当解説は筆者の知見、認識に基づいてのものであり、特定の会社、公式機関の見解等を代弁するものではありません。法規制解釈のための参考情報です。

法規制の内容は各国の公式文書で確認し、弁護士等の法律専門家の判断によるなど、最終的な判断は読者の責任で行ってください。

  • tkk-lab

Q571.プロポジション65の過去訴訟事例の類似製品への適用について

2020年07月28日更新

【質問】

プロポジション65の訴訟において、対象有害物質の含有量を和解や判決で定めた量以下に見直すか、適切な警告表示を課す和解や判決が存在します。

例 AG:2017-00163

https://oag.ca.gov/system/files/prop65/settlements/2017-00163S5765.pdf

他社の類似製品は、対象物質について先例が規定した量以下の含有制限が求められるのでしょうか。 それとも、警告表示のみを行えばよいのでしょうか。

【回答】

プロポジション65(以下、Prop65)では、製品にThe List 1)に収載された対象有害物質を含有する場合、製品からのばく露量がセーフハーバーレベル(ばく露によるリスクが十分に低いといえるばく露量)を超える場合には警告表示を義務化しています。 なお、セーフハーバーレベル未設定物質の扱いも含め、本サイトのQ555およびQ570に掲載しています2)3)。

上述のとおり、規制の基準はばく露量であり、含有制限は定められていません。

従って、ご質問の類似製品に対する含有制限が求められることはなく、ばく露量がセーフハーバーレベルを超える場合に適切な警告表示を行うことで、Prop65に遵法することになります。

ご質問で示されていますProp65での和解合意では、特定された製品中のDINPの含有量を0.1%以下になるように組成を見直すか、適切な警告表示のどちらかの対応を和解事業者に課しており、必ずしも含有制限が課されているわけではありません。

The List収載物質であるDINPはセーフハーバーレベルとして重大なリスクを呈さないレベル (No Significant Risk Level:NSRL) が 146 µg/dayとばく露量に関する基準のみが定められています1)。 和解合意で示された「含有量0.1%以下」はProp65で決められた基準値ではありません。

和解や判例の効力の範囲については、カルフォルニア州司法省のProp65のFAQに以下の解説があります4)。

「自社製品が同じ製品に対する既存の判決の基準に準拠している場合、その判決に加わる(オプトイン)ことは可能か?これはProp65の訴訟からの保護を提供するか?」との質問に対して、当局の回答は、「当事者以外が和解や判決に加わる権利は無い。事例によっては加わることは可能であるが、その旨および手続きについては関連する公開文書に明記されている。既存の判決や和解への自主的な対応(例:特定された警告の表示や合意された仕様への変更)は、Prop65の訴訟または訴訟時の保護的な役割となる場合とならない場合がある。」と解説しています。

従って、和解内容は原則当事者間に限られる内容であり、他社には及ばないことになります。

また、上記FAQでは、当事者ではない他社が単に和解などの先行事例に倣った対応はProp65の訴訟リスク回避可能な方法と断定していません。事前にばく露量の評価を行い、その結果をもとに警告表示を行うことが必要です。

検討の手順は、州当局のHPに掲載されています5)。

対応の要点は、(1)The Listに収載された物質の確認、(2)The Listに収載された物質のばく露の確認、(3)警告表示の確認 を行います。セーフハーバーレベルが設定されていない対象有害物質もありますが、同様の手順になります。特に(2)のばく露の確認方法については、本サイトのQ570に掲載していますので参照下さい3)。

検討の結果、製品からの対象有害物質のばく露量がセーフハーバーレベルを超えている場合には警告表示を行います。

なお、Prop65は、絶えず見直しが行われています。対象となる化学物質をまとめているThe Listは、2020年1月3日版が最新で、1,014物質が収載されています1)。最新の情報を確認して進めることも必要です。

また、製品の用途や対象有害物質によっては、Prop65以外にも連邦法の消費者製品安全性改善法(CPSIA)、有害化学物質規制法(TSCA)やアメリカ食品医薬品局(FDA)等の規制にも対応する必要があります。

1)

https://oehha.ca.gov/proposition-65/proposition-65-list

2)

https://www.tkk-lab.jp/post/reach-q555

3)

https://www.tkk-lab.jp/post/reach-q570

4)

https://oag.ca.gov/prop65/faq “ If my product complies with standards in an existing consent judgment governing the same product, is it possible to "opt in" to that judgment? Will this offer protection from Proposition 65 litigation? “

5)

https://oag.ca.gov/prop65/faq “ How do I know if I need to provide a Proposition 65 warning for a product? ”


318回の閲覧

最新記事

すべて表示

Q578.PFOAの適用除外について

2020年10月16日更新 【質問】 弊社はフッ素ゴム製のシール部品を製造しています。 REACH規制の条文には、PFOA 25ppbを超過するものは、上市を制限するとしていますが、炭素6個以下のフルオロケミカル製造時の副生成されるPFOAは適用除外と聞いています。 規制の対象外であることを、申請する必要等はあるでしょう。 【回答】 PFOAとはペルフルオロオクタン酸(Per Fluoro Oct

Q577.中国のVOC規制について

2020年10月09日更新 【質問】 中国産の接着剤を輸入し、日本にて製品に使用して、その製品(成形品)を中国へ輸出しています。 その製品は中国国内で使用されています。 この場合に、中国VOC規制に抵触するでしょうか。 【回答】 中国において、VOC(Volatile Organic Compounds:揮発性有機化合物)は、GB/T 5206-2015 塗料とワニスの用語と定義にて「常温常圧下で

Q575.EU離脱後のイギリスにおけるREACH規則の登録義務について

2020年09月25日更新(2020年10月12日修正) 【質問】 イギリスに化学物質を輸出していますイギリスはEUより離脱しましたが、REACH規則による登録手続がどうなるか教えて下さい。 【回答】 イギリスは2020年1月31日にEUを離脱しました。 2020年末までは移行期間となり、イギリスとEUは通商を含む将来関係の交渉フェーズとなっています。 1.2021年12月31日まで(移行期間)

© 2011-2019  一般社団法人東京環境経営研究所

  • Facebook - White Circle
  • YouTube - White Circle
  • アマゾン - ホワイト丸