© 2011-2019  一般社団法人東京環境経営研究所

  • Facebook - White Circle
  • YouTube - White Circle
  • アマゾン - ホワイト丸

当解説は筆者の知見、認識に基づいてのものであり、特定の会社、公式機関の見解等を代弁するものではありません。法規制解釈のための参考情報です。

法規制の内容は各国の公式文書で確認し、弁護士等の法律専門家の判断によるなど、最終的な判断は読者の責任で行ってください。

  • tkk-lab

中国 グリーン商品識別管理規則が施行されました

2019年6月11日更新


2019年5月7日に国家市場監督管理総局(State Administration for Market Regulation)は、グリーン商品識別管理規則(绿色产品标识使用管理办法)1)を公布し、6月1日に施行しました。

規則によるグリーンマーク(ロゴ)が中国RoHS(II)管理規則にも適用されます。

主要事項を解説します。


規則第2条 目的

市場監督管理総局は、グリーン製品ロゴを明らかにし、グリーン製品識別情報プラットフォーム(以下、情報プラットフォームと呼ぶ)を構築および管理し、グリーン製品識別の監督および管理を実施する。

グリーン製品認証システムと組み合わせて、関連認証機関および認証会社は、必要に応じてグリーン製品識別を自発的に使用する。

グリーン製品のロゴを使用するときは、これらの措置に明記されている関連要件を順守する。


第3条 グリーン製品識別の適用範囲

(1)認証活動1:国家統一グリーン製品認定リストに記載された製品について、認定機関が、グリーン製品評価基準に従い、市場監督管理総局の策定・公表したグリーン製品認定規程に従い実施する認証活動

(2)認証活動2: 市場監督管理総局と国務院の関連部門が共同で一体推進している資源、エネルギー、環境、品質などのグリーン属性(環境保護、省エネルギー、節水、リサイクル、低炭素、再生、有機物、有害物質など。以下、グリーン特性という)を含む認証システムについて、認証機関による関連認証規則および評価基準に従って実施される認証活動

(3)市場監督管理総局と国務院の関連部署と連携して推進するグリーン特性への自己宣言等の適合性評価活動

規則第4条 グリーン製品ロゴの基本パターン

ロゴの基本パターンを図1に示す。








認証製品またはその付属文書にこのマークを使用する場合、発行機関の証明書はグリーン製品マークの右側にマークする。

認証活動1のグリーン製品識別スタイルは次とする。




認証活動2のグリーン製品識別スタイルは次とする。





ロゴの圧縮ファイル(rar)2)がダウンロードできます。

中国RoHS(II)管理規則の非含有要求目録製品は認証活動2が指定されます。


規則第7条 認証機関

認証活動2に規定する認証活動に従事する認証機関は、市場監督管理総局の承認を受け、その承認の範囲内で認証活動に従事し、グリーン製品の識別を行う。

認定認証機関は、これらの措置の要件と併せて、機関のグリーン製品ロゴを使用するための管理要件を策定し、公表しなければならない。

認証機関が認証企業にグリーン製品ロゴの使用を許可する場合、情報プラットフォーム(www.chinagreenproduct.cn)に認証情報報告を記入する。


規則第10条 他のグリーン属性適合性評価活動がグリーン製品識別を使用する場合、具体的な使用方法および適合情報の提出要件は、対応するシステム計画に明記されなければならない。

RoHS(II)管理規則の「電器電子製品有害物質制限使用」は「他のグリーン属性適合性評価活動」になると解釈できます。

2019年5月16日に告示されたRoHS(II)管理規則「電器電子製品に有害物質を使用するための適合性評価システム実施計画(电器电子产品有害物质限制使用合格评定制度实施安排:合格評価制度)3)」では、次のロゴが指定されています。





(松浦徹也)

引用

1) http://gkml.samr.gov.cn/nsjg/rzjgs/201905/t20190507_293448.html

2) http://www.chinagreenproduct.cn/GPIA/static/files/P020190516580403402719.rar

3) http://gkml.samr.gov.cn/nsjg/rzjgs/201905/t20190517_293827.html