当解説は筆者の知見、認識に基づいてのものであり、特定の会社、公式機関の見解等を代弁するものではありません。法規制解釈のための参考情報です。

法規制の内容は各国の公式文書で確認し、弁護士等の法律専門家の判断によるなど、最終的な判断は読者の責任で行ってください。

  • tkk-lab

EUの化学物質関連法規制横断検索サービスがスタート

欧州化学品庁のホームページでは、従来からREACH規則やCLP規則等の次の6種の方法規制については、法規制の詳細解説や物質リストが掲載されるとともに、物質から該当する法規制の検索などを実施することができました。


REACH規則


CLP規則


殺生物性製品規則(Regulation (EU) No 528/2012 of the European Parliament and of the Council of 22 May 2012 concerning the making available on the market and use of biocidal products (BPR))


有害化学物質の輸出入に関する規則(Regulation (EU) 649/2012 concerning the export and import of hazardous chemicals(PIC規則))


化学物質リスクからの労働者保護に関する指令(Council Directive 98/24/EC of 7 April 1998 on the protection of the health and safety of workers from the risks related to chemical agents at work(CAD)


職場におけるがん原性及び変異原性物質のばく露防止指令(Directive 2004/37/EC of the European Parliament and of the Council of 29 April 2004 on the protection of workers from the risks related to exposure to carcinogens or mutagens at work(CMD))


しかしながら、EUの化学物質関連法規制は上記以外にも植物保護製品規則やRoHS指令等、様々あります。 そこでECHAは、ECHAが関わっていない法規制も含め、EUの化学物質関連法規制をワンストップで確認することができる新たな無料オンラインサービス「EU化学物質法規制ファインダー(EU Chemicals Legislation Finder:EUCLEF)」1)を2020年3月に公開したことを発表2)し、運用をスタートしました。

1.EUCLEFとは

EUCLEFは2015年にステークホルダーから寄せられた要望を契機に、中小企業支援プログラム(Competitiveness of Enterprises and Small and Medium-sized Enterprises(COSME))の資金によって2017年にフィージビリティ調査が実施され、その後ECHAが開発を進めてきたものです。 EUCLEFは、特にEUの中小企業が製品をEU市場に上市するために、どのような法規制に該当し、何を順守しなければならないのかを無料で、包括的に確認できるようにすることが大きな目的となっています。


また、EUCLEFの公開とともに、EUCLEFの操作や収載されている情報に対する専用ヘルプデスク3)も設けられています。

2.EUCLEFに収載されている情報

これまでECHAのホームページでは確認できなかった、次の9分野35種の化学物質関連法規制が収載されており、各法規制の情報として、適用範囲や除外条件、義務事項、CLP規則による危険有害性に基づく義務や懸念特性(CMR等)に基づく義務、当局への情報提出、所管当局、見直し等に関する概要が記載されるとともに、官報へのリンクが提供されています。

【化学物質規制】

危険物の内陸輸送指令(2008/68/EC)

植物保護製品規則の実施に関する委員会委任規則((EU) No 540/2011)

残留農薬規則((EC) No 396/2005)

【環境規制(大気)】

大気質指令(2008/50/EC)

大気中のヒ素、カドミウム、水銀、ニッケル、多環芳香族炭化水素類に関する指令(2004/107/EC)

特定大気汚染物質の国別排出量削減指令((EU) 2016/2284)

【環境規制(工場排出)】

産業排出物指令(2010/75/EU)

【環境規制(廃棄物)】

電池指令(2006/66/EC)

包装および包装廃棄物指令(94/62/EC)

RoHS指令(2011/65/EU)

WEEE指令(2012/19/EU)

廃棄物枠組み指令(2008/98/EC)

【環境規制(水質)】

都市排水処理指令(91/271/EEC)

水質基準指令(2008/105/EC)

水枠組み指令(2000/60/EC)

飲料水指令(98/83/EC)


【化学物質の職業ばく露および安全対策に関する規制】

がん原性および変異原性物質のばく露によるリスクに対する労働者保護に関する指令(2004/37/EC)

労働者が物理的・化学的・生物学的因子のばく露によるリスクに対する労働者保護に関する指令(80/1107/EEC)の実施にあたり限界値を設定する委員会指令(91/322/EEC)

職業ばく露限界(OEL)の第1次リストを設定する委員会指令(2000/39/EC)

職業ばく露限界(OEL)の第2次リストを設定する委員会指令(2006/15/EC)

職業ばく露限界(OEL)の第3次リストを設定する委員会指令(2009/161/EU)

職業ばく露限界(OEL)の第3次リストを設定する委員会指令((EU) 2017/164)


【食品安全および食品接触材に関する規制】

食品接触セラミック材に関する指令(8400/500/EEC)

食品接触再生セルロースフィルムに関する委員会指令(2007/42/EC)

食品接触プラスチック材に関する委員会規則((EU) No 10/2011)

【労働安全衛生に関する規制】

化学物質のばく露によるリスクに対する労働者保護に関する指令(98/24/EC)

妊娠中及び出産後又は授乳中の労働者の保護に関する指令(92/85/EEC)

若年労働者の保護に関する指令(94/33/EC)

作業場の安全衛生標識の設置に関する最低要件に関する指令(92/58/EEC)


【製品管理に関する規制】

民間用爆発物指令(2014/28/EU)

洗剤規則((EC) No 648/2004)

エコラベル規則((EC) No 66/2010)

肥料規則((EC) No 2003/2003)

玩具安全指令(2009/48/EC)


なお、2021年にはさらに16種の法規制が追加される予定です。


一方、物質情報として、これら新たに追加された法規制の対象となる約12,000物質が追加されています。

従来からECHAが提供していた物質検索と同様に、物質名やCAS番号、EC番号等を入力することで、該当する法規制が検索・確認できるようになっています。

3.最後に

このようにEUCLEFは法規制および物質の両方から、ECHAが関わっていない法規制も含めて、無料で横断的に検索・確認ができる仕組みとなっています。 これらは、読者の皆様もご利用されていると思われる製品評価技術基盤機構(NITE)が提供されているNITE化学物質総合情報提供システム(NITE-CHRIP)と類似した仕組みと言えます。


提供される製品によっては関係しない法規制もあるかと思いますが、EUの化学物質関連規制の概要や物質からEUの該当法規制を確認する場合には、EU域内の中小企業に限らず、日本企業にとっても有用なサービスであると思われます。

(井上 晋一)

1)ECHA EUCLEFのトップページ

https://echa.europa.eu/legislation-finder

2)ECHA プレスリリース

https://echa.europa.eu/-/track-legal-obligations-with-the-new-eu-chemicals-legislation-finder

3)ECHA EUCLEFヘルプデスク

http://comments.echa.europa.eu/comments_cms/Contact_EUCLEF.aspx

485回の閲覧

© 2011-2019  一般社団法人東京環境経営研究所

  • Facebook - White Circle
  • YouTube - White Circle
  • アマゾン - ホワイト丸