当解説は筆者の知見、認識に基づいてのものであり、特定の会社、公式機関の見解等を代弁するものではありません。法規制解釈のための参考情報です。

法規制の内容は各国の公式文書で確認し、弁護士等の法律専門家の判断によるなど、最終的な判断は読者の責任で行ってください。

  • tkk-lab

Q567.RoHS指令の鋼材中の合金元素としての鉛の適用除外

2019年9月27日更新


【質問】 RoHS指令での、鋼材中の合金元素としての鉛の適用除外ですが最近再延長されたのでしょうか。 適用除外期間延長に関する最新の情報はどうやって調べたらいいか教えてください。

【回答】

鋼材中の鉛については2018年5月18日の官報(Commission Delegated Directive(EU)2018/7391))により附属書III6(a)が改訂され、以下のようにカテゴリー別に期限が延長されました。


6(a)

機械加工用途の鋼材および亜鉛めっき鋼中に合金元素として含まれる0.35wt%までの鉛

・カテゴリー8,9(体外診断医療装置および産業用監視制御装置以外):2021/7/21まで

・カテゴリー8(体外診断医療装置):2023/7/21まで

・カテゴリー9(産業用監視制御装置)とカテゴリー11:2024/7/21まで

6(a)-I

機械加工用途の鋼材中の合金元素として含まれる0.35wt%までの鉛と溶融亜鉛めっき鋼中に含まれる0.2wt%までの鉛

・カテゴリー1-7と10:2021/7/21まで


これらの期限の再延長は現時点(2019年9月)では確認できませんでした。 適用除外に関しては、最長5年または7年の延長までしか認められておらず、さらなる期限延長を求める場合は、RoHS(II)指令第5条および附属書Vに従い、除外期限の18カ月前までに更新申請を行うよう規定されています。 本件の例では、上記項目のうち、最短の期限である2021年7月21日の項目については2020年1月21日が更新申請の期限となります。 欧州委員会が公表している2019年2月7日時点の適用除外用途リスト2)では、6(a)や6(a)-Iに対する更新申請はまだなされていません。 前回(Pack9)の例では締め切り間際に申更新請が殺到しましたので延長期限前後の情報に注意が必要です。


更新申請受理後、調査研究委託機関により調査が行われ、その報告書を基に欧州委員会で審査・立法された(新コミトロジー手続き)後、欧州議会と理事会から異議がなければ附属書III6(a)、6(a)-Iの改訂が官報により公告されます。


なお、更新申請が受理されると更新申請に対する結論が決定するまでは、有効期限後も現在の適用除外の内容がそのまま有効となります。 一方、期日までに更新申請がない場合は、定められた有効期限で終了となり、以降は使用が出来なくなります。 適用除外の申請手順や過去および現在進行中の技術審査の状況についての情報がEUのHP3)に出ていますのでこちらも参考になります。


なお、最新の官報の調査方法は、欧州連合の法令関連公開サービスであるEU-lex(EU法データベース)4)を用います。 鉛の適用除外に関する官報を調べたい場合は、検索ボックスに例えば「RoHS exemption lead」と入力し検索ボタンを押した後、「Sort by」を「Document Date」にすると最新のものから並びます。 検索キーワードがハイライトされますので、関連文書を確認することができます。


(参考サイト)

1) https://eur-lex.europa.eu/legal-content/EN/TXT/?uri=uriserv%3AOJ.L_.2018.123.01.0103.01.ENG

2) https://ec.europa.eu/environment/waste/rohs_eee/pdf/Exemptions%20list%20-%20validity%20and%20rolling%20plan_7Feb%2019_public.xlsx

3) https://ec.europa.eu/environment/waste/rohs_eee/adaptation_en.htm

4) https://eur-lex.europa.eu/homepage.html?locale=en

0回の閲覧

© 2011-2019  一般社団法人東京環境経営研究所

  • Facebook - White Circle
  • YouTube - White Circle
  • アマゾン - ホワイト丸