top of page

当解説は筆者の知見、認識に基づいてのものであり、特定の会社、公式機関の見解等を代弁するものではありません。法規制解釈のための参考情報です。

法規制の内容は各国の公式文書で確認し、弁護士等の法律専門家の判断によるなど、最終的な判断は読者の責任で行ってください。

  • 執筆者の写真tkk-lab

Q631.UKCAマークの法律導入前の表示について

2023年02月24日更新

【質問】

UKCAマークを製品上のラベルや取扱説明書に現在表示しています。 UKCAマーク義務化前の表示は認められていますでしょうか。 義務化まで、およびその後の注意点を教えていただけますでしょうか?

 

【回答】

英国のEU離脱に伴い、CEマークからUKCAマークへの変更が必要になりましたが、現在は移行期間であり、製品上のラベルや取扱説明書にUKCAマークを表示することは問題ありません。 ただし、これらは2027年12月31日までの経過措置であるため、それ以降は本来の規則に従った表示が求められます。 以下にUKCAマークの表示に関する今後の流れを解説します。


英国政府は、2021年1月1日より、UKCAマーキングを開始しましたが、、企業の対応期間を確保するため、移行期間が設けられました。 当初UKCAマークの表示義務の開始を、2022年1月1日としておりましたが、その後1年延長し、2022年11月にはさらに2年延長して2025年1月1日になるとアナウンスしました(1)。 そのため、2024年12月31日までは引き続きCEマークを使用できることになりますが、それ以降はUKCAマークが必須となります。 それ以前であっても、もちろんUKCAマークの表示は可能です。


また、UKCA導入ガイダンスVer.2(3)によると、緩和措置として製品へ添付したラベルへの表示や取扱説明書などの添付資料への表示を認めるとしています。 これらのラベルや添付資料はエンドユーザーに届くまで製品に付帯していることが求められます。 サプライチェーンをバッチとして移動する場合、たとえば1,000ユニットがディストリビューターAからディストリビューターBに移動する場合、UKCAマーキングに添付する必要のある情報がすべてのユニットに適用される場合は、1つの添付文書で十分ですが、ディストリビューターBがユニットを分割して別々のディストリビューターC、D、およびEに供給する場合、分割された各ユニットには文書を添付する必要があるとしています。


ただし、上記の緩和措置は時限的ものです。 この文書では2025年12月31日までとなっており、その後表示義務の開始時期が2年延長されたことに伴い、UKCAマークガイダンスでは2027年12月31日まで延長される法律が導入予定とされています。 いずれにしろ現在はこのルールが適用されていますので、製品上のラベルや取扱説明書への表示は問題ありませんが、2028年1月1日以降は本来のルールに従った表示が求められます。


UKCAマークの表示方法については、製品毎の規則に従う必要があります。 英国政府の企業向け製品安全性ガイダンスのサイト(4)に、製品毎の従うべき規則が示されていますので参考にしてください。 例えば、電気製品であれば以下の電気機器安全規制2016(5)、玩具であれば玩具安全規制2011(6)といった具合です。


・電気機器安全規制2016

~製造業者はまた、関連する適合性評価手順を実施し、技術文書を作成する必要があります。 これが完了したら、製造業者は適合宣言を作成し、UKCAマーキングを目に見えて、読みやすく、消えないように機器に貼り付ける必要があります。 機器の性質上、これが不可能または保証されない場合は、パッケージおよび添付書類にUKCAマーキングを貼付する必要があります。


・玩具(安全)規制2011

~適合宣言書を作成し、UKCAマーキングを貼付するには、おもちゃ、またはおもちゃのパッケージに貼付されたラベルに、目に見えるように、読みやすく、消えないように貼付してください。 2027年3月11日まで、UKCAマーキングはおもちゃに付属する文書に貼付される場合があります。 おもちゃが小さすぎる場合、または小さな部品で構成されている場合は、おもちゃに貼られていないラベルまたはおもちゃに付属のリーフレットにUKCAマーキングを貼付することができます。


いずれも、製品が小さいなど、UKCAマークを製品上に貼り付けることが難しい場合に、別の方法を認めています。 電気機器の場合にはパッケージ及び添付書類に、玩具の場合にはおもちゃに貼られていないラベルまたは附属のリーフレットへの貼付が認められていますが、製品上に表示することが可能な場合には製品上に表示ずることが義務付けられています。 貴社の製品が従うべき規則を確認し、期限までに準備を進めてください。


(参考)

(1)UKCAマーク表示義務開始の延長


(2)UKCAマーク使用ガイダンス


(3)UKCA導入ガイダンスVer.2


(4)企業向け製品安全性ガイダンス


(5)電気機器安全規制2016


(6)玩具安全規制2011


閲覧数:767回

最新記事

すべて表示

Q642.台湾電池規制に関する認可番号の取得について

【質問】 乾電池、ボタン電池を内蔵した産業用機械を台湾に輸入しようとしています。この電池が規制対象の電池の場合、この電池についてカドミウム、水銀の含有が無いデータを添えて、台湾当局に申請をして認可番号を取得する必要があるでしょうか? 【回答】 台湾では、「乾電池の製造、輸入、販売の制限」公告により1)、対象となる電池は、ご質問のように装置に組み込んで同梱する場合も含めて、指定分析機関での水銀及びカ

Q642.フランスのポリスチレン包装材の禁止法

2023年12月01日更新 【質問】 ポリスチレン包装材がフランスで禁止されると聞きました。 発泡スチロール容器も対象でしょうか。 【回答】 フランスの発泡スチロール容器の使用規制は「リサイクルできない」という条件があります。 貴社の販売方法などのビジネスモデルにより規制対象の該否が分かれます。 以下、規制内容をご紹介します。 §1 ポリスチレン包装材の規制 フランスのポリスチレン包装材は、環境コ

Q641.トルコRoHSの輸入者の義務について

2023年11月03日更新 【質問】 トルコRoHSの輸入者の義務として輸入者情報の記載が求められています。 これは輸入通関時ではなく「トルコのユーザーに納入する時」という意味で現地代理店が対応するという認識でよいのでしょうか。 【回答】 トルコで電子・電気機器(EEE)を輸入する事業者は、EEEの上市前に「電気・電子機器の特定有害物質使用制限規則」(トルコ版RoHS指令:ELEKTRİKLİ V

bottom of page