当解説は筆者の知見、認識に基づいてのものであり、特定の会社、公式機関の見解等を代弁するものではありません。法規制解釈のための参考情報です。

法規制の内容は各国の公式文書で確認し、弁護士等の法律専門家の判断によるなど、最終的な判断は読者の責任で行ってください。

  • tkk-lab

Q584.EU離脱後のイギリスでのCEマーキング対応について

2020年09月04日更新

【質問】

当社は電気電子機器をEUに輸出しています。 今回、イギリスへの輸出を検討していますが、EU向けの製品に貼り付けているCEマークをそのまま使用可能か教えていただけるようお願いいたします。

【回答】

英国はBrexit後も2020年12月末までを移行期間とし、CEマーキングを従来通り使用できるとしています。 2021年以降はできるだけ早く新しい英国のマーキング制度であるUKCAマーキングへ移行することを推奨しつつも、次のいずれかに該当するならば、2021年12月31日まで引続きCEマーキングを使用できます。 なお、ここでの英国はイングランド、ウェールズ、スコットランドを指し、北アイルランドは含みません。


・自己宣言に基づいてCEマーキングを適用している

・EU認定のNB(Notified Body)による第3者評価を行っている

・英国認定のNBによる適合証明がEU認定のNBに移管されている


ただし、次の製品はCEマークが使えず、英国国内法の適用となります。


・オールドアプローチで規制されている商品

  (化学物質、薬品、自動車、航空宇宙機器など)

・英国国内法(英国製品安全法など)で規制されている商品

・医療機器、鉄道機器、建設資材、爆発物などの特殊製品


注意点として、2021年以降EUが規則を変更し、英国の要件と異なる新しいEU規則に基づいた商品にCEマークを付けると、英国でCEマークが使用できなくなります。 これは2022年より前に変更が発生した場合でも適用されます。 貴社が2022年以降も英国向け輸出を継続する計画ならば、英国が推奨している新しいUKCAマーキングを早めに導入することを勧めます。


また、商品が英国及びEU両方の規則に準拠しているならば、CEおよびUKCA両方のマーキングを付けることができます。 ただし、UKCAマークはEUでは認められません。


引用:

「ガイダンス:2021年1月1日からの英国への上市について」:

https://www.gov.uk/guidance/placing-manufactured-goods-on-the-market-in-great-britain-from-1-january-2021


544回の閲覧

最新記事

すべて表示

Q585.RoHS(II)指令の分析データの有効性について

2020年09月11日更新 【質問】 電気電子機器の部品を製造しています。 販売先よりRoHS(II)指令の調査の依頼があり、分析データを提出する予定です。 その分析データはISO17025の認定試験所で分析したものでないと有効ではないのでしょうか。 【回答】 ISO/IEC 17025は試験所認定と言われており、特定の種類の試験及び構成を実施する試験所の技術能力を証明する手段の一つです。 認定を

Q583.IEC62474のDSLはすべて情報伝達が義務なのか?

【質問】 RoHS指令の整合規格が「EN IEC 63000:2018」に改定されましたが、RoHS指令の適合宣言をするためには、EN IEC 63000:2018が引用しているIEC 62474のDSL全部を対象とした管理が必要となるのでしょうか。 【回答】 EN IEC 63000:2018はEN50581:2012に替り、RoHS指令の整合規格として2020年5月18日に指定されました。 な

Q582.設計変更した場合の適合宣言について

2020年07月31日更新 【質問】 当社はEUに電気電子機器を輸出しています。 輸出するに際し、RoHS(II)指令に対する適合宣言を輸出先に実施済です。 今回、設計変更を行うことになりましたが、設計変更を行った場合、適合宣言をやり直す必要はあるのでしょうか。 【回答】 RoHS(II)指令(2011/65/EU)では2013年1月3日以降に上市する製品に対して、CEマーキング制度が適用され、R

© 2011-2019  一般社団法人東京環境経営研究所

  • Facebook - White Circle
  • YouTube - White Circle
  • アマゾン - ホワイト丸