当解説は筆者の知見、認識に基づいてのものであり、特定の会社、公式機関の見解等を代弁するものではありません。法規制解釈のための参考情報です。

法規制の内容は各国の公式文書で確認し、弁護士等の法律専門家の判断によるなど、最終的な判断は読者の責任で行ってください。

  • tkk-lab

Q575.EU離脱後のイギリスにおけるREACH規則の登録義務について

2020年09月25日更新(2020年10月12日修正)

【質問】

イギリスに化学物質を輸出していますイギリスはEUより離脱しましたが、REACH規則による登録手続がどうなるか教えて下さい。

【回答】

イギリスは2020年1月31日にEUを離脱しました。 2020年末までは移行期間となり、イギリスとEUは通商を含む将来関係の交渉フェーズとなっています。


1.2021年12月31日まで(移行期間)

この移行期間中の対応について英国健康環境庁HSE(Health and Safety Executive)のウェブサイト(1)や欧州化学庁ECHAのウェブサイト(2)に企業への注意点が記載されており、2020年末までの交渉期間中はEU REACH規則の手続き等について何も変わらないとなっています。 ただし、後述するように2021年1月1日以降にイギリス、EUそれぞれに対して個々に登録が必要になりますので、移行期間中に準備しておくことが必要です。 例えば、イギリス企業がEU REACH規則に基づく登録を有し、移行期間後も継続してEUに輸出する場合には、移行期間中にEU REACH規則に基づく登録をEU域内の輸入者や唯一の代理人等に移行しておく必要があります。

この登録の移転に関しては欧州化学庁ECHAにより説明書が開示されています(3)。

また、移行期間に関する情報は上記HSEのサイトでメールアドレスを登録することにより、EメールニュースレターによってUK REACHに関する最新情報を入手することが出来ます。 合意事項、決定事項をいち早く知ることが出来るので、登録されることをお勧めします。


2.2021年1月1日以降

2021年1月1日以降はイギリスの国内法であるUK REACH(4)に従うことになります。イギリス政府のウェブサイトの中に「REACH化学規制に準拠するためのガイダンス」(5)がありますが、2020年9月1日に更新されました。概要をまとめると以下のようになります。


・ 英国とEUで化学物質を製造、販売、または配布する人は、UK REACHおよびEU REACH規則に従う必要がある。

・ UK REACHは、EU REACH規則の目的と原則を維持する。

・ 政府は、議会および委任された行政機関による精査の対象となるUK REACH移行規定に基づくデータ提出の期限を延長する予定である。


すなわち、UK REACHはEU REACH規則と目的及び原則を一にするが、化学物質の登録等はEU REACH規則に準じてUK REACHに対して行う必要があるということです。 状況に応じて以下のような手続きが必要となります。


(1)イギリス企業がEU REACH規則に基づく登録を実施している場合

EU REACH規則に登録済みの場合は既得権が認められます。 2021年4月30日までにHSEに基本情報を提供することで既得権を維持できますが、輸入トン数等に応じて2021年10月28日から2年、4年、6年以内に全ての情報を提供し手続きを完了する必要があります。 期限の区分けは以下の通り。


2年:1000トン/年以上あるいは

発がん性、変異原性または毒性(CDR)物質は1トン以上

水生生物に対する毒性(急性または慢性)物質は100トン以上

CL物質(2020年12月31日時点)1トン以上

4年:100トン以上あるいは

CL物質(2023年10月27日時点)

6年:1トン以上/年


(2)EU域内企業がEU REACH規則の登録を有し、イギリスの輸入者がそのEU域内企業の川下ユーザーである場合

「EU域内企業が登録し、英国企業はその川下ユーザーである場合(UK downstream Users)」、EUからの物質の輸入を継続する意思を、川下ユーザー輸入通知(DUIN)によって10月27日までにHSEに通知する必ことで、(1)の場合と同様に登録の猶予期間(2,4,6年)が認められます。


このように、EU REACH規則で登録済の物質の場合、最終的に完全な情報を登録する必要があることには変わりありませんが、最大6年の猶予期間が設定されています。


(3)EU REACH規則に未登録で新たに1トン以上製造・輸入するイギリス企業の場合

EU REACH規則に未登録の場合には、(1)のような猶予期間は設定されていません。 そのため、イギリス国内の輸入者あるいは唯一の代理人を通じて、当該化学物質をUK REACHに登録する必要があります。 UK REACHへの化学物質の登録は、2021年1月1日に運用開始予定のオンラインサービス「Comply with UK REACH」を通して行うことが出来るようになる予定です。


(参考リンク)

(1) https://www.hse.gov.uk/brexit/reach-guidance.htm


(2) https://echa.europa.eu/uk-withdrawal-from-the-eu


(3) https://echa.europa.eu/documents/10162/13552/how_to_transfer_uk_reach_registrations_en.pdf/1fb443ce-79de-6596-aae5-3f1033f1a5fb


(4) https://www.legislation.gov.uk/primary+secondary?title=REACH


(5) https://www.gov.uk/guidance/how-to-comply-with-reach-chemical-regulations



1,678回の閲覧

最新記事

すべて表示

Q593.折敷を欧米に輸出した際の留意点について

2021年03月19日更新 【質問】 当社は食器メーカーです。 日本で売れている折敷を欧米に輸出したいと思っています。 折敷は、蒔絵を施した高級品から無垢材まで様々です。 留意すべき事項を教えてください。 【回答】 折敷は、木製の板に様々な表面加工した食器です。 EUおよび米国において、食器は食品に接触するすべての材料(Food Contact Materials 以下FCM)の一つとして関連する

Q592.ガーデニング用小型防寒ハウスの遵法対応

2021年03月17日更新 【質問】 PVC(塩化ビニル)製シートとアルミ製の枠で構成されているガーデニング用小型防寒ハウス (ヒーター等は不使用) を海外 (EUおよびアメリカ) に輸出・販売を検討中です。遵法上のポイントについてご教示ください。 【回答】 【EUの場合】 消費者向け製品は一般製品安全指令 (GPSD)2001/95/EC(1) の対象となります。その第2条では「安全な」製品を以

Q591.金メッキ中の金の原産地証明について

2021年03月12日更新 【質問】 当社はコンタクト部分に金めっきを施した特殊コネクターを製造しています。 顧客から金の産地の照会がありました。 金めっきは外部委託加工をしていますが、金の産地照会の背景と対応を教えてください。 【回答】 ◆金の産地照会の背景について 顧客から請求のあった金の産地照会についてはEUとアメリカなどで規制されている紛争鉱物が関連していると考えられます。 アフリカの中央

© 2011-2019  一般社団法人東京環境経営研究所

  • Facebook - White Circle
  • YouTube - White Circle
  • アマゾン - ホワイト丸