top of page

当解説は筆者の知見、認識に基づいてのものであり、特定の会社、公式機関の見解等を代弁するものではありません。法規制解釈のための参考情報です。

法規制の内容は各国の公式文書で確認し、弁護士等の法律専門家の判断によるなど、最終的な判断は読者の責任で行ってください。

  • 執筆者の写真tkk-lab

Q635.Pack22の内容とELVの除外用途との相違に関する整合の動きについて

【質問】

Pack22の内容とELVの除外用途との相違について整合をはかる動きはあるのでしょうか?

 

【回答】

RoHS指令1)のPack22の内容と、ELV指令の除外用途との相違に関する整合の動きについては、今のところ具体的な指令の改正の動きは見られません。


欧州における化学物質管理への最初の戦略的アプローチから18年たち、EUの化学政策の新しい長期ビジョンを描かれ、安全で持続可能な製品と生産方法への投資を誘致することを目的として、業界の変革のための明確なロードマップとタイムラインが提案されています。 そのような考えにより、RoHS指令やREACH指令、ELV指令などの規制などは、欧州グリーン・ディールの考え方に基づき、EU委員会により発表された「毒性のない環境に向けた持続可能性のための化学物質戦略」2)により、将来的に統合される可能性があります。


Pack22の内容

2022年1月13日のEU委員会が委託した調査会社(Oeko-Institut e.V.)により、Pack22と呼ばれる9個の適用除外のアセスメントの最終報告書2)が発表されました。 内容としては、Pack22 は RoHS 指令Annex III に収載され、有効期限がすでに経過している 9 種の適用除外用途を対象に見直し内容が勧告されています。 このうち、6(c)および 7(c)-II については、現状のまま、5 年間延長する内容となっています、残りの適用除外用途については、用途の細分化や文言の変更等が図られています。 なお、6(b)の更新申請については、現状のまま変更は行われていません。


以下に、勧告された内容、有効期限と範囲を記載します。


勧告された内容

Annex III, 6(a) and 6(a)-I

6(a): 重量比で 0.35 % までの鉛を含む機械加工用鋼および重量比で 0.35 % までの鉛を含む亜鉛めっき鋼中の合金元素としての鉛

6(a)-I: 重量比で 0.35 % までの鉛を含む機械加工目的の鋼の合金元素としての鉛

6(a)-II: 重量比で 0.2 % までの鉛を含むバッチ式溶融亜鉛めっき鋼部品の鉛

有効期限と範囲

6(a):カテゴリー8の体外診断用医療機器については、2023年7月21日まで有効

カテゴリー9の産業用監視・制御機器とカテゴリー11については、2024年7月21日まで有効

6(a)-I: 全カテゴリーで2024年7月21日まで有効

6(a)-II: 全カテゴリーで2026年7月21日まで有効


勧告された内容

Annex III, 6(b)/6(b)-I

6(b)-I:。鉛を含むアルミニウムスクラップのリサイクルから生じたアルミニウム中の合金元素としての重量比で 0.4% までの鉛。

6(b)-III:ただし、鉛を含有するアルミニウムスクラップのリサイクルから生じた、重量比で 0.3%のアルミニウム鋳造合金中の合金元素としての鉛

有効期限と範囲

6(b)-I: 全カテゴリーで決定後12ヶ月後まで有効

6(b)-III: 全カテゴリーで2026年7月21日まで有効


勧告された内容

Annex III, 6(b)-II

6(b)-II: 機械加工を目的としたアルミニウムの合金元素として重量比で 0.4 % までの鉛。

6(b)-IV: カテゴリー 1 EEE (大型家庭用電化製品) に適用されるガスバルブの鉛含有量が重量比で 0.4 % までの機械加工目的のアルミニウム合金元素としての鉛


有効期限と範囲

6(b)-II: 全カテゴリーで決定から18ヶ月後まで有効