top of page

当解説は筆者の知見、認識に基づいてのものであり、特定の会社、公式機関の見解等を代弁するものではありません。法規制解釈のための参考情報です。

法規制の内容は各国の公式文書で確認し、弁護士等の法律専門家の判断によるなど、最終的な判断は読者の責任で行ってください。

  • 執筆者の写真tkk-lab

Q670.フランス鉱物油規制におけるインキの範囲について

2023年10月27日更新

【質問】

フランス鉱物油規制についてインキの範囲はどのようになっているでしょうか。 たとえば、ニスはインキに含まれるのでしょうか? また、インキ以外の材料にMOAHとMOSHが含有していた場合、規制の対象になるのでしょうか?

 

【回答】

フランス鉱物油規制は、インキの規制ではなく包装材及び一般向け印刷物への鉱物油の使用を禁止する規制です。 したがいまして、インキの範囲に関する定義はなく, インキの場合にはMOAHやMOSHといった鉱物油を一定濃度以上含有している場合、健康有害性や廃棄物のリサイクル制限を引き起こすため、規制の対象となります。


規制の主旨から、ニスなどインキ以外の材料であってもMOAHやMOSHが一定濃度以上含有されている場合には、包装材及び一般向け印刷物への使用は禁止となります。


フランス鉱物油規制は、循環経済法(l'économie circulaire)L.2020-105 (*1)第112条(*2)によって追加修正された規制です。 この修正によって包装および一般向け印刷物への鉱物油使用規制が強化されることになりました。 循環経済法L.2020-105第112条では以下のように規定されています。


L.2020-105第112条(機械訳)

Ⅰ.-2022年1月1日より、包装材への鉱物油の使用を禁止する。

Ⅱ.-2025年1月1日より、一般向けの印刷物への鉱物油の使用を禁止する。商業宣伝を目的とした未承諾の広告チラシおよびカタログについては、2023年1月1日からこの禁止が適用される。

Ⅲ.-本条項の適用条件は政令で定める。


上記のように、条文の中にインキを規制する文言はありません。

第Ⅲ項の適用条件は「一般向けの包装・印刷物への使用が禁止される鉱物油に含まれる物質を特定する政令(Arrêté du 13 avril 2022)(*4)」で確認できます。包装材(D.543-45-1)及び一般向けの印刷物(D.543-213)において、廃棄物のリサイクルを阻害し、または人の健康リスクのためにリサイクル材料の使用を制限する鉱物油に適用されます(*5)(*6)。

「鉱物油」は「インキの製造に使用されている、石油炭化水素由来の原料から製造される油を意味する」と定義されています。

発行日の2023年1月1日から1~7個の芳香環からなる鉱物油芳香族炭化水素(MOAH)が対象となり、2025年1月1日から炭素原子16~35個を含む鉱物油飽和炭化水素(MOSH)が追加されます。


使用が禁止されるインキの範囲は、鉱物油がインキ中濃度0.1重量%を超える場合です。 ただし、MOAHは2024年12月31日まではインキ中濃度1重量%という経過措置が設けられています。 2025年1月1日以降、3~7個の芳香環からなるMOAHは1ppmへ規制が強化されます。


フランス鉱物油規制は、包装材及び一般向けの印刷物への鉱物油の使用を禁止する目的で制定されていますから、ニスなどインキ以外の材料であってもMOAHやMOSHを対象物に使用している場合は、規制対象になると考えられます。


(*1)循環経済法(l'économie circulaire)


(*2)循環経済法 L.2020-105第112条


(*3)フランス環境法典(Code de l'environnement)


(*4)Arrêté du 13 avril 2022 précisant les substances contenues dans les huiles minérales dont l'utilisation est interdite sur les emballages et pour les impressions à destination du public


(*5)フランス環境法典 D.543-45-1


(*6)フランス環境法典 D.543-213

閲覧数:4,541回

最新記事

すべて表示

Q686.化審法における第一種特定化学物質としてデクロランプラスの規制が始まる時期について

2024年04月05日更新 【質問】 POPs条約のCOP11で「デクロランプラス」が附属書Aに追加することが決定されましたが、化審法の第一種特定化学物質として規制が始まるのは何時頃でしょうか。 情報があればご教示ください。 【回答】 デクロランプラスを含むストックホルム条約による廃絶物質(附属書A)収載決定は2024年2月26日に通知されました(*1)。 この通知により、1年後の2025年2月2

Q685.PTFEの成形加工部品におけるPFOAの残留可能性と化審法との関係について

2024年04月03日更新 【質問】 PTFEの成形加工部品を購入して、電子製品の組み立てをしています。 PFOAが残留していることはあるでしょうか。 この場合は、当社は化審法の使用者となるでしょうか。 ご教示ください。 【質問】 化学物質の審査及び製造等の規制に関する法律(以下、化審法)、第1条で「この法律は、人の健康を損なうおそれ又は動植物の生息若しくは生育に支障を及ぼすおそれがある化学物質に

Q684.アメリカの「Model Toxics in Packaging Legislation」(ひな形法)におけるPFAS規制の適用について

2024年03月22日更新 【質問】 アメリカの「Model Toxics in Packaging Legislation」(ひな形法)が2021年2月改正され、PFASが追加されましたが、各州法ではPFAS規制はまだ、食品包装などの一部に限定されているようです。 当社は工業用製品(B to B)を輸出していますので、2021年のひな形法のPFASは適用されないと思っています。この解釈は正しいで

Commentaires


bottom of page