© 2011-2019  一般社団法人東京環境経営研究所

  • Facebook - White Circle
  • YouTube - White Circle
  • アマゾン - ホワイト丸

当解説は筆者の知見、認識に基づいてのものであり、特定の会社、公式機関の見解等を代弁するものではありません。法規制解釈のための参考情報です。

法規制の内容は各国の公式文書で確認し、弁護士等の法律専門家の判断によるなど、最終的な判断は読者の責任で行ってください。

  • tkk-lab

Q534.電気点火エンジンRoHS対象か

2018年4月27日更新

【質問】

RoHS(II)指令の規制対象製品について教えてください。スターターを搭載していないガソリンエンジンで、電気スパークを利用して混合気に点火するイグニッションコイルを搭載しているガソリンエンジンはRoHS(II)指令の規制対象製品になりますか。もし対象製品となる場合には、そのエンジンを搭載しているエンジンポンプも規制対象製品になりますか。

【回答】

RoHS(II)指令の用語の定義(第3条)で、対象とする電気・電子機器は下記の通りに定義しています。


(a)正しく動作するために電流または電磁界に依存する機器

(b)交流1000V、直流1500Vを超えない定格電圧で使用するよう設計された機器


「依存する」とは、「1つ以上の意図された機能を果すために、電流または電磁界を必要とする」としています。この意図した機能に電流または電磁界を必要とすれば、RoHS(II)指令の規制対象となります。RoHS指令の改正において依存の定義が追加されたことにより、電気が主動力の製品だけでなく、電気が主動力ではないが、意図された機能を果たすには電気が欠かせない製品が規制対象になるなど、適用範囲が広がりました。

 ご質問のガソリンエンジンは電位差を利用した電気スパークにより混合気に点火することで稼働します。点火させる電気スパークはイグニッションコイルの1次コイル側に電流が流れることで、相互誘導により2次コイル側で増幅された高電圧で生み出されます。

 エンジンを稼働させる主動力はガソリンになりますが、ガソリンの点火には、電気スパークを発生させる電気が必要です、また、電気スパークを発生させる2次コイル側の電圧は一般的に2500~3500Vとされていますが、1次コイル側は一般的にRoHS(II)指令の規制対象内の定格電圧で使用します。これらのことをRoHS(II)指令の定義に当てはめてみると、ご質問のガソリンエンジンは改正前のRoHS指令では規制の適用範囲外でしたが、RoHS(II)指令の場合は規制対象となると考えられます。

 そのエンジンを搭載しているエンジンポンプも、稼働に際してはエンジンの動力を必要としているので、RoHS(II)指令の対象となると考えられます。