当解説は筆者の知見、認識に基づいてのものであり、特定の会社、公式機関の見解等を代弁するものではありません。法規制解釈のための参考情報です。

法規制の内容は各国の公式文書で確認し、弁護士等の法律専門家の判断によるなど、最終的な判断は読者の責任で行ってください。

  • tkk-lab

Q593.UKCAマーキングに必要な技術文書の適用規格について

2021年02月12日更新

【質問】

当社は電気電子機器へのUKCAマークの貼り付けを考えています。EU RoHS指令対応のためのCEマーキングの際、作成する技術文書の適用規格であるEN50581が2021年11月18日にEN IEC 63000に置き換わることを聞いています。UKCAマーキングの場合はどうなのでしょうか。UKCAマーキングに必要な技術文書の適用規格の内容について教えて下さい。

【回答】

UKCA(UK Conformity Assessed)マークは、英国(イングランド、スコットランド、ウェールズ:UK)域内で上市する特定の製品に対してEUのCEマークに代わって必要となるマークです。注1)


UKにおけるEU RoHS指令の国内法である「電気・電子機器における特定有害物質の使用の制限規則(2012 No.3032)」注2)は、UKの離脱に伴い「廃棄物(その他の改正)(EU離脱)(2)規則2019(2019 No.188)」注3)等により改正されています。この改正により、製造者はEUの法令Decision No768/2008/ECの附属書ⅡのモジュールAに代わり、2019 No.188の別表パート4に記載されている内部生産管理手順に基づいた適合性評価を実施することになりました。 この適合性評価に最低限必要な要素として記載されている事項は、EUのCEマーキングを定めたDecision No768/2008/ECの附属書ⅡのモジュールAの適合性評価の証拠となる技術文書とほぼ同じです。


UKCA マーキングの使用に関するガイダンスの「技術文書」、「英国の適合宣言」の中でも、英国の規格は現在EUで使用されている規格と実質的に同じである旨が記載されています。 技術文書の保管期間もEUと同様に製品の上市後10年間保管する必要があります。


UKにおいて国内法へ準拠するために企業は各EU法の整合規格を引用した「指定規格」に従う必要があります。 注4)参照先から「電気・電子機器における特定有害物質の使用の制限規則(2012 No.3032)」の指定規格は、EU RoHS指令の整合規格と同じく、EN50581:2012とEN IEC 63000が記載されています。注5)

 

EN IEC 63000は、欧州電気技術標準化委員会(CENELEC)が承認した 有害物質の制限に関して電気電子製品(EEE)の評価のための技術文書に関するガイダンスを提供する規格であり、RoHS指令(2011/65/EU)の欧州整合規格であるEN 50581:2012に基づいて作成されています。注6)EN IEC 63000は、EU RoHS指令対応のためのCEマーキングの際に作成する技術文書の整合規格として新たに採用することが発表されています。注7)なお、UKにおけるEN50581:2012の適用の期限は、EUと同様に2021年11月18日となっています。


以上のことからUKCAマーキングに必要な技術文書の適用規格は、CEマーキングと同様にEN IEC 63000を参照することになります。

今後は「指定規格」の変更等に留意が必要です。


注1)UKCA マーキングの使用に関するガイダンス

https://www.gov.uk/guidance/using-the-ukca-marking


注2)The Restriction of the Use of Certain Hazardous Substances in Electrical and Electronic Equipment Regulations 2012(2012 No. 3032)

https://www.legislation.gov.uk/uksi/2012/3032/contents/made


注3)The Waste (Miscellaneous Amendments) (EU Exit) (No. 2) Regulations 2019(2019 No.188)

https://www.legislation.gov.uk/uksi/2019/188/regulation/18#regulation-18-7-a


注4)指定規格に関するガイダンス

https://www.gov.uk/guidance/designated-standards


注5)THE DEPARTMENT FOR ENVIRONMENT, FOOD AND RURAL AFFAIRS NOTICE OF PUBLICATION0037/21 of 1 January 2021

https://assets.publishing.service.gov.uk/government/uploads/system/uploads/attachment_data/file/942086/ds-0037-21-rohs-notice.pdf


注6)New CENELEC standard: With EN IEC 63000:2018, European environmental standards conquer the world

https://www.cencenelec.eu/News/Brief_News/Pages/TN-2019-009.aspx


注7)委員会実施決定(EU)2020/659、2020年5月15日

https://eur-lex.europa.eu/legal-content/EN/TXT/HTML/?uri=CELEX:32020D0659&from=EN


256回の閲覧

最新記事

すべて表示

Q592.UKCAマーキングにおける宣言方式について

2021年01月22日更新 【質問】 当社は英国に電気電子機器を輸出しています。 RoHS(II)指令の適合についてはモジュールA(自己宣言)を採用しています。英国ではUKCAマーキングが適用になりますが、同様に自己宣言方式で対応できるのでしょうか。 【回答】 UKCA(英国適合査定)マークは英国(イングランド、スコットランド、ウェールズ:UK)域内で上市する特定の製品に対して必要となるマークです

Q591.RoHSで追加される特定有害物質の動向について

2021年01月08日更新 【質問】 EU環境総局がRoHS指令の特定有害物質の追加を検討していると聞きました。 追加になる化学物質の状況を教えてください。 また2021年7月21日に期限となる附属書IIIの延長の動向について教えて下さい。 【回答】 RoHS指令で追加される特定有害物質の動向と適用除外に関する検討はパック15からパック22で進められており、その経過はOeko-Institut e

Q590.RoHS(II)指令対応のためのエビデンス入手と取引先調査の定期的実施について

202012月25日更新 【質問】 当社はCEマーク取得製品を製造販売しています。 RoHS(II)指令対応のために部品のエビデンス入手と取引先評価を2年に1回定期的に実施していますが、対象部品の増加によりそれに掛かる工数が増えています。 法規制上、定期的に行う必要があるのか教えて下さい。後、工数を減らす対策があれば教えて下さい。 【回答】 ご質問に関連する論点を整理します。 1.技術文書による遵

© 2011-2019  一般社団法人東京環境経営研究所

  • Facebook - White Circle
  • YouTube - White Circle
  • アマゾン - ホワイト丸