当解説は筆者の知見、認識に基づいてのものであり、特定の会社、公式機関の見解等を代弁するものではありません。法規制解釈のための参考情報です。

法規制の内容は各国の公式文書で確認し、弁護士等の法律専門家の判断によるなど、最終的な判断は読者の責任で行ってください。

  • tkk-lab

米国カリフォルニア州OEHHA発がん性6物質をリスト収載決定

2019年10月18日更新


米国カリフォルニア州の州法であるProposition 65 (安全な飲料水および毒性物質に対する1986年の施行法) は、(1) がんを生ずる恐れのある物質 (2) 生殖毒性を生ずる恐れのある物質を特定してリスト (“ The LIST “) に収載しています。 このリストは毎年更新されており、現在約1,000物質が収載 1) されています。


Proposition 65は、以下の2つの内容を規制しています。


(1) 飲料水への排出規制

“ The LIST “ 収載物質を飲料水の水源に流入させるもしくはその可能性がある場合には排出を規制する。

(2) ばく露前の警告

“ The LIST “ 収載の発がん性物質もしくは生殖毒性物質に消費者あるいは作業者がばく露の可能性がある場合、事業者に対して事前に明確で妥当な警告 ( Clear and Reasonable Warnings )を求め、明確で妥当な警告を与えることなく、発がん性物質又は生殖毒性物質への消費者、作業者への意図的なばく露を規制する。


明確で妥当な警告 ( Clear and Reasonable Warnings ) に関しては2016年8月30日に施行規則に関する条項の改正が告示され、2018年8月30日から改正条項が施行されています。


カリフォルニア州環境保護庁環境健康有害性評価局 (以降「OEHHA」) は2019年9月13日に発がん性物質として、以下の6物質を “ The LIST “ に追加することを公表 2) しました。


(1) 2-アミノ-4クロロフェニル (CAS No 95-85-2)

(2) 2-クロロニトロベンゼン (CAS No 88-73-3)

(3) 1,4-ジクロロ-2-ニトロベンゼン (CAS No 89-61-2)

(4) 2,4-ジクロロ-1-ニトロベンゼン (CAS No 611-06-3)

(5) N,N-ジメチルアセトアミド (CAS No 127-19-5)

(6) パラ-ニトロアニソール (CAS No 100-17-4)


OEHHAは、2019年7月12日にProposition 65 の下でがんを引起すことが州に知られているとして、労働法リスト収載メカニズム (The Labor Code listing mechanism) に従って上記6化学物質を ”The List “ に収載する意向 3) を示しています。


労働法リスト収載メカニズムによるリスト収載に関する背景は以下です。

健康安全法 (Health and Safety Code) §25249.8 (a) は、カリフォルニア労働法 (California Labor Code) §6382(b)(1) をProposition 65 に組み込んでいる。 カリフォルニア労働法は国際がん研究機関 (IARC) により特定される物質はProposition 65 においてがんを引起すことが知られているとしてリスト収載されることを要求している。カリフォルニア労働法 (Labor Code) §6832 (b)(1) は、IARCにより人もしくは動物の発がん物質として特定されている物質を参照している。

OEHHAは、カリフォルニアCode of Regs ,§25904 ,Title 27でこれらのリステイングに関する規則 (regulations ) を採択している。 Proposition 65執行の主管当局として、OEHHAは化学物質のリスト収載はProposition 65 で要求されているかどうかを評価し、Proposition 65の目的に照らして上記6物質はがんを引起すことが州に知られているとしてリスト収載に適合していることを決定している。


IARCは、” Agents Classified by IARC Monographs , Volume 1 – 123 “ (IARC 2018)と題するリストをウェブサイト上に発表している。 IARC は6物質が動物に対する発がん性の十分な証拠があると結論づけてグループ2B (多分人に対する発がんの可能性がある。) に分類している。


OEHHAは、上記の特定6物質が健康安全法§25249.8(a)、労働法§6382(b)(1)およびタイトル27 Cal. Code of Regs . §25904(b) において特定されているがんを引起すとしてリスト収載要求に適合するかどうかに関するコメントの機会を提供し、書面によるコメントの受付を2019年8月12日までとしていた。 (しかし、2019年7月12日~8月12日の30日間にコメントは寄せられていませんでした。)


上記を踏まえ、OEHHAは2019年9月13日に発がん性物質として、上記6物質を “ The LIST “ に追加することを決定しています。


因みに上記の6物質は厚生労働省のホームページ「職場のあんぜんサイト」4) において、モデルSDSが検索できます。


6物質のSDSの2項 (危険有害性の要約) の発がん性区分及び15項 (適用法令) は以下となっています。


2-アミノ-4クロロフェニル (CAS No 95-85-2)

2項 発がん性 区分2

15項 適用法令

労働安全衛生法 強い変異原生が認められた既存化学物質 (法第57条の5) 健康障害防止指針公表物質 (法第28条第3項・厚労省指針公示)


2-クロロニトロベンゼン (CAS No 88-73-3)

2項 発がん性 区分1B

15項 適用法令 

労働安全衛生法 強い変異原生が認められた化学物質

健康障害防止指針公表物質 (法第28条第3項)


1,4-ジクロロ-2-ニトロベンゼン(CAS No 89-61-2)

2項 発がん性 区分1B

15項 適用法令 労働安全衛生法 強い変異原生が認められた化学物質 健康障害防止指針公表物質 (法第28条第3項)


2,4-ジクロロ-1-ニトロベンゼン(CAS No 611-06-3)

2項 発がん性 区分1B

15項 適用法令

労働安全衛生法 強い変異原生がみとめられた化学物質 健康障害防止指針公表物質 (法第28条第3項)


N,N-ジメチルアセトアミド (CAS No 127-19-5)

2項 発がん性 区分1B

15項 労働安全衛生法

名称等を表示し、又は通知すべき危険物及び有害物 (法第57条、施行令第17条別表第3第1号並びに施行令第18条及び第18条の2別表第9) 健康障害防止指針公表物質 (法第28条第3項)


パラ-ニトロアニソール (CAS No 100-17-4)

2項 発がん性 区分1B

15項 労働安全衛生法

強い変異原生が認められた化学物質 康障害防止指針公表物質 (法第28条第3項)


6物質中「N,N-ジメチルアセトアミド (CAS No 127-19-5)」は、労働安全衛生法の名称等を表示し、又は通知すべき危険物及び有害物 (法第57条、施行令第17条別表第3第1号並びに施行令第18条及び第18条の2別表第9) となっていて、物質そのもの及び物質を裾切値以上含有している混合物を譲渡・提供する場合には、容器等へのラベル表示、SDS交付と取扱事業所等でのリスクアセスメントが義務づけられています。


健康障害防止指針公表物質 (法第28条第3項) については、基発0331 第27号 5) (平成28年3月31日) で指針内容が出されています。


(瀧山 森雄)


引用

1)

https://govt.westlaw.com/calregs/Document/I54B9D2B0D45011DEA95CA4428EC25FA0?viewType=FullText&originationContext=documenttoc&transitionType=CategoryPageItem&contextData=%28sc.Default%29


2)

https://oehha.ca.gov/proposition-65/crnr/chemicals-listed-effective-september-13-2019-known-state-california-cause-cancer


3)

https://oehha.ca.gov/proposition-65/crnr/notice-intent-list-2-amino-4-chlorophenol-2-chloronitrobenzene-14-dichloro-2

https://oehha.ca.gov/media/downloads/crnr/lcnoil6nitrobenzenes071219.pdf


4)

https://anzeninfo.mhlw.go.jp/


5)

https://www.ajha.or.jp/topics/admininfo/pdf/2016/160414_5.pdf#search=%27%E5%9F%BA%E7%99%BA+0331+%E7%AC%AC27%E5%8F%B7++%E5%B9%B3%E6%88%9028%E5%B9%B43%E6%9C%8831%E6%97%A5%27

1,043回の閲覧

最新記事

すべて表示

GHS第7版への対応状況

2021年01月22日更新 昨年の世界各国における化学物質管理関係の発表を俯瞰してみますと、GHS第7版への移行に係る発表が目立っています。 例えば、ニュージーランド環境保護庁(EPA)は2020年6月8日に「危険物質および新生物法(HSNO法)」への国連GHS第7版採用に向けた意見募集文書を公表し*1)、8月4日まで2回目となる意見募集を行い、11月5日正式に2021年4月30日からの施行を発表

中国の既存化学物質の環境リスク評価による管理

2021年01月21日更新 はじめに 中国の新化学物質環境管理登録弁法(それまでの新化学物質環境管理弁法を改正・改称し、本年1月1日より施行)は、対象とするのは既存化学物質のデータベースである中国現有化学物質名録(現在約46,000物質を収載)に収載されていない新規化学物質です。 他方、既存化学物質についてはこれまで危険化学品安全管理条例等により、指定の化学物質に対する取扱い時の登記や許可証の発行

GHS分類とラベル・SDS作成について

2020年12月25日更新 化学品の多くは、危険有害性があり、化学品の輸出入にはGHS対応のラベル・SDSの対応が必要になっています。 化学品を海外に輸出される企業の方や海外から輸入される化学品のGHSに対応したラベル・SDSの作成の依頼を頂くことも多くなっています ご承知のように、GHS(Globally Harmonized System of Classification and Label

© 2011-2019  一般社団法人東京環境経営研究所

  • Facebook - White Circle
  • YouTube - White Circle
  • アマゾン - ホワイト丸