当解説は筆者の知見、認識に基づいてのものであり、特定の会社、公式機関の見解等を代弁するものではありません。法規制解釈のための参考情報です。

法規制の内容は各国の公式文書で確認し、弁護士等の法律専門家の判断によるなど、最終的な判断は読者の責任で行ってください。

  • tkk-lab

Q638.PFAS類について25ppbの閾値に対する非含有の判断ついて

2022年11月09日更新

【質問】

PFAS類の25ppb閾値に対して、何をもって非含有と判断するのでしょうか。

すべての製品材料、工程材料の精密分析を行わないとならないのでしょうか。

 

【回答】

PFAS類はフッ素系の物質全般を含むためすべてで4200物質程(1)あります。 そして国ごと、物質ごとに閾値も異なるために現状ではP F A Sの規制物質の含有を単体で判断することは難しいものとなっています。(2)


多数のP F A S物質を分別する方法としてマススペクトルなどのフッ素の検出に有力な分析手段が考えられます。 精密な分析方法による一括把握については、多額な費用を伴うため、現段階ではお奨めできません。


現在、すでに規制の始まっているPFOAやPFASなどで考えますと閾値は検出限界値に近い25ppb(1ppm=1000ppb)とごく微量のため、物質を絞り分析を行うことは可能となりますが混合物の場合、類似物質が多く、さらに閾値は、ごく微量なため、物質ピークが重なってしまい物質単体でのピーク特定が困難になります。 そのため、分析プロセスが必要になると考えられます。 各物質における分析の手法に対しては”PFAS Master List of PFAS Substance”(3)において順次記載されていきます。


そのため、以下の対策をとることで不使用、非含有の判断をしていくことが望ましいと思います。


1.スクリーニングによる判断

①S D Sによる判断

P F A S類の物質を意図的な添加の有無を、まずS D S(Safty Data Sheet)で確認を行い、S D Sへの記載がなければ意図的添加は0.1%以下であると判断することができます。


②分析による判断

RoHS規制のように蛍光X線分析(XRF)などではF(フッ素)の特定は行えないためマススペクトルなどを用いてP F A Sの有無でサンプルを判定します。


各物質が閾値以上含有している可能性を判断できない製品については、代替製品の検討、サプライチェーンによる調査又は上記のような詳細分析の実施など今後も試行錯誤が必要となります。


2.品質マネジメントシステムなどからの判断

工程において不使用であっても不純物、副生、コンタミで混入がないことを順法証明できなければ、非含有であるとは言い切れません。 そのため、PFAS物質の使用用途を特定し、化審法での例に倣い、各工業界からB A Tなどから適用除外の意見をあげることが必要となります。 また品質マネジメントシステムの運用よりサプライチェーン管理を行うような仕組みづくりが大切と考えます。


BATとは「利用可能な最良の技術 (BAT:Best Available Technology/ Techniques)」の原則、すなわち第一種特定化学物質 を「工業技術的・経済的に可能なレベル」まで低減すべきであるとの考え方に立ち、副生される第 一種特定化学物質による環境汚染を通じた人の健康を損なうおそれ等がなく、その含有割合が工業技術的・経済的に可能なレベルまで低減していると認められるときは、当該副生成 物を第一種特定化学物質として取り扱わないこととしています。(4)


今後強化されるP F A S類において全製品を分析対象とせず、上記に示しましたようなスクリーニングを行い、非含有であることを証明できるようなマネジメントシステムの構築を行う事が大切だと考えられます。


(1)PFAS Master List of PFAS Substance

https://comptox.epa.gov/dashboard/chemical-lists/pfasmaster


(2)Q624 PFASの規制基準について

https://www.tkk-lab.jp/post/reach-q624


(3)PFAS Analytical Methods Development and Sampling Research

https://www.epa.gov/water-research/pfas-analytical-methods-development-and-sampling-research


(4)PFOA 関連物質に関する BAT 報告書の事前相談について

https://www.meti.go.jp/policy/chemical_management/kasinhou/files/about/class1specified/pfoa_oshirase2.pdf

閲覧数:1,132回

最新記事

すべて表示

2022年12月02日更新 【質問】 安衛法の化学物質管理責任者の義務や要件をご教示ください。 【回答】 厚生労働省は、化学物質による労働災害を防止するため、労働安全衛生規則等の一部を改正しました1)。 ご質問の化学物質管理者に関して、安全衛生規則第12条の5に定められ、リスクアセスメントが義務付けられている化学物質(以下「リスクアセスメント対象物」)の製造、取り扱い、譲渡または提供を行う事業場ご

2022年12月01日更新 【質問】 POPs規制で制限される物質は規制値の表記が無ければ、含有していること自体、規制されるのでしょうか? 【回答】 ストックホルム条約の目的は人や環境への毒性が強い、環境中で分解し難い、生物蓄積性がある、大気・水及び移動性生物により地球規模で移動して環境を汚染する可能性があるといった性質を有するPOPs(Persistent Organic Pollutants、

20221125更新 【質問】 日本のプラ新法に関連した各業界の動向を教えてください。 【回答】 プラ新法の概要を解説後に、各業界の動向を簡単に説明します。 1.プラスチックに係る資源循環の促進等に関する法律(プラスチック資源循環促進法) 「プラ新法」とは、2022年4月1日施行の「プラスチックに係る資源循環の促進等に関する法律」であり、最近は「プラスチック資源循環促進法」と略されます。*1)*2