当解説は筆者の知見、認識に基づいてのものであり、特定の会社、公式機関の見解等を代弁するものではありません。法規制解釈のための参考情報です。

法規制の内容は各国の公式文書で確認し、弁護士等の法律専門家の判断によるなど、最終的な判断は読者の責任で行ってください。

  • tkk-lab

Q623.EU RoHS指令適合品の購入基準に関するDNOP、DINP、DIOPの取り扱いについて

2022年07月22日更新

【質問】

EU RoHS指令適合品の購入基準を検討しています。 フタル酸エステル類の非含有証明は、DEHP、BBP、DBP、DIDPだけでよいのでしょうか。 公定法のIEC62321-8のDNOP、DINP、DIOPを含める必要があるでしょうか。

 

【回答】

EU RoHS指令適合品の購入基準であれば、フタル酸エステル類の非含有証明は、DEHP、BBP、DBP、DIDPで、DNOP、DINP、DIOPを含める必要はありません。


EU RoHS指令の制限物質として、フタル酸エステル類の4物質、フタル酸ジ-2-エチルヘキシル(DEHP)、フタル酸ブチルベンジル(BBP)、フタル酸ジ-n-ブチル(DBP)、フタル酸ジイソデシル(DIDP)の1種類または任意の組み合わせで構成部品、材料の均質物質単位で0.1重量%以上含有するものは、2020年7月22日からは体外医療機器を含む医療機器、工業用監視・制御機器を含む監視・制御機器も含めて上市が制限されています。

フタル酸エステルはC、H、Oの3元素で構成される有機物質で、他のRoHS指令の制限物質でスクリーニング手法として有効な蛍光X線のような簡便な非破壊では分析はできません。 このため、国際電気標準会議(IEC)はDEHP、BBP、DBP、DIDPの4種のフタル酸エステルの分析方法として、IEC62321-8を発行しています。

IEC62321-8 には、熱抽出装置(Py-GC/MS)を用いたGC/MSによる半定量分析とソックスレー抽出または再沈殿によってフタル酸エステルを抽出してGC/MSによる定量分析の2つの方法があります。

熱抽出装置を用いたGC/MSは、分析物が入ったサンプルカップを高温に保った加熱炉に落下させ、さらに昇温することで分析物を加熱、気化し、気化したフタル酸エステルをGC/MS分析する方法です。加熱炉の温度に設定によって、フタル酸エステルを分解せずに気化して分析します。

定量分析のソックスレー抽出-GC/MSは、まずは試料を凍結粉砕機等で粉末にし、溶媒に溶かしたものを、ソックスレーを用いて、フタル酸エステルを濃縮・抽出して、その抽出液をGC/MSで分析する方法で、再沈殿-GC/MSは試料を凍結粉砕機等で粉末にし、溶媒に溶かしたものに貧溶媒を添加することで沈殿物を析出してフタル酸エステルが溶解している上澄み液をGC/MSで分析する方法です。

この公定法のIEC62321-8の対象となるフタル酸エステルは、DEHP、BBP、DBP、DIDPの4物質以外に、質問のフタル酸ジニオクチル(DNOP)、フタル酸ジイソノニル(DINP)およびフタル酸ジイソオクチル(DIOP)の3物質を加えた7物質です。 しかし、RoHS指令での規制対象は、DEHP、BBP、DBP、DIDPの4物質となっており、この4物質が含有証明の対象となります。

なお、DNOP、DINP、DIOPの3物質に関しては、欧州指令2005/84/EC1)で口に入るおもちゃおよび育児用品が対象で、3物質の合計が0.1重量%を超える成形品を規制していますので、用途として対象となる場合はDNOP、DINP、DIOPの3物質を含める必要があります。


1) 欧州議会及び理事会指令 2005/84/EC

https://eur-lex.europa.eu/LexUriServ/LexUriServ.do?uri=OJ:L:2005:344:0040:0043:EN:PDF

閲覧数:876回

最新記事

すべて表示

2022年11月18日更新 【質問】 英国政府より意見募集されたRoHS適用除外(UKCA)の申請費用に関する課金について教えてください。 この提案が採択されれば申請の単位はどのような形になるのでしょうか。 【回答】 2022年7月にUK RoHS規則の適用除外の申請費用に対する課金に関する法案(1)が英国政府より提出され、意見募集(2)が行われました。 この法案は、従来と同様に申請人に関係なく用

2022年10月21日更新 【質問】 EU RoHS (I)指令に準拠した電気製品を引き取り修理することになりました。 修理品はRoHS(II)指令に適合させてCEマーキングの対応をしなくてはならないのでしょうか。 【回答】 ご質問の件、2006年7月1日以前に上市された電気製品の交換部品など上市時期や用途によっては、修理時点での基準は適用されません。 また、修理の内容が設計段階で想定された用途、

2022年10月14日更新 【質問】 中国向け電気製品の技術文書はEU CEマーキングの技術文書を流用してよいでしょうか。 【回答】 回答といたしましては、中国向け電気製品の技術文書をEU CEマーキングの技術文書を流用することは可能ですが、EURoHS向け技術文書と中国RoHS向け技術文書を、同じ内容の文書作成の規格に従い、同様の材料宣言の要件を満たすことが必要です。 以下、適合性を証明と技術文