当解説は筆者の知見、認識に基づいてのものであり、特定の会社、公式機関の見解等を代弁するものではありません。法規制解釈のための参考情報です。

法規制の内容は各国の公式文書で確認し、弁護士等の法律専門家の判断によるなど、最終的な判断は読者の責任で行ってください。

  • tkk-lab

Q584.EU離脱後のイギリスでのCEマーキング対応について

2020年09月04日更新

【質問】

当社は電気電子機器をEUに輸出しています。 今回、イギリスへの輸出を検討していますが、EU向けの製品に貼り付けているCEマークをそのまま使用可能か教えていただけるようお願いいたします。

【回答】

英国はBrexit後も2020年12月末までを移行期間とし、CEマーキングを従来通り使用できるとしています。 2021年以降はできるだけ早く新しい英国のマーキング制度であるUKCAマーキングへ移行することを推奨しつつも、次のいずれかに該当するならば、2021年12月31日まで引続きCEマーキングを使用できます。 なお、ここでの英国はイングランド、ウェールズ、スコットランドを指し、北アイルランドは含みません。


・自己宣言に基づいてCEマーキングを適用している

・EU認定のNB(Notified Body)による第3者評価を行っている

・英国認定のNBによる適合証明がEU認定のNBに移管されている


ただし、次の製品はCEマークが使えず、英国国内法の適用となります。


・オールドアプローチで規制されている商品

  (化学物質、薬品、自動車、航空宇宙機器など)

・英国国内法(英国製品安全法など)で規制されている商品

・医療機器、鉄道機器、建設資材、爆発物などの特殊製品


注意点として、2021年以降EUが規則を変更し、英国の要件と異なる新しいEU規則に基づいた商品にCEマークを付けると、英国でCEマークが使用できなくなります。 これは2022年より前に変更が発生した場合でも適用されます。 貴社が2022年以降も英国向け輸出を継続する計画ならば、英国が推奨している新しいUKCAマーキングを早めに導入することを勧めます。


また、商品が英国及びEU両方の規則に準拠しているならば、CEおよびUKCA両方のマーキングを付けることができます。 ただし、UKCAマークはEUでは認められません。


引用:

「ガイダンス:2021年1月1日からの英国への上市について」:

https://www.gov.uk/guidance/placing-manufactured-goods-on-the-market-in-great-britain-from-1-january-2021


2,376回の閲覧

最新記事

すべて表示

2022年01月07日更新 【質問】 当社はEUへの半導体製造装置の輸出を計画しています。 半導体製造装置にはCEマーキングは不要と考えていますが、その保守用パーツについてはどういう扱いになるでしょうか? その部品は単品で輸出する可能性もあります。 【回答】 CEマーキングはEUに製品を輸出する場合にその製品がEU指令の要求事項を遵守していることを示すものです。 半導体製造装置の場合は、機械指令1

【質問】 当社は医療機器メーカーです。 ドイツに輸出するために第三者認証によるCEマーキングの適合宣言書をすでに作成済です。 新しく英国(GB)から引き合いが来ました。英国(GB)では、CEマーキングをいつまで利用できますか。 また、UKCAマーキングに変更するためにこの適合宣言書は使用可能でしょうか。 【回答】 一般的には英国(GB)で、移行措置として2022年12月31日まではUKCAマークの

2021年12月17日更新 【質問】 当社は北アイルランドに電気電子機器を輸出しています。 英国ではCEマーキングの継続使用は2022年12月31日までとなっていますが、2023年1月1日以降も継続して使用できるか教えて下さい。 【回答】 イギリス(正式名称:グレートブリテン(GB)及び北アイルランド(NI)連合王国 United Kingdom of Great Britain and Nort