当解説は筆者の知見、認識に基づいてのものであり、特定の会社、公式機関の見解等を代弁するものではありません。法規制解釈のための参考情報です。

法規制の内容は各国の公式文書で確認し、弁護士等の法律専門家の判断によるなど、最終的な判断は読者の責任で行ってください。

  • tkk-lab

Q622.RoHS指令における特定有害物質の非含有確認を分析試験で行う場合の試験機関について

2022年07月15日更新

【質問】

RoHS指令の特定有害物質の非含有確認を分析試験で行う場合は、ISO17025の認定試験所の必要があるでしょうか。

 

【回答】

RoHS指令において、技術文書に用いる特定有害物質の非含有確認の分析試験に関しては、整合規格EN IEC 63000:2018の4.3.3項で、IEC 62321(電気・電子機器中の特定物質の測定定量)シリーズに基づく分析結果を要求しています1)2)。 特に発行年を定めていないため、最新版での分析が要求されています。


IEC 62321シリーズは、試料の調整方法や蛍光X線分光法によるスクリーニング、GC-MSによる特定物質の精密分析方法などが定めていますが、試験機関に対する規定はありません。

従って、ご質問にある分析試験を行う場合には、RoHS指令ではIEC 62321シリーズによる分析試験を要求していますが、ISO17025認定試験所での分析結果は求めておらず義務化はされていません。


なお、ISO17025の認定試験所とは、ISO/IEC 17025(試験及び校正を行う試験所の能力に関する一般要求事項)に基づき3)、第三者認証機関による審査によって、特定の種類の試験又は校正を行う能力を有していることを認定された試験所です。 世界各国において試験所認定を試験所の技術的能力の判断基準としており、認定試験所で発行された分析試験結果は、国際的に信頼できる資料として取り扱われます。


また、整合規格EN IEC 63000:2018に関連するIEC 63000:2016が2022年1月に改訂されました4)。 引用規格はIEC 62474:2012でしたが、IEC 62474:2012が2018年11月に改訂されてIEC 62474:2018が最新版となったため、IEC 63000はこの改訂に対応した修正が行われました。具体的には、引用規格の更新と材料宣言での規定の更新(「IEC 62474:2012の4.2.3項」から「IEC 62474:2018およびIEC 62474:2018 /AMD1:2020の4.4.2項または4.5.4項」に変更)です。


これらの改訂を受けて、今後、整合規格EN IEC 63000:2018およびRoHS指令の見直しが想定されますので、注意が必要です。


1) EN IEC 63000:2018

https://standards.cencenelec.eu/dyn/www/f?p=CENELEC:110:::::FSP_PROJECT,FSP_ORG_ID:62349,1258637&cs=1261D2A11838B65AE768BF85A1D126D3E


2) IEC 62321シリーズ

https://webstore.iec.ch/searchform&q=62321


3) ISO/IEC 17025

https://www.iso.org/ISO-IEC-17025-testing-and-calibration-laboratories.html


4) IEC 63000:2016/AMD1:2022

https://webstore.iec.ch/publication/66612


5) IEC 62474:2018+AMD1:2020 Consolidated version

https://webstore.iec.ch/publication/68173


閲覧数:796回

最新記事

すべて表示

2022年11月18日更新 【質問】 英国政府より意見募集されたRoHS適用除外(UKCA)の申請費用に関する課金について教えてください。 この提案が採択されれば申請の単位はどのような形になるのでしょうか。 【回答】 2022年7月にUK RoHS規則の適用除外の申請費用に対する課金に関する法案(1)が英国政府より提出され、意見募集(2)が行われました。 この法案は、従来と同様に申請人に関係なく用

2022年10月21日更新 【質問】 EU RoHS (I)指令に準拠した電気製品を引き取り修理することになりました。 修理品はRoHS(II)指令に適合させてCEマーキングの対応をしなくてはならないのでしょうか。 【回答】 ご質問の件、2006年7月1日以前に上市された電気製品の交換部品など上市時期や用途によっては、修理時点での基準は適用されません。 また、修理の内容が設計段階で想定された用途、

2022年10月14日更新 【質問】 中国向け電気製品の技術文書はEU CEマーキングの技術文書を流用してよいでしょうか。 【回答】 回答といたしましては、中国向け電気製品の技術文書をEU CEマーキングの技術文書を流用することは可能ですが、EURoHS向け技術文書と中国RoHS向け技術文書を、同じ内容の文書作成の規格に従い、同様の材料宣言の要件を満たすことが必要です。 以下、適合性を証明と技術文