top of page

当解説は筆者の知見、認識に基づいてのものであり、特定の会社、公式機関の見解等を代弁するものではありません。法規制解釈のための参考情報です。

法規制の内容は各国の公式文書で確認し、弁護士等の法律専門家の判断によるなど、最終的な判断は読者の責任で行ってください。

  • 執筆者の写真tkk-lab

Q609.サウジアラビアRoHS対応について

【質問】

EUに輸出している製品をサウジアラビア向けに輸出することを考えています。 EU RoHS指令に対応していますが、今回はサウジアラビアRoHSに対応する必要があります。 EU RoHS指令に加えて具体的に何をしないといけないのでしょうか。

 

【回答】

1.サウジアラビア(王国)RoHSの告示内容

サウジアラビアRoHSとEU RoHS指令((EU)2011/65)と類似していますが、異なる部分もあります。


(1)スケジュール

2021年7月9日に官報で告示(*1)され、180日後の2022年1月5日に施行されます。

正文はアラビア語ですが、英語版(*2)も告示されています。

アラビア語版と英語版で一部異なる部分がありますので注意が必要です。


なお、施行前に生産、輸入された物流在庫製品は、告示後365日(2022年7月8日)までは、販売できます。


(2)対象製品

6つの製品カテゴリをカバーしています。


1)大型及び小型家電製品

2) 情報通信技術機器

3) 照明器具

4) 電気・電子機器

5)ゲーム、娯楽機器、スポーツ用品

6)監視制御機器


適用除外製品は、以下です。


・医療機器

・兵器・軍用機器

・宇宙に送られる装置

・大型工業用工具

・大型固定設備


サウジアラビアRoHSの対象製品は、附属書 (2-b)に記載されたHSコード製品が対象となります。


(3)特定有害物質

(i)鉛  0.1重量%

(ii)水銀 0.1重量%

(iii)カドミウム 0.01重量%

(iv)六価クロム 0.1重量%

(v)ポリ臭素化ビフェニル(PBB)  0.1重量%

(vi)ポリ臭素化ジフェニルエーテル(PBDE)  0.1重量%

用途の除外は附属書(1-a)にEU RoHS指令に近いリストがあります。


(4)技術文書

サウジアラビア王国が認識する関連規格として、附属書(2-a)にIEC 63000やIEC 62321などのSASO版(サウジアラビア標準化公団(Saudi Standards, Metrology and Quality Organization)規格が記載されています。

この規格で技術文書を作成し、遵法宣言をします。


技術文書は、IEC / ISO 17067 - 適合性評価 — 製品認証の基礎と製品認証スキームのガイドラインに従って、適合性評価フォーム(タイプ1a)により行います。


技術文書の構成は以下です。

(i)製品の一般的な説明

(ii)設計図面

(iii) 技術仕様のリスト(関連規格)

(iv)テストレポート

(v)遵法のすべての裏付けとなる証拠

(vi)承認された認証機関からの評価 


SASOが認証した認証機関(*3)からの評価後に、Shipment Certificate(SC)を得て輸入申請を行います。


製品には附属書(4)の供給者宣言(Supplier Declaration of Conformity)を添付します。

認証機関は、SCを得るための輸出前検査の仕組みである“Saber”(Webシステム)(*4)で、選択されます。

 

技術的内容はEU RoHS指令とほぼ同じですが、適合宣言の方法が異なります。


2.輸出手続き

サウジアラビア王国は輸入手続きの効率化のために、“Saber electronic platform( Saber )”(*5)による輸出事前審査が全製品に要求されています。


輸入承認はケースにより異なる部分がありますが、次のステップになります。

(i)輸入者登録と製品登録を行い、「Request Number」を入手します。

(ii)「Request Number」により、認証機関に評価を委託し、Production Certification of Conformity(PcoC)の発行を得ます。PcoC型式承認となります。

(iii) 認証機関で適合が確認できない場合は、CoC(Certificate of Conformity)を要求します。

(iv)PcoCにより輸入者がShipment Certificate(SC)を申請し受領します。

 

製品登録は、12桁のHS Codeになりますが、サウジアラビアRoHSの4桁のHS Codeが展開される仕組み(*6)になっています。


展開された12桁のHS Code製品に適用される技術規則が示され、その適用される技術規則の遵法情報を集めて、認証機関に申請することになります。


適用される技術規則が無い場合は、自己宣言(Self-declaration)を発行し、SCを申請します。


当説明内容は執筆者の知見、認識に基づいてのものであり、特定の会社、公式機関の見解等を代弁するものではありません。法規制の解釈は必ず原文を参照してください。


*1:


*2:


*3:


*4:


*5:


*6:




閲覧数:2,175回

最新記事

すべて表示

Q643.EU RoHS指令におけるPack27とPack22について

2024年04月12日更新 【質問】 EU RoHS指令でPack27のパブコメが行なわれました。 Pack22と重複しているようですが、Pack22は廃案になるのでしょうか。 ご教示ください。 【回答】 Pack27にはPack22の内容も一部重複していますが、Pack22の内容が全て破棄されるわけではありません。 RoHS(Ⅱ)指令1)において適用除外用途については、それぞれ有効期限が決められ

Q642.台湾電池規制に関する認可番号の取得について

【質問】 乾電池、ボタン電池を内蔵した産業用機械を台湾に輸入しようとしています。この電池が規制対象の電池の場合、この電池についてカドミウム、水銀の含有が無いデータを添えて、台湾当局に申請をして認可番号を取得する必要があるでしょうか? 【回答】 台湾では、「乾電池の製造、輸入、販売の制限」公告により1)、対象となる電池は、ご質問のように装置に組み込んで同梱する場合も含めて、指定分析機関での水銀及びカ

Q642.フランスのポリスチレン包装材の禁止法

2023年12月01日更新 【質問】 ポリスチレン包装材がフランスで禁止されると聞きました。 発泡スチロール容器も対象でしょうか。 【回答】 フランスの発泡スチロール容器の使用規制は「リサイクルできない」という条件があります。 貴社の販売方法などのビジネスモデルにより規制対象の該否が分かれます。 以下、規制内容をご紹介します。 §1 ポリスチレン包装材の規制 フランスのポリスチレン包装材は、環境コ

Comments


bottom of page