top of page

当解説は筆者の知見、認識に基づいてのものであり、特定の会社、公式機関の見解等を代弁するものではありません。法規制解釈のための参考情報です。

法規制の内容は各国の公式文書で確認し、弁護士等の法律専門家の判断によるなど、最終的な判断は読者の責任で行ってください。

  • 執筆者の写真tkk-lab

[満員御礼:6月の講座は締め切りました] セミナーのご紹介:RoHS/REACHに対応する自律的マネジメントシステムの構築


*6月28日の講座は満員につき、お申し込みは締め切りさせていただきました。多数の方にお申し込み頂きまして、ありがとうございました。

 なお、8月28日の講座は引き続き募集しております。


 日本企業は、海外特にEUの規制法の動向にナーバスで、新規法規制や改正情報の入手に注力しています。最近の傾向として、新情報入手が目的化しており危惧されます。

 EUの遵法の基本は「遵法のためのデューデリジェンス(DD: Due Diligence)」で、法規制の本質を知り、自社の製品や状況を踏まえて、仕組みで遵法宣言を行うことが求められています。最新情報を入手することは必要不可欠ですが、それだけでは十分でなく、新たな情報を自社の中でどのように利用するかが求められています。

DDは、第三者に説明できなくてはならならなく、自律的なマネジメントシステムのCAS(Compliance Assurance System 遵法システム)が必要となります。

 本講座は、講師による説明に加えて、補助資料、事前質問、当日質問(Chatやface-to-face)、後日のフォロー質問や参加者間の情報共有が充実しています。さらに秋頃実施予定の「体験編」では自社のCASの在り方やレビューを行います。

 同時に、受講者個人がリスキリングのための法規制対応何が求められているか、自分に向いているかを知り、深めるべき内容を知り、実務に生かす具体化手順を知ることができるようになります。国をあげて提唱している「リスキリング」のスタート切るきっかけを提供することも目指しています。

 今年の本講座は、ハイブリッド形式で開催します。是非、対面で日頃の疑問を気軽に講師に問いかけをしたり、受講者間で情報交換をしたりして、講座企画外の情報を入手してください。

 リアル、Webでお目にかかれることを楽しみにしております。

           一般社団法人 東京環境経営研究所 理事長

         一般社団法人 産業環境管理協会 技術参与

           松浦 徹也  (中小企業診断士・環境計量士)


【日時】

本質を理解する:2024年 6月28日(金)10:00~17:00

変化を読む  :2024年 8月28日(水)10:00~17:00


 *本コースのゴールである「第3回体験編」は秋頃開催予定です。


【募集人員】

各日:60名(会場受講:40名、オンライン受講:20名)

(先着順にて承ります。)


【内容】

1) 本質を理解する:輸出製品に要求される日米欧中の環境・化学物質規制法の基本的要求

・環境規制の歴史

  SDGsの潮流と環境先進国EUの環境政策

・アメリカの環境規制及び中国の環境規制法

  アメリカ連邦法と州法や及び新規化学物質環境管理登記弁法と中華人民共和国製品品質法

・REACH規則の本質

  登録、評価、認可と制限の狙い

・化学物質の分類・表示のGHS(Globally Harmonized System of Classification and Labelling of Chemicals)とCLS

・EU RoHS指令の本質とCEマーキング

  制定経緯と基本要求事項

・中国RoHS管理規則の本質

  EU RoHS指令との差異

・Q&A

*終了後、個別相談会(事前申込要)


2) 変化を読む:輸出製品に要求される環境・化学物質規制法の論点、日米欧中以外の気になる規制法

・EUの新たな規制法の概要

  GPSR、CSDDD、エコデザイン規則、電池規則、プラスチック規制など

・新たな規制物質をめぐる改正動向

  PFAS、マイクロプラチック、MCCP、デクロランプラスやUV328など

・EU REACH規則をめぐる改正動向

・EU RoHS指令をめぐる改正動向

・アメリカの化学物質規制法(連邦法と州法)及び南米、オセアニアの化学物質規制法の動向

・中国の化学物質規制法及びアジアの化学物質規制法の化学物質規制法の動向

・Q&A

*終了後、個別相談会(事前申込要)


【対象者】

本質を理解する:新任法規制対応者

変化を読む  :日常的に実務として法規制対応をしている中級担当者


【開催方法】

①対面開催:40名

②オンライン開催:20名

・ZOOMを利用したオンライン講座です。受講要項をご確認の上、お申込みください。

・PC、スマートフォン、タブレットでもご受講いただけます。

*ご受講書類は、お申込みいただいたご住所宛に事前に郵送いたします。テキスト及び副読本は受講日前日までにダウンロード形式で配布いたします。


会場 かながわサイエンスパーク内講義室(川崎市高津区坂戸3-2-1)

・JR南武線「武蔵溝ノ口」・東急田園都市線「溝の口」下車 シャトルバス5分

・JR 新横浜駅より東急バス(有料)直行「溝の口駅」行き30分、「高津中学校入口」下車徒歩3分


【主催】

地方独立行政法人 神奈川県立産業技術総合研究所(KISTEC)


お申込み、詳細のご確認は以下のURLよりお願い致します。



閲覧数:262回

最新記事

すべて表示

EU玩具安全規則の制定に向けた動きについて

2024年06月14日更新 EU域内で玩具を規制する玩具の安全性に関する指令(玩具安全指令2009/48/EC)(*1)は、改定が検討されており、その状況は当コラムでも以前にご紹介しました(*2)。この検討は過去にEU全体で一貫性のない規制改正が適用されていることや製品パスポートの導入によりEU域外国境での関連規制となるため、基礎となる法的文書が規則である必要があることなどから規則として規制する方

RoHS指令 附属書IIIが改正されました

2024年06月10日更新 欧州委員会はRoHS指令(2011/65/EU)の附属書III項目39を改正する欧州委員会委任指令(C/2024/1573)を5月21日に官報掲載しました1)。以降、その主な内容を説明します。 1. 対象物質 1.1 カドミウムに関する適用除外 RoHS指令附属書IIには、制限物質及び均質材料中の許容最大濃度値が掲載されていますが、カドミウムだけは1桁厳しく0.01wt

Q646.中国RoHSにおける含有量表示について

2024年06月07日更新 【質問】 中国RoHSでSJ/T11364により含有量表示をしなくてはなりませんが、表に入れる部品名は全部品でしょうか。当社製品は1,000部品近くあり、営業秘密で開示したくない部品もあります。 _________________________________________ 【回答】 貴社の電器電子製品が、中国RoHSで規制されている有害物質を含有する部品を使用して

Σχόλια


bottom of page