当解説は筆者の知見、認識に基づいてのものであり、特定の会社、公式機関の見解等を代弁するものではありません。法規制解釈のための参考情報です。

法規制の内容は各国の公式文書で確認し、弁護士等の法律専門家の判断によるなど、最終的な判断は読者の責任で行ってください。

  • tkk-lab

Q584.EU離脱後のイギリスでのCEマーキング対応について

2020年09月04日更新

【質問】

当社は電気電子機器をEUに輸出しています。 今回、イギリスへの輸出を検討していますが、EU向けの製品に貼り付けているCEマークをそのまま使用可能か教えていただけるようお願いいたします。

【回答】

英国はBrexit後も2020年12月末までを移行期間とし、CEマーキングを従来通り使用できるとしています。 2021年以降はできるだけ早く新しい英国のマーキング制度であるUKCAマーキングへ移行することを推奨しつつも、次のいずれかに該当するならば、2021年12月31日まで引続きCEマーキングを使用できます。 なお、ここでの英国はイングランド、ウェールズ、スコットランドを指し、北アイルランドは含みません。


・自己宣言に基づいてCEマーキングを適用している

・EU認定のNB(Notified Body)による第3者評価を行っている

・英国認定のNBによる適合証明がEU認定のNBに移管されている


ただし、次の製品はCEマークが使えず、英国国内法の適用となります。


・オールドアプローチで規制されている商品

  (化学物質、薬品、自動車、航空宇宙機器など)

・英国国内法(英国製品安全法など)で規制されている商品

・医療機器、鉄道機器、建設資材、爆発物などの特殊製品


注意点として、2021年以降EUが規則を変更し、英国の要件と異なる新しいEU規則に基づいた商品にCEマークを付けると、英国でCEマークが使用できなくなります。 これは2022年より前に変更が発生した場合でも適用されます。 貴社が2022年以降も英国向け輸出を継続する計画ならば、英国が推奨している新しいUKCAマーキングを早めに導入することを勧めます。


また、商品が英国及びEU両方の規則に準拠しているならば、CEおよびUKCA両方のマーキングを付けることができます。 ただし、UKCAマークはEUでは認められません。


引用:

「ガイダンス:2021年1月1日からの英国への上市について」:

https://www.gov.uk/guidance/placing-manufactured-goods-on-the-market-in-great-britain-from-1-january-2021


1,907回の閲覧

最新記事

すべて表示

Q596.食品加工用ロボットの保護用手袋にCEマーキングが必要でしょうか

2021年04月22日更新 【質問】 食品加工用のロボットを開発しております。 ロボットの手の部分にディスポ保護手袋を使用しますが、EUに輸出する手袋にCEマーキングは必要でしょうか。 【回答】 食品加工用ロボットが貴社製品ならば、その機能(仕様)により、以下のCEマーキングなどが適用される可能性があります。 ・機械指令 Directive 2006/42/EC ・EMC指令 Directive

Q595.EMC指令は対象としRoHS指令は適用範囲外としてCEマーキングすることは可能でしょうか。

2021年04月02日更新 【質問】 EUの企業から研究開発用の機器の引き合いが来ました。顧客の購入仕様に合わせた設計をしていますが、一つの部品に鉛を使用しなくては性能がでません。 EMC指令などは対応しRoHS指令の適用範囲外としてCEマーキングは可能でしょうか。 【回答】 自社の製品へのCEマーキングの適用は、その製品がEU域内において、EUのニューアプローチ指令の製品(約25の指令及び規則)

Q594.EU向け以外でのCEマーキングの適用可否について

2021年03月26日更新 【質問】 オーストラリアに分析機器を輸出することになりました。 顧客からCEマーキングが要求されました。 EU向けでなくてもCEマーキングは可能でしょうか。 【回答】 CEマーキングは、EU域内で上市される指定分野の製品がEUの基準を満たしている場合に「CEマーク」を表示することができる、という制度です。 CEマーキングによってその製品が分野別のEU指令や規則に定められ

© 2011-2019  一般社団法人東京環境経営研究所

  • Facebook - White Circle
  • YouTube - White Circle
  • アマゾン - ホワイト丸