当解説は筆者の知見、認識に基づいてのものであり、特定の会社、公式機関の見解等を代弁するものではありません。法規制解釈のための参考情報です。

法規制の内容は各国の公式文書で確認し、弁護士等の法律専門家の判断によるなど、最終的な判断は読者の責任で行ってください。

  • tkk-lab

フタル酸エステル類の移行に関する論文の紹介

2019年10月15日更新


RoHS(II)指令の制限物質として追加されたフタル酸エステル類は、移行性が高いとしてその対応が悩ましい問題となっています。

工場内のすべての塩ビマットの撤去、工場内のすべての工具類についてRoHS(II)指令の適合性を確認し、工具はに専用化することの要求などが、今もってあります。


フタル酸エステル類は、移行性が高いと知られていますが、そこまで考える必要はないと思えるものも多々あります。

顧客(それも大手)から工具類についてRoHS(II)指令の適合性を確認することが要求されると、疑念に思いつつも川中の中小企業は従わざるを得ないのが実情です。


フタル酸エステル類の移行性に関する情報や測定データ類は、J-Net21 ここが知りたいRoHS指令のコラムでご紹介してきました。

移行に関する信頼性の高い機関からの情報があれば、顧客の過剰な要求への説明ができると思います。


(地独)東京都立産業技術研究センターのフタル酸エステル類の移行性に関する論文をご紹介します。

いずれも移行はあるが、短時間では法規制に抵触するような濃度での移行のリスクは高くないとしています。


下記からその論文をご確認ください。

TIRI News で解説しています。

FT-IR、ラマン分光法による非破壊検査法の論文です。

https://www.iri-tokyo.jp/book/list/book36.html

https://www.iri-tokyo.jp/book/list/book44.html

GC-MSによる移行量の測定の論文です。

https://www.iri-tokyo.jp/book/list/book51.html


(松浦 徹也)

最新記事

すべて表示

© 2011-2019  一般社団法人東京環境経営研究所

  • Facebook - White Circle
  • YouTube - White Circle
  • アマゾン - ホワイト丸