当解説は筆者の知見、認識に基づいてのものであり、特定の会社、公式機関の見解等を代弁するものではありません。法規制解釈のための参考情報です。

法規制の内容は各国の公式文書で確認し、弁護士等の法律専門家の判断によるなど、最終的な判断は読者の責任で行ってください。

  • tkk-lab

Q569.要求が無かった場合の製品に含有するCLSの情報伝達義務について

2020年06月26日更新

【質問】 EU域内に製品(成形品)を輸出しています。 この度、製品に含有するCLSの情報伝達を怠っているとEU域内の輸入者から苦情を受けました。 弊社では基本的に要求があった時点で報告しているのですが、要求が無くても、CLSが変更になる都度、製品に含有するCLSの情報を報告する義務はあるのでしょうか。

【回答】

CLSはREACH規則第57条で規定する物質から、EU及び欧州経済領域(EEA)内での使用が厳しく規制される可能性のあるターゲットとして特定された認可対象候補物質として認可対象候補物質リスト(Candidate List)に収載された高懸念物質(SVHC)で、半年に一度(6月~7月と12月~1月頃)追加されます。

製造者または輸入者は、Candidate Listに収載された物質を成型品中に0.1wt%以上含有し、かつ届出者あたりの製品中の総量が年間1トン以上になる場合届け出義務が発生します。


製造者は自社で製造する成型品に対する含有について確認すれば良いですが、輸入者が貴社以外からも複数の企業から成型品を輸入している場合は、輸入している全ての成型品について、0.1wt%超のCLSごとに含有量を合算し、同一のCLSの量が年間で1トンを超えているかどうかを判断する必要があるので注意が必要です。 輸入者が都度情報伝達を要求する理由の一つである可能性もあります。

さらに、貴社が輸出する成型品が上記の規定に該当すると、輸入者にはREACH規則第33条に従い情報伝達の義務が発生します。 具体的には、川下企業が成型品を安全に使用できるよう、少なくとも物質名を含む安全取り扱い情報を提供する義務があります。 また、消費者から要求がある場合にも、要求を受けてから45日以内に、物質名、安全取り扱い情報を無償で提供する義務があります。 例えば、変更情報を輸入者に通知する、自社のWebサイトに掲載するなどの方法が考えられます。 貴社にとっては、第33条で発生する義務を最初に上市する時点で提供することで果たしていると考えられるかもしれませんが、上記に記載しました通り、輸入者は常にCLSの取り扱いに神経を注いでいると思われます。 そのため、輸出者は川下企業が安心して取引を行えるように協力する意識を持つことが必要です。

成形品中の物質がCLSとして特定されると、特定されてから6か月以内に届け出る必要があります。 ただし、貴社ご質問にあります、変更の都度報告する義務があるかどうかについては、輸入者が業として輸入している場合、その報告義務はありません。 理由は、REACH規則では上市された時点での義務として規定しているためです。

認可対象物質として附属書XIVに掲載されるときに「日没日」(認可がなければ、物質の上市や使用が禁止される日付)も一緒に記載されます。 日没日の18か月前までに認可申請をしないと、EUでは上市および使用が禁止になります。 なお、CLSが認可対象物質として附属書XIVに収載されてもCLSから削除されません。 そのため、CLSに求められる情報提供や届け出の義務は継続して課されます。

CLSへの追加物質の動向を把握できる公開情報として、「Registry of SVHC intentions until outcome*1」や「EUのローリング行動計画(CoRAP)*2」があります。 「Registry of SVHC intentions until outcome」は、CLSに関する書類がECHAへ提出される予定となっている物質のリストです。 その後の経緯も記載されるため、今後貴社に対し含有調査が求められる可能性のある物質であるかを確認することができます。 また、「CoRAP」は各年で指定された物質の有害性を加盟国が評価する計画であり、その評価状況を追跡することにより、CLSへの追加可能性について把握することができます。

上記の通り、輸出する相手が企業か個人かにより、REACH規則としての義務は異なってきますが、輸入者と良好な関係を継続するためには可能な限り対応されるのが無難です。 そのため、日常から貴社が取り扱う製品の含有化学物質情報を常に把握するとともに、CLS追加動向に関してECHAなどから公表される情報を注視し、情報伝達は顧客から要求があった場合に行うのではなく、CLSに特定された時点で速やかに情報伝達をする方が安全ではないかと思われます。

*1 https://echa.europa.eu/registry-of-svhc-intentions

*2 https://echa.europa.eu/regulations/reach/evaluation/substance-evaluation/community-rolling-action-plan

528回の閲覧

最新記事

すべて表示

Q593.折敷を欧米に輸出した際の留意点について

2021年03月19日更新 【質問】 当社は食器メーカーです。 日本で売れている折敷を欧米に輸出したいと思っています。 折敷は、蒔絵を施した高級品から無垢材まで様々です。 留意すべき事項を教えてください。 【回答】 折敷は、木製の板に様々な表面加工した食器です。 EUおよび米国において、食器は食品に接触するすべての材料(Food Contact Materials 以下FCM)の一つとして関連する

Q592.ガーデニング用小型防寒ハウスの遵法対応

2021年03月17日更新 【質問】 PVC(塩化ビニル)製シートとアルミ製の枠で構成されているガーデニング用小型防寒ハウス (ヒーター等は不使用) を海外 (EUおよびアメリカ) に輸出・販売を検討中です。遵法上のポイントについてご教示ください。 【回答】 【EUの場合】 消費者向け製品は一般製品安全指令 (GPSD)2001/95/EC(1) の対象となります。その第2条では「安全な」製品を以

Q591.金メッキ中の金の原産地証明について

2021年03月12日更新 【質問】 当社はコンタクト部分に金めっきを施した特殊コネクターを製造しています。 顧客から金の産地の照会がありました。 金めっきは外部委託加工をしていますが、金の産地照会の背景と対応を教えてください。 【回答】 ◆金の産地照会の背景について 顧客から請求のあった金の産地照会についてはEUとアメリカなどで規制されている紛争鉱物が関連していると考えられます。 アフリカの中央

© 2011-2019  一般社団法人東京環境経営研究所

  • Facebook - White Circle
  • YouTube - White Circle
  • アマゾン - ホワイト丸