当解説は筆者の知見、認識に基づいてのものであり、特定の会社、公式機関の見解等を代弁するものではありません。法規制解釈のための参考情報です。

法規制の内容は各国の公式文書で確認し、弁護士等の法律専門家の判断によるなど、最終的な判断は読者の責任で行ってください。

  • tkk-lab

化学物質関連法規制に対する違反事例 (Ceficによる2019年RAPEX通知内容の分析結果)

2020年03月06日更新 EUでは市場から危険な製品を排除することを目的に、EU委員会を通じた参加国内での迅速な情報交換を行うための「RAPEX」が運用されており、通知された各違反製品やその内容は「Safety Gate」通じて公表されています。

例年春頃に、欧州委員会(EC)当局によってRAPEXの年次報告書が公表されますが、欧州化学工業連盟(Cefic)が2月13日に、2019年のRAPEXの通知内容のうち、化学物質関連法規制の違反事例に特化した分析結果1)を公表しましたので、その内容をご紹介します。


2019年のRAPEX通知のうち、化学物質法規制に関連する通知は1,468件でした。 Ceficによると2018年に比べ24%と大幅に増加しており、その要因は2019年にRoHS指令の執行監視が強化されたことが挙げられています。 なお、REACH規則の制限違反は前年と同程度の件数でした。


製品別に見ると、次のような順となり、玩具が過半数を占める結果となっています。

第1位:玩具(785製品:53%)

第2位:化粧品(232製品:16%)

第3位:化学品(169製品:12%)

第4位:宝飾品(84製品:6%)

第5位:衣類・繊維製品(61製品:4%)


一方、違反原因となった化学物質は次のような順となり、玩具で規制が課されているフタル酸エステル類やホウ素等が多く、次いで鉛やカドミウム等の重金属が続いています。

第1位:フタル酸エステル類(366製品:25%)

第2位:ほう素(溶出)(161製品:11%)

第3位:鉛(157製品:11%)

第4位:カドミウム(122製品:8%)


次にどの化学物質法規制に対する違反が多かったかを分析したところ、全体の半数弱がREACH規則であり、次いで玩具指令や化粧品規則、RoHS指令が続いています。

第1位:REACH規則(602製品:42%)

第2位:玩具指令(261製品:18%)

第3位:RoHS指令(243製品:17%)

第4位:化粧品規則(177製品:12%)

第5位:タトゥーインキ等の安全性に関する欧州評議会決議(CoE ResAP(2008)1)(74製品:5%)


今回のCeficの分析において、強調されているのが、違反製品の原産国についてです。 特に半数弱を占めるREACH規則の違反製品については、EU/EEA域内製品は4%程度しかなく、EU/EEA域外からの輸入品が92%と違反割合が圧倒的に高いことが示されています。

このことから、Ceficは、EUは世界で最も厳しい化学物質関連規制を有しているが、適切に実施されなければ人や環境の保護に繋がらない。そのためには輸入製品に対する適切な執行が重要であると述べています。 また、EU/EEA域外からの輸入品に対しては、2018年に公表されたREACH規則第2次レビュー2)でも、RAPEXやECHAの執行フォーラムによる活動だけでなく、加盟国当局による更なる執行の強化が必要であることが言及されていました。


そのため、今回の調査結果を受けて、Ceficは執行監視の回数を増やすだけではなく、加盟国当局がREACH規則の各制限内容の執行監視を可能にするツールや方法論の策定を求めています。


今回のCeficによる分析結果からは、EU/EEA域内製品はREACH規則の制限を概ね順守しているものの、制限違反のEU/EEA域外からの輸入品が、多くEU/EEA域内で流通している実態が示されました。


REACH規則は施行後10年以上が経過していますが、RAPEXやECHA執行フォーラムによる執行監視では、結果として多くの違反事例は報告されています。 しかしながら、違反が明らかとなれば、その改善に向けて執行監視の強化等が図られることになるため、今後EU/EEA域外からの輸入品に対する当局の眼はますます厳しくなるものと想定されます。


(井上 晋一)


1)Cefic ニュース

https://cefic.org/media-corner/newsroom/more-than-90-of-all-non-compliant-chemicals-in-consumer-products-come-from-outside-of-the-eu/


2)REACH規則第2次レビュー報告書

https://eur-lex.europa.eu/legal-content/EN/TXT/HTML/?uri=CELEX:52018DC0116&from=EN

1,067回の閲覧

最新記事

すべて表示

2021年1月から義務化される SCIP データベースの登録について

1.登録要求 2021年1月5日からEU市場で0.1重量(wt)%を超える濃度で候補リストに非常に高い懸念のある物質(SVHC)を含有する成形品を上市する企業は、これらの成形品に関する情報をECHAが管理するSCIPデータベースに登録しなければなりません。 SCIP(Substances of Concern In articles as such or in complex objects (P

REACH制限物質の動向

2020年10月13日更新 REACH規則附属書XVII(制限)は、2020年8月3日に委員会規則(EU)2020/1149が官報告示され、ジイソシアネートがエントリー74に追加されました。 1)その後も複数の物質の附属書XVIIへのエントリーに向けてのプロセスが進行しています。 このコラムでは、REACH規則附属書XVIIを改正する欧州委員会規則(案)がWTO/TBTに通報され、意見募集中の物質

REACH規則 鉛の使用における制限条件見直しに関する調査報告

2020年10月02日更新 鉛は古来より使用されている金属であり、優れた加工性、腐食特性により幅広い用途で使用されてきました。 いっぽうでその有害性においても、古くから指摘されており、現在では多くの法規制により使用を限定されています。 そのため、成形品の生産者、輸入者は自社製品に対する鉛含有の有無について慎重に対応していると思われます。 REACH規則においても例外ではなく、物質の使用制限リスト(

© 2011-2019  一般社団法人東京環境経営研究所

  • Facebook - White Circle
  • YouTube - White Circle
  • アマゾン - ホワイト丸