覧

最新記事

すべて表示

Q604.制限物質であるNMPが0.3%以上含有している場合の規制クリア方法について

2021年07月16日更新 【質問】 REACH規則の制限物質 entry71に、NMPが指定されています。 NMPを0.3%以上含有する場合は、 SDSに「導出無影響レベル(DNEL)吸⼊ばく露では14,4 mg/m3、経⽪吸収では4,8mg / kg /⽇」とそのまま記載をすれば、entry71の規制をクリア出来るのでしょうか。 【回答】 溶剤として広く使用されている1-メチル-2-ピロリドン

Q603.中国にインクリボンを輸出した場合のVOC規制対応について

2021年07月16日更新 【質問】 中国に輸出する製品に使用しているインクリボンカセットは中国VOC規制の対象となりますでしょうか。 また、それらは消耗品ですのでサービスパーツとして中国へ輸出する場合も対象となりますでしょうか。 【回答】 塗料、接着剤やインクなどに含有している揮発性有機化合物(VOC)は空気中に放出されると、大気汚染を促進させる原因物質になります。 中国国家標準化委員会は、大

Q602.フタル酸エステル類を含有している購入品を調達する際の基準改定の必要性について

2021年07月02日更新 【質問】 EU REACH規則の制限物質として附属書XVII(制限)の Entry No.51で、「4種のフタル酸エステルを1種類または任意の組み合わせで0.1重量%以上含有する成形品を2020年7月7日以降に上市してはならない。」とあります。 当社の調達基準ではフタル酸エステル類は、0.1重量%以下としています。 この基準は改定する必要があるでしょうか。 【回答】 貴